【国際】RI社、2015年度の「世界で最もCSRで評判の良い会社ランキング」を公表

Facebook Twitter Google+

 企業の評判に関するリサーチ大手のReputation Institute(以下、RI)は9月17日、2015年度の「Global CSR RepTrak® 100」を発表した。同ランキングはヨーロッパ、北米、南米、アジア太平洋地域の経済大国15か国に住む60,000人以上の消費者を対象とする調査に基づき、CSR分野において世界で最も良い評判を得ている企業を選出するものだ。  2015年度のランキングでは米グーグルが2年連続トップを飾り、他社をスコアで大きく引き離した。2位以下はBMW、ウォルト・ディズニー・カンパニー、マイクロソフト、ダイムラー、LEGO、アップル、インテル、ロールス・ロイス、ロレックスと続く。  Global CSR RepTrak® 100はシティズンシップ、ワークプレイス、ガバナンスの3分野にまたがる企業の統合的なパフォーマンスを反映している。同ランキングで上位を獲得した企業は、社会や環境に対して好影響をもたらしており、透明性や倫理性も高く、従業員にとっても働きやすい職場であると消費者から認識・評価されていることを意味する。  RI社で最高リサーチ責任者を務めるBrad Hecht氏は「CSRは企業の公共アイデンティティの中でももっとも複雑な領域の一つだ。Global CSR RepTrak® 100の企業は良き企業市民として成功しているだけではなく、購買意思決定や他人に製品サービスをすすめる際にますますブランドの評判に頼っている消費者に対し、それらの特徴を伝えることにも成功している」と語る。  CSRはその活動の中身そのものも非常に重要だが、それらの活動がしっかりと消費者をはじめとするステークホルダーに伝わっており、自社のブランド力向上に寄与しているかというコミュニケーションの部分も同様に重要だ。特にソーシャルメディアなどの普及により企業の評判が未だかつてないスピードと規模で広がりやすい昨今では、その重要性がより高まっている。Global CSR RepTrak® 100上位企業のCSRコミュニケーションはぜひとも参考にしたいところだ。 【ランキングダウンロード】2015 Global CSR RepTrak 100 【参照リリース】REPUTATION INSTITUTE ANNOUNCES TOP GLOBAL COMPANIES FOR PUBLIC PERCEPTION OF CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY 【企業サイト】Reputation Institute

» 続きを読む

【国際】2020年のレピュテーション・マネジメントを形作る10のトレンド

Facebook Twitter Google+

 ソーシャルメディアの普及などに伴い消費者と企業の関係が変わりつつある中、全ての企業にとってレピュテーション・マネジメントの重要性はますます高まりつつある。そして、それはビッグデータをはじめとするテクノロジーの進化により今後5年間で更に大きく形を変えていきそうだ。企業のレピュテーション・マネジメントのコンサルティングを手がけるReputation Institute社(以下、RI社)は5月21日、2020年のレピュテーション・マネジメントを形作る10のトレンドを公表した。  RI社は企業のリスクやサステナビリティ項目を分析、レピュテーション・マネジメントを支援するコンサルティング企業で、同社が毎年公表している企業のレピュテーションに関するグローバル・ランキング、The Global RepTrak® 100は世界中の企業が注目するランキングとして有名だ。  今回レポート作成に携わったのはRI社の共同創業者兼取締役副会長を務めるCees Van Riel氏とエラスムス大学の研究者、Marijke Baumann氏で、世界中の企業のCCO(最高コミュニケーション責任者)や役員、コミュニケーション担当者らに対して調査を実施した。調査の結果、両氏は今から5年後となる2020年のレピュテーション・マネジメントを形作る10のトレンドを下記の通り明らかにした。 まず自身について知り、それにこだわり続けること ビッグデータ革命が重要性を増す レピュテーション・マネジメントは長期的な取り組みとなる CCOが2020年のレピュテーション・マネジメントを主導する 従業員が自社のレピュテーション・アンバサダーとなる レピュテーション・マネジメントは企業価値を高める ステークホルダーの数は増え、その影響力も増す 個々に合わせたメッセージングが当たり前になる 業界全体のレピュテーションが、個々の企業により密接に影響するようになる 社会との関連性が企業や製品、サービスを際立たせる  調査結果の公表にあたり、Cees Van Riel氏は「レピュテーション・マネジメントは、企業の実態と、人々が認識しているその企業に対するイメージとの間にあるギャップを軽減する取り組みのことを指す。2020年に向けて、企業は10のトレンドについて理解していく必要がある。例えばビッグデータは企業がレピュテーション・マネジメントの手法に対して非常に大きな影響力を与えるため、コミュニケーション部門はビッグデータから利益を得るための専門スタッフも必要となるだろう」と語った。  ビッグデータの普及により自社をめぐるデータや情報の量が莫大に増加することは、機会とリスクの双方をもたらすことを意味している。自社の事業を巡る透明性が高まり、批判にさらされるリスクが高まる一方で、データに基づく管理・対策を行うこともできるようになるのだ。  Cees Van Riel氏は「2020年には優れたレピュテーションを有することが今まで以上に重要となる。特に優秀な人材の獲得を巡る競争は、企業は最高の人材を惹きつけるためにはより優れたレピュテーションを有する必要があることを意味する。また同時に、企業は自身の社会との関連性を明確に示すことも求められるだろう。」と付け加えた。  消費者からの評判が企業業績にもたらす影響がますます大きくなりつつある今だからこそ、企業は今後これらのトレンドをしっかりと認識し、体現していけるかが重要となる。レポートの詳細は下記からダウンロード可能。 【レポートダウンロード】Reputation 2020 - Ten Trends Driving Reputation Management 【参照リリース】Reputation Institute Identifies Top Ten Trends Driving Reputation Management in 2020 【団体サイト】Reputation Institute

