【日本】積水ハウス、再生可能エネルギー100%「RE100」加盟。日本企業では2社目

Facebook Twitter Google+

 積水ハウスは10月20日、事業活動において使用する電力を100%再生可能エネルギーにすることを目指す国際イニシアチブ「RE100」に加盟したと発表した。日本企業としては今年4月21日に加盟したリコーに続き2社目。積水ハウスの事業電力は、2016年度実績で120,533MWh。これを、2030年までに再生可能エネルギー割合50%、2040年までに100%を目指す。 【参考】【エネルギー】RE100と現在の加盟企業 〜再生可能エネルギー [...]

» 続きを読む

【アメリカ】モルガン・スタンレー、2022年までに世界規模でカーボンニュートラル実現

Facebook Twitter Google+

 銀行世界大手米モルガン・スタンレーは9月20日、世界全体での事業運営を2022年までにカーボンニュートラルにする目標を掲げた。そのため2022年までに、二酸化炭素排出量を2002年比で20%削減するとともに、事業運営の再生可能エネルギー割合を100%にする。同社は同時に、再生可能エネルギー100%での事業運営を掲げる「RE100」にも加盟したと発表した。同社は世界42ヶ所にオフィスを有している。  同社は2006年から二酸化炭素排出 [...]

» 続きを読む

【10/23@東京 セミナー】JCLP・GPN・IGESが共催「RE100セミナー」開催

Facebook Twitter Google+

 10/23(月)に、日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)は、グリーン購入ネットワーク(GPN)、地球環境戦略研究機関(IGES)との共催による、RE100セミナーを開催する予定です。  RE100イニシアティブ(※)に加盟するグローバル企業の一部は日本においても再エネ100%に向けて、積極的に電力のグリーン購入を進めています。  本セミナーではRE100加盟企業による実践事例の他、RE100イニシアティブの最新動向や、自 [...]

» 続きを読む
2017/10/05 行動する

【日本】Japan-CLP、国際環境NGOのTCGと提携。RE100を日本国内で推進

Facebook Twitter Google+

 気候変動対応を推進する日本企業の連合体、日本気候リーダーズ・パートナーシップ(Japan-CLP)は4月25日、国際環境NGOのThe Climate Group(TCG)とパートナーシップを締結した。The Climate Groupは、現在、再生可能エネルギー100%での事業運営を目指す国際イニシアチブ「RE100」、事業エネルギー効率の倍増を目指す「EP100」を主導。今年末には輸送部門の電化を推進する新たな国際イニシアチブ「 [...]

» 続きを読む

【日本】リコー、2050年までにCO2排出量ゼロの目標設定。日本企業初RE100加盟

Facebook Twitter Google+

 リコーは4月21日、新たな中期経営計画のスタートにあたり、中長期的な環境目標を設定したことを発表した。リコーは、2000年代の日本の環境経営を牽引してきた企業の1つ。同社の桜井正光元会長は、脱炭素経営を推進する日本企業の連合体「日本気候リーダーズ・パートナーシップ(Japan-CLP)」の顧問を務め、産業界全体での脱炭素に向けた取組を推進している。  今回リコーが発表した環境目標は、温暖化防止と省資源の2つが柱。温暖化防止では、まず [...]

» 続きを読む

【エネルギー】RE100と現在の加盟企業 〜再生可能エネルギー100%を目指す企業経営〜

Facebook Twitter Google+

※2018年9月10日:記事更新  「RE100」という国際イニシアチブをご存知でしょうか。RE100とは、事業運営を100%再生可能エネルギーで調達することを目標に掲げる企業が加盟するイニシアチブで、「Renewable Energy 100%」の頭文字をとって「RE100」と命名されています。2014年に発足したRE100には、2018年1月28日時点で、世界全体で144社が加盟。この144社には、食品世界大手スイスのネスレ、家具 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】バンカメ、2020年までに事業電力100%を再生エネルギー電力で調達。RE100に参加

Facebook Twitter Google+

 銀行世界大手のバンク・オブ・アメリカは9月15日、2020年までに事業で利用する電力を100%再生可能エネルギー(原子力発電を含まない)で調達することを含む、2020年までの環境目標を発表した。今後グループ全体で、事業所での温室効果ガス排出量を50%削減、エネルギー使用量を40%削減、水資源使用量の45%削減する。再生可能ネルギー割合を100%とする目標については、再生可能エネルギー100%での事業運営を目指す国際イニシアチブ「RE [...]

» 続きを読む

【アメリカ】GM、2050年までに事業運営を100%再生可能エネルギーにする目標を発表

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手GMは9月14日、同社が世界59ヶ国に保有する全事業所において、2050年までに事業で利用するエネルギーを100%再生可能エネルギーで調達する目標を発表した。同社は「事業利用エネルギー100%」を掲げる国際イニシアチブの「RE100」にも参加することを表明した。同社がここで定める再生可能エネルギーには、原子力発電は含まれない。  同社は2015年時点で、自動車製造やオフィス、テクニカルセンター、倉庫などで世界全体で9テ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】HP Inc. RE100に加盟、将来的に100%再エネでの事業運営方針発表

Facebook Twitter Google+

 個人向け家電の世界大手HP Inc.は3月30日、再生可能エネルギー100%での事業運営を目指す企業連合「RE100」に加盟し、2020年までに再生可能エネルギーでの事業運営割合40%、将来的に100%を目指す方針を発表した。現在の同割合は13%。  目標に向けHP Inc.は、3つのアクションを実施する。まず、エネルギー効率を向上させ積極的にエネルギー消費量を削減する。そして、事業所での自前の再生可能エネルギー発電所を建設し、さら [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ブルームバーグ、2025年までに再エネ電力100%目標を発表

Facebook Twitter Google+

 金融サービス世界大手の米ブルームバーグは3月17日、事業活動に必要な電力を2025年までに100%再生可能エネルギーとすることを発表した。同社は、今回の計画の背景に、再生可能エネルギー100%を目指す企業らで構成されるイニシアチブ「RE100」の存在があることをも明らかにした。  RE100は、2014年に再生可能エネルギー100%で事業活動を行うことを目指す企業らが立ち上げた同盟組織だ。設立に関わったのは、家具世界大手のイケアとス [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る