【米国】ESGサービス提供のMSCI ESG Research、2015年に記録的な売上増加

Facebook Twitter Google+

 米MSCIとそのESG調査機関であるMSCI ESG Research社は3月15日、2015年のESG関連売上が対昨年比で33%増加の3,800万米ドルに拡大、運用会社世界トップ50のうち47社を顧客としたことを発表した。売上の増加率は過去最高だという。    MSCIは機関投資家や事業会社向けにESGのための幅広いサービスを提供している。MSCIのESG格付サービスでは、独自の手法を用いて企業のESG度合いを格付している。今年3月にはファンドのポートフォリオ全体のESG評価するサービスも開始した。また、ファンドマネージャー向けにESG優良銘柄のみを集めたMSCI ESGインデックスの提供も行っている。その他にも、ESGスクリーニングを実施するためのツールや企業の炭素排出量を比較計測するツールの提供も行っている。ESGの専門チームによるリサーチ・コンサルティングのサービスもある。  昨年12のCOP21以降、ESG投資の世界的潮流は活発な様相を見せている。欧州ではESG投資に関する規制が進んでおり、アジアでは証券取引所のESG情報公開の動きも加速している。また、米国においてもERISA法におけるESG統合の法的見解が整理されるなど、今後も金融機関のESGの取り組みが増々高まっていく見込みだ。  MSCIの発表によると、以下の大手機関投資家が2015年に同社のESGサービスの活用を開始している。 Allianz Group BMO Global Asset Management Environment Agency Pension Fund Kempen Capital Management Legal and General Investment Management M&G Investments’ Equities business Manulife Asset Management Mercer Investments Merrill Lynch Metzler Asset Management Morgan Stanley 野村アセットマネジメント Northern Trust Asset Management PIMCO Privatbank Berenberg (Joh. Berenberg, Gossler & Co. KG) Queensland Investment Corporation RBC Global Asset Management Sun Life Investment Management 【参照プレスリリース】Record Year of Growth for MSCI ESG

» 続きを読む

ベンチマーク

Facebook Twitter Google+

 資産運用におけるベンチマークとは、運用目標となる指標、運用成果を評価する際の基準のことで、ベンチマークを設けるファンドの場合、市場の動きを表すインデックスが用いられます。ファンドの成績がベンチマークより上回ればファンド・マネージャーの腕が良かったことになり、ベンチマークを下回ればファンド・マネージャーの腕が悪かったという目安になります。  例えばTOPXが20%上昇した際、ファンドの成績がプラス25%を達成した場合はベンチマークを上回り成績が良かったことになりますが、ファンドの成績がプラス10%の場合、たとえ資産が増えたとしても、ベンチマークを下回り、成績が悪かったとみなされます。  日本株の場合、TOPIX(東証株価指数)がベンチマークとして活用されることが多く、また海外の株式や債券で運用されるファンドのベンチマークとしては、S&P500、MSCIなどが挙げられます。

