【アメリカ】2050年までに80%の温室効果ガス削減は可能。

Facebook Twitter Google+

米国が2050年までに80%の温室効果ガスを削減することは可能。その道筋を示す最新の報告書が公表された。 UN Sustainable Development Solutions Network(SDSN)、パリに本拠を置く非営利調査機関のThe Institute for Sustainable Development and International Relations(IDDRI)らが主導する脱炭素社会の実現に向けた国際プロジ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る