【アメリカ】CSR Awards候補を30カテゴリーで募集、発表は2014年春

Facebook Twitter Google+

アメリカのPR Newsは、今年のCSR Awardsに選出する候補を30のカテゴリーで募集した。尚、11月15日に応募は締め切りとなっており、2014年春に各カテゴリーの受賞者が決まる。募集した30のカテゴリーは以下の通り。 年間レポート、ブログ、キャンペーンを行った理由、コミュニティでの出来事、企業の社会協力、少額資金で行ったCSR活動、ダイバーシティ・コミュニケーション、従業員との関係、従業員のボランティアプログラム、環境管理、 [...]

» 続きを読む
2013/11/22 最新ニュース

【アメリカ】モスコウイッツ賞_CSRを株主決議で採択可能にするとステークホルダーの価値が高まる

Facebook Twitter Google+

2013年度のモスコウイッツ賞を受賞したフラマー女史の論文によると、CSRを株主決議で採択可能にするとステークホルダーとしての価値が高まるという見解を発表した。本論文は、第24回SRIカンファレンス(社会責任を考えた投資の協議会)で発表されUCバークレー ハースビジネススクールの2013年度モスコウイッツ賞に認定された。フラマー氏の研究結果によると株式市場は「企業が社会に果たすべき責任」に敏感に反応を示すという。「二酸化炭素を削減に積 [...]

» 続きを読む
2013/11/12 最新ニュース

【イギリス】環境に配慮しながらビジネスを行う方法

Facebook Twitter Google+

イギリスのSustainableBusiness.comは、ビジネス上で環境に配慮する方法を提案した。SustainableBusiness.comは、企業向けに環境に配慮する方法を同社のウェブサイト上へ掲載した。内容は、完璧な環境配慮を行っているオフィススペースを発見することは困難だという。しかし以下のような取り組みで環境に配慮することが可能だと述べている。移動は可能な限り公共機関を利用する公共機関を積極的に活用すれば個人あたりが消 [...]

» 続きを読む
2013/11/08 最新ニュース

【アメリカ】持続可能な社会づくりに向けたキャンペーン「spread the GOODness」

Facebook Twitter Google+

アメリカの企業のCSR活動、環境活動に対するサービスを提供するSocially Good Business (SGB)は、米国内のコミュニティを前向きに変えるためのキャンペーン「spread the GOODness」を開始した。spread the GOODnessは、インターネットによるクラウドファンディングを活用する。本キャンペーンの特徴は、賛同者から少額の寄付金を募り集まったお金を新たな教育システムなどを立ち上げる資金にして社 [...]

» 続きを読む
2013/11/06 最新ニュース

【カナダ】新たな成長サイクルがみえてきた:EDCがカナダと世界の経済回復の兆しを予測

Facebook Twitter Google+

カナダ輸出開発公社(EDC)は、世界経済は新たな成長サイクルの足がかりをようやくつかんだと発表した。 日本やEUをはじめ、先進地域でのOECD景気先行指標は上昇。世界経済を牽引する米国でも、国の財政危機による経済悪化の懸念はぬぐえないものの建設業界をはじめ民間経済は悪くない。EDCは、2014年の世界経済成長率を3.9%、続く2年は3.2%程度と予想。先進地域での世界GDPへの貢献度は新興国より高くなるだろうと分析する。 持続可能なグ [...]

» 続きを読む
2013/11/05 最新ニュース

【アメリカ】顧客ロイヤルティを獲得するためのCSR戦略レポート

Facebook Twitter Google+

アメリカのロイヤルティ・マーケティングなどマーケティング戦略を提供するLoyalty 360は、企業向けにCSRの観点から消費者との関係についてまとめたレポート「Corporate Social Responsibility: Making a Difference for Customer Relationships」を提供開始した。本レポートは、企業のCSR活動をとおして消費者と長期的に良好な関係を築くことを目的としてまとめたレポ [...]

» 続きを読む
2013/11/01 最新ニュース
ページ上部へ戻る