【アメリカ】環境保護庁、難燃剤などPBT化学物質5種類の規制強化を発表

Facebook Twitter Google+

 米国環境保護庁(EPA)は10月11日、今年6月に米国で成立したローテンバーグ化学安全法に基づき、難分解性、生体蓄積性、毒性(PBT)化学物質を規制を強化するため有害物質管理法を改正していく考えを示した。ローテンバーグ化学安全法では、PBT化学物質の規制に関して、当局が詳細なリスク評価をせずとも規制をかけられる「ファストトラック制度」が整備されており、EPAは早速この制度を活用する。 【参考】化学物質規制強化法案が成立、環境保護庁が [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る