【EU】欧州投資銀行の自然資本金融ファシリティ、新たに4億ユーロの資金を自然資本分野に投融資

Facebook Twitter Google+

 欧州投資銀行(EIB)は5月28日、同行と欧州委員会による自然資本分野への資金動員制度「自然資本金融ファシリティ(NCFF)」で、新たに4億ユーロ(約510億円)のイニシアチブを設定した。環境インフラの強化、生物多様性保護、気候変動適応等の分野に投融資する。NCFFは3年前に設定され、すでに12カ国で初期のパイロットプロジェクトを展開している。  NEFFの資金提供は、EIBによる融資と出資参加と同時に約4倍までの民間金融機関等による資金動員を目指し、レバレッジを働かせる手法で運営されている。NEFFの資金源は、EIBの資金と欧州委員会の「LIFE Programme」による5,000万ユーロの保証と1,000万ユーロの技術支援予算の合計1億2,500万ユーロ。2021年までに外部資金を含め4億ユーロを資金動員することを目指している。  今回の発表では、クロアチアでの生物多様性保護プロジェクトに1,500万ユーロと、アイルランドの持続可能な林業イニシアチブに1,250万ユーロが決まった。クロアチアではクロアチア復興開発銀行(HBOR)が共同で投融資を行い、生物多様性、環境インフラ改善、気候変動対応の分野が対象となる。これにより、農林業や観光業が直接的な便益を受ける。アイルランドでは、Continuous cover forestry(非皆伐林業)を対象とし、同分野に取り組むSLM Silva Fundが共同で投融資を行う。  加えて今回、生態系回復に取り組むRewilding Europe Capital(REC)と連携し、30のプロジェクトを支援することも決定した。対象分野は、洪水防止、雨水リサイクル、森林保護、水汚染や土壌汚染の削減、生物多様性オフセット、エコツーリズムで、民間資金だけでは難しい分野を中心に財務支援を行う。 【参照ページ】Successful roll-out of EUR 400m natural capital initiative supporting conservation across Europe 【機関サイト】NCFF

» 続きを読む

【ヨーロッパ】欧州投資銀行、エネルギー効率化、生物多様性保護に向けた新たな融資スキームを公表

Facebook Twitter Google+

 EUの政策金融機関である欧州投資銀行(以下、EIB)は2月16日、エネルギー使用量の削減および生物多様性保護という2大テーマに対する民間セクターからの投資促進に向け、新たな融資プランを発表した。今後、EIBと欧州委員会は力を合わせ、PF4EE(Private Finance for Energy Efficiency およびNCFF(Natural Capital Financing Facility)という2つのイニシアチブを通じてグローバルのエネルギー・気候変動・環境目標の達成に向けたヨーロッパの取り組みを促進していく。  PF4EEはEIBと欧州委員会のエネルギー効率化投資に向けた融資を促進するためのイニシアチブで、EU加盟各国のNational Energy Efficiency Action Planおよびその他のエネルギー効率化プログラムの実行を支援するものだ。また、NCFFはEUの運用している環境・気候変動対策融資のLIFEプログラムの元で実行されるイニシアチブで、特に生物多様性、気候変動適応に関するプロジェクトへの融資を目的としている。  EIBで気候変動・エネルギー対策担当を務めるJonathan Taylor氏は「気候変動ファイナンスや自然資本プロジェクトへの民間セクターからの投資拡大は、これほどの規模の課題に対処するには必要不可欠であり、EIBは気候変動対策やサステナビリティ支援にコミットしている。我々は、本日発表した2つのイニシアチブを通じ、エネルギー効率性や自然資本への投資を専門性、財務面の双方から支援できることを嬉しく思う。これらは、金融機関や他の投資家の役割を拡大させ、この分野のプロジェクトへの融資に必要不可欠な専門知識の向上に役立つだろう」と語る。  また、欧州委員会の気候変動対策・エネルギー委員を務めるMiguel Arias Canete氏は「これらの新たな金融商品によって、我々は資金を重要な領域に投下することができる。新しい2つのスキームは、エネルギー効率性や気候変動対策といった戦略上重要な領域に対し、多大な官民の投資を呼び込むだろう。これはEU市民のための気候変動対策、エネルギー節約、ヨーロッパのエネルギー輸入依存度低下への貢献となる」と述べた。  エネルギー使用削減のための融資として、少なくとも5億ユーロがPF4EEのスキームのもとで融資される予定だ。PF4EEは、長期の低金利融資の提供および仲介機関への信用リスク保全により、ヨーロッパ各地にある地方銀行のエネルギー効率化に関するプロジェクトへの融資を促していく。PF4EEはEIBによって実施され、欧州委員会は、エネルギー効率化ローンのポートフォリオの信用リスクを守るために8000万ユーロを提供する予定だ。  また、生態系保護、気候変動適応のためのグリーン・インフラや自然資本保護プロジェクトは、新たなNCFFのスキームが対象となる。NCFFは、洪水対策や雨水の再利用、森林保護プログラム、水使用削減、土壌汚染対策、生物多様性オフセット、エコツーリズムなどに対する融資の拡大を目的としており、EIBおよび欧州委員会から1億2500万ユーロが提供される。NCFFは最初数年のパイロット期間で9~12の融資を実行する予定だ。  欧州委員会の環境、海洋担当委員を務めるKaemenu Vella氏は、「我々の自然環境の多様性を保護するためには、我々は資金供給源の多様化を促進する必要がある。NCFFはEUの新たな資金供給源として、企業の自然保護、気候変動適応への取り組みを支援する。これらの資金は、生物多様性へ向けた取り組みを助け、真に成長エンジンとなるだろう」と述べた。  環境・サステナビリティへの先進的な取り組みが進むヨーロッパでは、このように企業を金融面から支援する動きが活発化している。今後、より多くの企業およびプロジェクトへの融資が実現することが期待される。 【企業サイト】European Investment Bank 【参考ページ】Private Finance for Energy Efficiency(PF4EE) 【参考ページ】Natural Capital Financing Facility(NCFF)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る