» 続きを読む

【ランキング】RI社「2014 Global CSR RepTrak®:2014年 世界で最もCSRで評判の良い企業ランキング」

Facebook Twitter Google+

Forbes紙が毎年発表している企業ランキングの一つに、「2014 Global RepTrak® 100」があります。このランキングは消費者からの評判に特化したユニークなランキングで、消費者に対して良いイメージを持ってもらえているのかを測る上で世界的に多く参照されています。実際にランキングを算出しているのは、消費者からの評判に特化したリサーチ・コンサルティング企業、Reputation Institute社(通称RI社)。同社はデンマークのコペンハーゲンと米ニューヨークに本社を置くグローバル企業で、コカ・コーラやユニリーバなど世界的な消費財メーカーを多くクライアントに持っています。 「2014 Global RepTrak® 100」は7つの項目について消費者の評判を収集して各企業のスコアを計算しています。その7つの項目とは、Performance(業績)、Products/Services (商品・サービス)、Innovation(イノベーション)、Leadership(リーダーシップ)、Workplace(職場)、Governance(ガバナンス)、Citizenship(シチズンシップ)です。対象企業は、米国で60億米ドル以上もしくは米国以外で10億米ドル以上の売上がある上場企業のうち、母国で平均スコア以上の評判を持つ企業のみが対象。アンケートに回答したのは15ヶ国(オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、メキシコ、ロシア、スペイン、韓国、イギリス、米国)の一般消費者55,000人で、対面インタビュー形式で情報収集がされました。 「2014 Global RepTrak® 100」は2014年4月に結果発表がされていますが、7項目のうちCSR・サステナビリティに関連する3項目(Workplace・Governance・Citizenship)のみのデータを抜粋して分析した「2014 Global CSR RepTrak®」が2014年12月に発表されました。 2014 Global CSR RepTrak® 1位 Google(米国)(IT) 2位 Microsoft(米国)(IT) 3位 Walt Disney(米国)(エンターテイメント) 4位 BMW(ドイツ)(自動車) 5位 Apple(米国)(IT) 6位 LEGO(デンマーク)(玩具) 7位 Volkswagen(ドイツ)(自動車) 8位 Intel(米国)(IT) 9位 Rolex(スイス)(精密機器) 10位 Daimler(ドイツ)(自動車) 目立つのは、米国のIT企業とドイツの自動車メーカーです。なかでも、1位から4位までのGoogle, Microsoft, Walt Disney, BMWは毎年上位4位まで不動の地位を占めており、安定のランクインです。10位までは全て欧米の会社が占めていますが、アンケート回答者が欧米企業のマーケットシェアが高い欧米各国に多いため、それ以外の企業がトップ10入りしづらいのかもしれません。11位以降までを見ていくと、欧米以外の企業も顔を出していきます。 日本企業で最高位は11位のソニー、昨年は6位まで伸びましたが、2014年は大きく順位を落としました。13位のキヤノンはここ数年安定しています。一方、トヨタ自動車は2年連続で順位を大きく上げてきました。他のアジア企業では、韓国Samsung Electronicsが躍進しています。 「2014 Global RepTrak® 100」は、調査手法が消費者の主観的な評判という特性上、企業や製品に対するブランドイメージに大きく左右される部分が大きいと言えます。例えば、アジア太平洋地域の回答者に限定した「2014 Global CSR RepTrak® 100」ランキングのトップは高級時計メーカーRolexです。Rolex時計の持つ高いブランドイメージが企業の評判に大きく反映していると言えそうです。しかしながら、同ランキングを「ただの消費者の主観的なイメージ」として切り捨てるわけにはいかなさそうです。この調査を通じて見えてきたのは、評判の良い企業、すなわち評価スコアが高くなればなるほど、消費者から「ものを買いたい」「働きたい」「投資したい」といずれの点においても数値が上昇していくということです。人間は主観に基づき行動するという側面を持つ以上、このランキングの持つ「評判」は企業にとって大きな意味を持ちます。 「2014 Global RepTrak® 100」は、RI社の調査レポートですが、この調査手法を創りだしたのは、RI社の共同創業者でもあるCees van Riel氏。デンマークで権威のあるビジネススクールであるエラスムス大学Rotterdam School of Managementで教鞭をとるコーポレート・コミュニケーションの担当教授です。RI社は、Cees van Riel教授と、ニューヨーク大学スターンスクールやペンシルヴァニア大学ウォートンスクールで教えていたCharles Fombrun教授によって創業されましたが、今ではビジネス界からも経営陣として多数参画しており、力のあるコンサルティング企業となっています。 同レポートでは、グローバル規模で高い評判を獲得することはとても難易度の高いことであると総括しています。それは裏を返せば、海外での高い評判を獲得することは、グローバル競争に勝ち抜く上で大きな機会となることも示唆しています。調査の詳細については、「2014 Global CSR RepTrak®」からダウンロードできます。ぜひ御覧ください。 文:サステナビリティ研究所所長 夫馬賢治