» 続きを読む
2015/08/18 辞書

【国際】化石燃料関連株は投資パフォーマンスに悪影響。MSCIが分析

Facebook Twitter Google+

 世界6,000以上の年金ファンドやヘッジファンドが利用しているベンチマークとして有名なMSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)が先日実施した調査によると、過去5年間において石炭、石油、ガスなどの化石燃料関連銘柄を除く株価の指数は、それらを含む株価指数よりも高いパフォーマンスを上げていることが明らかになった。  2010年以降、化石燃料銘柄を除いた指数(MSCI ACWI ex Fossil Fuels インデックス)は平均して年間13%のリターンを生んでいるのに対し、それらを含む指数(MSCI ACWI インデックス)のリターンは平均年間11.8%となっており、1.2%のパフォーマンス差が見られる結果となった。  これは英ガーディアン誌が4月10日に報じたもので、同誌によると化石燃料銘柄を含むポートフォリオの時価総額は2010年以降で62.2%増加したのに対し、それらを除いたポートフォリオの時価総額は69.9%増加したとのことだ。  このパフォーマンス差が生まれた原因の一つとして考えられるのが原油価格の下落によるBPやシェルなど大手石油企業の株価下落だが、MSCIのデータによれば、化石燃料銘柄を除くポートフォリオのパフォーマンス上昇は原油価格が下落する前の2013年頃から始まっており、単に原油価格の下落が影響しただけではないことが分かる。  実際には、気候変動対策に向けた再生可能エネルギー投資の拡大など世界的な低炭素経済への移行トレンドに伴い、投資家らが石炭や石油など主たるCO2排出源となっている化石燃料銘柄の将来性を懸念し、自身の資産を引き揚げた影響だと見るのが妥当だ。  一方で、真に低炭素経済への移行を実現するためには、単に投資を避けるのではなく、むしろ株主行動などを通じて積極的に化石燃料関連企業に働きかけ、彼らの事業をより持続可能なビジネスモデルにシフトさせることが重要だという声もある。  いずれにせよ、市場力学によってより持続可能なエネルギーを生産、利用する企業の評価が高まっていくという仕組みは理想的だ。化石燃料関連企業だけではなく、全ての企業がこうした投資家のニーズの変化に敏感に対応していく必要があると言える。 【企業サイト】MSCI ACWI ex Fossil Fuels Index 【参考サイト】Fossil fuel-free funds outperformed conventional ones, analysis shows

» 続きを読む

【国際】MSCI社、化石燃料銘柄を除いた新インデックスを発表

Facebook Twitter Google+

今後の低炭素社会を見据えた動きが投資の世界で広がりを見せている。世界中の投資家のベンチマークとして利用されているMSCI指数で有名なMSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)社は10月16日、化石燃料銘柄をネガティブ・スクリーニングした新たなSRIインデックス、MSCI Global Fossil Fuels Exclusion Indexを発表した。 MSCI Global Fossil Fuels Exclusion Indexは、MSCIの新興市場向け投資ベンチマークとして有名なMSCI ACWI Indexをベースとしており、まずMSCI ACWI ex Fossil Fuels Index、MSCI ACWI ex Coal Indexの2つが導入された。 MSCI ACWI ex Fossil Fuels Indexは、化石燃料銘柄を100%、(時価総額で全体の9.3%を占める127銘柄)をMSCI ACWI Indexから除いたものであり、MSCI ACWI ex Coal Indexは、化石燃料銘柄を50%、(時価総額で全体の1.3%を占める26銘柄)をMSCI ACWI Indexから除いたものだ。 これらのインデックスは、投資対象から化石燃料銘柄を排除、または減らすことを求める投資家からの要望に応える形で導入された。低炭素社会へのシフトが今後想定される中、化石燃料への依存が企業にとって足かせになると懸念する機関投資家は増えてきているのだ。 Index and ESG Researchの代表でグローバルトップのRemy Briand氏は、「今回導入された2つのインデックスにより、先月導入されたMSCI Low Carbon インデックスを補完できる形となり、これで炭素保有のリスクを管理しようとする投資家にとっては包括的なツールが揃ったと言えるだろう」と語る。 また、米カリフォルニアピッツァー大学の投資委員会委員長であり、Gould Asset Management社社長でもあるDonald Gould氏も、「化石燃料を投資対象から排除しようとする投資家にとって、自身の投資を正確に把握するためのベンチマークがあることは大変有益だ。MSCI社がその重要な一歩を踏み出してくれたのは喜ばしいことだ」と述べ、投資家からの評価の声も聞こえる。 世界中でESG投資の流れが本格的に進む中、今後MSCI Global Fossil Fuels Exclusion Indexが実際の運用パフォーマンスでどこまで投資家の期待に応えられるのか、注目が集まる。 【企業サイト】MSCI Inc.

» 続きを読む
ページ上部へ戻る