【国際】RobecoSAM、DJSI2015に向けたアセスメントを開始。XRBLによるデジタルレポーティングを導入

Facebook Twitter Google+

 DJSI(ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス)の格付を手掛けるスイスのSRI格付機関、RobecoSAM社が、3月末からDJSI2015の格付に向けたサステナビリティ・アセスメントを開始している。  RobecoSAM社は毎年世界3,400社以上にアセスメントへの参加を呼び掛けており、その中にはアジア、中南米、東欧、南アフリカなど新興成長市場の800社も含まれる。アセスメントの評価が業界上位10%に入った企業は、サステナビリティ格付の中でも最も著名なインデックス、DJSI Worldに選定される。  アセスメントは企業の長期的な価値創造に重点が置かれており、財務上重要となる経済、環境および社会、コーポレートガバナンスなどに関する100以上の質問を通じて企業のサステナビリティを評価する。サステナビリティに関するリスク、機会は業界ごとに異なるため、質問の半数は業界に特化した内容となっている。  アセスメントのプロセスやインターフェースは毎年改善されているが、RobecoSAMは企業の報告にかかる負担を減らすため、今年からCSR関連ソリューションを手掛けるCRedit360およびWorkviaと協働してXRBL(eXtensible Business Reporting Language)を活用した新たなソフトウェアAPIを導入した。このソフトウェアにより、企業は自社のデータ管理プラットフォームからRobecoSAMのアセスメントプラットフォームにデータを移行することができる。  このシステムにより、企業は報告にかかる手間や時間を減らすだけではなく、サステナビリティ関連情報をデジタルに移行することが可能となり、結果としてデータ全体の質を向上させていくことが可能となる。  RobecoSAMでサステナビリティアプリケーション&オペレーション責任者を務めるManjit Jus氏は「企業のサステナビリティ評価・格付フレームワークの増加により企業の負担が増えている中で、我々はサステナビリティ情報収集の負担軽減を実現するパイオニアになれたことを誇りに思う。我々はサステナビリティデータの再利用性や比較利便性、情報の質全体の向上に向けてより多くの企業がデジタルレポーティングを実施することを期待している」と語っている。  質問回答票の提出締め切りは5月28日までで、DJSI2015は9月10日に公表される予定。今年のDJSIには何社の日本企業が、そしてどの企業が選定されるのか、注目が集まる。 【参照リリース】RobecoSAM Launches Annual Dow Jones Sustainability Indices Company Evaluation 【参考サイト】Sustainability Indices Website 【企業サイト】RobecoSAM

» 続きを読む

【国際】世界銀行、GRIタクソノミを活用してXBRL対応サステナビリティ報告書を公表

Facebook Twitter Google+

 世界銀行が、世界の企業や金融機関に先駆けて、先進的なサステナビリティ報告の取り組みを推進している。世界銀行は今年の1月、同行が公表した2014年版のサステナビリティレポートを、GRIタクソノミを活用してXRBL対応させたと公表した。  XRBLはeXtensible Business Reporting Languageの略語で、ビジネス文書を電子化する際に、データなどを分析・比較しやすくするために用いられるマークアップ言語のことを指し、XMLの規格をベースに作られている。データ項目ごとに特定のタグをマークアップすることで、異なる複数の文書の中から共通データ項目を検索、取得することが容易になる。  財務報告の分野ではかつてより広く用いられていたが、昨今では非財務報告の分野でも活用の検討が進んでおり、サステナビリティ報告に関する国際ガイドラインのGRIは、2012年にデロイトと共同で「GRIタクソノミ」という非財務データに対応したマークアップ分類を開発し、活用を推進していた。  世界銀行は既にMD&A(Management's Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations)の情報開示においてはXRBLを活用してきたが、今回非財務報告の領域までXRBLを拡張した形になる。  世界銀行が初めてサステナビリティレポートを発行したのは2005年だが、同行はその後も組織のサステナビリティに関する透明性向上に継続的に取り組み続け、現在では完全にウェブ・ベースでESGの取り組みを開示している。また、世界銀行は世界で初めて、かつ唯一、GRIのG4に対応したサステナビリティレポートを作成している国際開発金融機関でもある。  世界銀行のサステナビリティレポートを編集した環境専門家のMonika Kumar氏は、「GRI指標をXRBLタクソノミにタグ付けする作業は、第三者保証の作業をしているようだった。タクソノミはGRI指標の各要素に正確に対応させる必要がある。」と語る。  また、世界銀行グループの渉外・企業担当副社長を務めるCyril Muller氏は「我々は、透明性の面でおいて常にリーダーであろうと努力し続けており、これはサステナビリティ指標の正確な報告にもあてはまる。XBRLの活用は、GRI指標への我々の対応状況の検証をする上でとても重要だ。この作業は、我々がより標準化された、完全なサステナビリティ報告に向けた道のりを定める手助けとなる」と語った。  サステナビリティ報告の普及に伴い企業が公表する非財務情報の量が莫大に増えている中で、XRBLを活用して投資家や監査人、アナリストらがレポート内の情報をより容易に比較・分析できるようにする必要性は今後もますます高まることが予想される。世界銀行の先進的な取り組みに多くの金融機関や企業が続くことを期待したい。同行のレポートは下記から閲覧可能。 【レポート並びにXBRLドキュメント】World Bank Sustainability Review 2014 【団体サイト】World Bank 【参考サイト】GRI "XBRL PROVIDES HIGH-LEVEL OVERVIEW FOR WORLD BANK" 【参考サイト】XRBL.org "World Bank Publishes Sustainability Report in XBRL" (※写真提供:Mark Van Scyoc / Shutterstock.com)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る