【国際】PRI、プライベートエクイティESG投資のガイダンス第3弾発表。モニタリングと報告

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は6月13日、プライベートエクイティ投資の主にLP向けに、ESGに関するダイアログ、モニタリング、報告に関するガイダンス「ESG monitoring, reporting and dialogue in private equity」を発表した。今回はプライベートエクイティ投資に関するESGガイダンスの第3弾。LPのESGデューデリジェンスに関する第1弾が2015年に、ファンドのタームシートに関する第2 [...]

» 続きを読む

private 【国際】機関投資家288機関(2850兆円)、G7政府首脳にTCFD報告推進を要求。日本からも5機関

Facebook Twitter Google+

 世界の機関投資家288機関は6月4日、カナダで開催される「G7シャルルボワ・サミット」の先立ち、G7政府首脳に対し、パリ協定目標の達成、低炭素社会に向けた民間投資の加速、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)に則した報告環境の整備の3点を要求する共同声明を発表した。参加した機関投資家の運用資産総額は26兆米ドル(約2,850兆円)。  今回の共同声明は (さらに…)

» 続きを読む

【国際】PRI、署名185機関が除名注視リスト入り。ESG投資への取組不十分

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)のフィオナ・レイノルズMDは5月下旬、PRI署名1,967機関のうち185機関が除名に向けた注視リストに入っていることを明らかにした。除名は、PRI6原則に謳われているESG投資への取組状況により判断される。数週間以内にリスト入りしている署名機関との協議を開始する。  PRIによると、除名注視リスト入りした185機関のうち、80%が運用会社で、20%がアセットオーナー。現段階では具体名の公表は避けた。  E [...]

» 続きを読む

【国際】PRI、投資家向けに企業租税透明性に関するエンゲージメント・ガイダンス発行

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は5月17日、投資家向けに企業の租税透明性に関するエンゲージメント・ガイダンスを発行した。昨今、多くの投資家が、企業の脱税や租税回避に関心を持ち始めており、具体的に企業にエンゲージメントするための手法を解説している。  同ガイダンスでは、租税透明性に関する企業評価時の着目ポイントや、具体的に企業にエンゲージメントする際の質問票についてまとめた。  今回のガイダンス作成には、仏年金基金FRAFP、リーガル&ジ [...]

» 続きを読む

【国際】PRI、アセットオーナー向けTCFD実施ガイダンスを発表

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は5月11日、アセットオーナー向けに気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)ガイドラインの実施ガイダンスを発行した。具体的に投資戦略に組む込むステップを解説している。  同ガイダンスは、現状理解、ビジョン・ミッション設定、投資原則、戦略構築、導入・報告の5つの段階に分け、具体的に推奨されるアクションと先行事例を紹介。運用委託先や投資コンサルタントに対して要求すべき事項もまとめた。 【参照ページ】An [...]

» 続きを読む

【中国】PRI、UNEP FI等、中国でのESG投資ロードマップを発表。5つの提言まとめる

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)、Generation Foundationは3月28日、中央財経大学グリーンファイナンス国際研究院と共同で、中国でのESG投資の提言をまとめた報告書「Invester Duties and ESG Integration in China」を公表した。同報告書は、2016年1月にPRI、UNEP FI、Generation Foundationが発足した3年 [...]

» 続きを読む

【国際】PRI、機関投資家の低炭素経済促進イニシアチブTPIと提携。事務局機能担う

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は4月12日、欧米主要機関投資家18機関が参加する低炭素経済推進イニシアチブ「Transition Pathway Initiative(TPI)」とパートナーシップを締結し、TPIの事務局機能を担うと発表した。TPIの活動を全面的に支援する。  TPIは、2017年1月にロンドン証券取引所で開催されたイベントで発足したイニシアチブ。英環境保護庁年金基金と英国国教会National Investing Bo [...]

» 続きを読む

private 【国際】PRI、債券投資でのエンゲージメント・ガイダンスを発行。先進事例や推奨手法を紹介

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は4月3日、債券投資における発行体とのエンゲージメント手法ガイダンスを発行した。ESGリスクの特定やマネジメント等について解説している。ESG投資では株式投資での議論が先行しており、債券投資におけるエンゲージメントは手法が模索されていた。今回、先進的事例を持つ機関投資家へのインタビューを踏まえ、現状と推奨アクションをまとめた。  債券投資家は投資先企業に対して、株主のような公式な権限は有していない。しかし、 [...]

» 続きを読む

private 【国際】PRI、アセットオーナー向けESG投資戦略策定ガイダンスを発行。推奨手法を紹介

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は3月6日、アセットオーナー向けのESG投資戦略策定のためのガイダンスを発行した。今回のガイダンスでは、各アセットオーナーが独自のESG投資戦略を策定するための業務プロセスを指南している。  同ガイダンスでは、業務プロセスを、「文脈理解」「ビジョン・ミッション設定」「投資方針策定」「投資・戦略選定」「実行」の5段階分け、推奨プロセスと先行事例を記載している。  文脈理解では (さらに…)

» 続きを読む

【国際】PRIとWWF、投資家向けの水リスク分析レポート発行

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は3月5日、世界自然保護基金(WWF)と共同で、投資家が抱える水リスクをまとめたレポート「Growing water risk resilience:An investor guide on agricultural supply chains」を発行した。同レポートは特に、真水消費量が最も多い農業関連分野の企業を多く扱っている。  気候変動が進む一方、世界的な人口増加や経済発展に伴い真水需要も同時に高まっ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る