【国際】2020年には再エネ発電コストが化石燃料火力発電コストを下回る。IRENAレポート

Facebook Twitter Google+

 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は1月13日、2017年の再生可能エネルギー価格動向をまとめた報告書「Renewable Power Generation Costs in 2017」を発行した。太陽光発電コストは2010年から73%低下。現在1kWh当たり6米セントの陸上風力発電と10米セントの太陽光発電コストは、今後2年以内に3米セントも可能との見通しを示した。一方、化石燃料火力発電コストは、5米セントから17米セントの [...]

» 続きを読む

【国際】再生可能エネルギー発電コストは数十%低減可能、IRENA報告書

Facebook Twitter Google+

 再生可能エネルギーを世界規模で普及促進するための国際機関である国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は6月15日、再生可能エネルギー発電コストの大幅な削減可能性を示した報告書「The Power to Change: Solar and Wind Cost Reduction Potential to 2025」を発表した。国際再生可能エネルギー機関は、2011年に発足し、本部はアラブ首長国連邦のアブダビ。2016年3月現在で、加 [...]

» 続きを読む

【国際】IRENA、世界の再生可能エネルギー情報にアクセスできるスマホアプリを公開

Facebook Twitter Google+

 世界の再生可能エネルギーを推進するInternational Renewable Energy Agency(国際再生可能エネルギー機関、以下IRENA)は6月16日、世界中の再生可能エネルギーに関する情報に無料でアクセスすることができるスマートフォンアプリ、"The Global Atlas pocket"を公表した。  同アプリはIRENAが提供しているオンラインポータル、Global Atlas portalのモバイルバージョ [...]

» 続きを読む

【中国】2030年までに再生可能エネルギーのシェアを26%まで拡大可能

Facebook Twitter Google+

世界第2位の経済大国であり、世界最大のCO2排出大国でもある中国が、再生可能エネルギーの分野において世界の期待を背負っている。 International Renewable Energy Agency(以下、IRENA)が11月24日に発表した報告書”Renewable Energy Prospects: China”によれば、中国は2030年までに再生可能エネルギー使用量の割合を13%(2010年時点)から26%にまで伸ばすことが [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る