» 続きを読む
2015/01/06 体系的に学ぶ

【国際】Google、Microsoft、Walt Disney、BMWら、CSRにおいて最も名声ある企業に選出

Facebook Twitter Google+

コーポレート・レピュテーションに特化したリサーチ・コンサルティング会社のReputation Institute(以下RI)は12月3日、CSR分野において高い名声を得ているグローバル企業トップ100社ランキング、2014 CSR RepTrak® Studyを公表した。 2014年度の最新ランキングでは2012年、2013年と首位の座を占めていたMicrosoftを抑え、Googleがトップに選ばれた。また、Walt Disney、BMWがTOP4にランクインしている。 CSR RepTrak® Studyはシティズンシップ・ガバナンス・職場の観点に基づきCSR分野で最も高い名声を得ている企業100社を表彰するもので、CSRやサステナビリティを企業戦略やオペレーションに統合している優れた企業の事例を紹介している。 RIによれば、今回の調査結果は、CSRにおいて高い評判を得ている企業は消費者からより好意的に受け入れられ、「製品を購入してもらえる」「自社をお薦めしてもらえる」「問題が起きたときでも正しい対処をするだろうと信用してもらえる」など、その企業を支持する行動をとってもらえるということを示しているという。 また、同調査は同時に、多くの企業が自身のコーポレート・シティズンシップを市民に効果的に伝えることに苦戦していることを示しており、米国および英国企業の回答者の半分以上は「自社はよき企業市民か?」という質問に対して「中立」もしくは「はっきりしない」と回答したとのことだ。 RIでCSR・評判リスク管理担当のリサーチ・ディレクターを務めるViktoria Sadlovs氏は「消費者は世界的に、シティズンシップの側面から見た企業のパフォーマンスについては未だあまりよく知らないままだ。企業のCSRパフォーマンスに対する一般の人々の認知を向上させていくことはCSR・サステナビリティ活動のROI(投資対効果)を最大化する上で鍵となる」と語った。 2014年のランキングでは、IT、自動車、消費財、メディア・エンターテインメント業界からトップ企業が選出された。トップ10にランクインした新たな顔ぶれとしてはLEGOが挙げられ、Nestleは漏れた。トップ100ランキングは下記からダウンロード可能だ。 【レポートダウンロード】2014 CSR RepTrak® 100 Study 【企業サイト】Reputation Institute

» 続きを読む
ページ上部へ戻る