【インド】2014年のグリーンIT・サステナビリティ関連投資が340億USドルに到達 

Facebook Twitter Google+

米調査会社大手のGartner, Inc.が先月公表した報告書“Hype Cycle for Green IT and Sustainability in India, 2014”によれば、インドにおける2014年のグリーンIT・サステナビリティ関連投資額は2013年の292億USドルから14.4%増加し、340億USドルに到達したという。 同報告書は、インド企業ではフィランソロピー活動としてのCSRを越えて、事業のコアとなるオペレーションへのCSRの統合が進んでおり、今後も企業のコミットメントや政府の規制が更にグリーンでサステナブルなテクノロジーと事業慣行を加速させるだろうとしている。 Gartnerでリサーチ担当副社長を務めるGanesh Ramamoorthy氏は「インド企業のほとんどがオペレーションコストの削減を目的として何らかのグリーン・イニシアチブを実行している。特に石油やガス、採掘業、製造業など環境へ大きなインパクトをもたらしている業界では、再生可能エネルギーの利用拡大に沿う形でサステナビリティ分野において他業界をリードしている。また、エネルギーと水が運用コストの大部分を占めているIT業界ではそれほどでもないが、通信やテレビ、金融業界は大きく遅れをとっている。また、気候変動対策に関して言えば明確に焦点を定めている企業は多くない」と語った。 インドではサステナビリティ、グリーンテクノロジー、気候変動問題に対する意識は高まりつつあるものの、オペレーションコストの削減、規制や情報開示義務の遵守、そして投資家、顧客、消費者などステークホルダーからの要求に応じた気候変動リスクや機会に関する報告など、企業が取り組むべき課題も未だに多く、ESGの領域におけるグリーンテクノロジーやサステナビリティ関連市場は今後も拡大し続ける見込みだ。 今年の調査では、Gartnerは新たに「スマートシティ構想」「エネルギー管理」そして「グリーン・データセンター」の3つを加えており、合計36のテクノロジーを取り上げている。 (Gartner Says India Green IT And Sustainability Spending To Reach $ $34 Billion In 2014より引用) Ramamoorthy氏曰く、「今年のハイプ・サイクル(特定の技術の成熟度、採用度、社会への適用度を示す曲線。Gartnerが提唱。)上で最も大きく動いたのは太陽エネルギー技術だ。より多くの州政府が太陽光への移行の流れに乗り具体的な政策やインセンティブによって投資家を惹きつけ、多くの新しいプロジェクトが委託された結果、太陽エネルギー技術は”Slope of Enlightenment(回復期)”へと移行した。また、CSRレポーティングツール、サステナブルな事業慣行やコンサルティングサービスなども後に続いている」とのことだ。 2013年の会社法改正により昨年4月から大手企業のCSR義務化が始まったインドでは、CSR・サステナビリティの事業への統合が一大トレンドとなりつつあり、CSR・サステナビリティ関連サービス市場も拡大している。既にITの分野ではグローバルにおける存在感を高めつつあるインドが、グリーンテクノロジー・サステナビリティの分野においてどのようにリーダーシップを発揮していくのか、今後の成長が引き続き注目される。 【レポートダウンロード】Hype Cycle for Green IT and Sustainability in India, 2014 【企業サイト】Gartner, Inc. (※写真提供:Radiokafka / Shutterstock.com)

» 続きを読む

【国際】2015年のサステナビリティ投資、6つの最新トレンド

Facebook Twitter Google+

タイヤメーカー大手のPirelli Tire North America(ピレリタイヤ・ノースアメリカ)で広報・サステナビリティ担当役員を務めるMaureen Kline氏が、米国Inc.誌に”6 Sustainability Investing Trends for 2015”と称して2015年のサステナビリティ投資に関する6つの最新トレンドを紹介している。 今やサステナビリティ投資は世界中で大きなトレンドとなりつつある。例えば、US SIF(The Forum for Sustainable and Responsible Investment)の調査によれば、2012年から2014年にかけて米国におけるSRI投資・インパクト投資の運用額が76%増加したとのことだ。ESGを投資基準に組み込んだ投資会社は3倍以上に増え、年金ファンドを含む米国の機関投資家によるSRI資産は77%拡大し、ESGに配慮したプライベート・エクイティやその他のオルタナティブ投資の運用額も70%増加したという。 また、責任投資を推進している国連PRI(Principles for Responsible Investment:責任投資原則)に署名している機関投資家・団体の数は既に1,260を超えており、署名機関の運用資産総額は45兆ドル以上に膨らんでいるという。 こうした現状を踏まえ、Maureen Kline氏は記事の中で2015年のサステナビリティ投資における最新トレンドとして下記6つを挙げている。 機関投資家は顧客の要望に応える形でSRI投資をますます加速させていく 投資家の関心はネガティブ・スクリーニングからポジティブ・スクリーニングへと進化する SRIを重視する機関投資家の数はさらに増え、企業に対する影響力を強めていく ESG情報の透明性向上について投資家から企業への要求が高まる 気候変動リスクのような外部性に対する投資家から企業への圧力が高まる 地域へのコミュニティ投資やインパクト投資の流れが加速する いずれのポイントもサステナビリティを重視した経営を実践している企業にとっては歓迎するべき流れだ。投資家がサステナビリティをより重視するようになれば、企業経営者も短期的な財務パフォーマンスだけに囚われることなく、より長期的な視点で事業運営、事業投資を行うことができるようになる。2015年もグローバル全体でSRIの流れは加速していく。6つのトレンドのより詳細について知りたい方は下記から。 【参考サイト】6 Sustainability Investing Trends for 2015 【関連サイト】US SIF

» 続きを読む

【アメリカ】大手飲料メーカー 2020年に達成目指す新たな3つの目標

Facebook Twitter Google+

アメリカの飲料メーカー大手Keurig Green Mountain社は、2013年度のサスティナビリティレポートの中で、2020年までの新たな目標を掲げた。Keurig Green Mountainは新目標の設定にあたり、2012年に、社内外の120のステークホルダーを巻き込んだ膨大な重要性分析(マテリアリティ・アナリシス)を実施した。そのステークホルダー・エンゲージメントを通じて、次のような新目標を定めた。サプライチェーン・当社のサプライチェーンを担う100万人の暮らしを向上させる ・CSR調達ガイドラインに沿った購買比率を100%とする製品・主力商品のK-Cupの容器を100%リサイクル可能なものにする ・対2012年比で製品ライフサイクルベースでの温室効果ガス排出を25%削減する ・当社の製造・流通施設での埋め立て廃棄物産出をゼロにする社会・100%従業員がKeurig Green Mountainビジョンを理解するようにする ・世界で100万人に清潔な水環境を提供するKeurig Green Mountainのサステナビリティ目標は、ステークホルダーを通じて、同社の経営に大きな影響を与える内容を特定することで設定された。これにより、一人よがりではない、点数稼ぎでもないCSRが可能となる。新たな目標を明確にすることで、飲料や水分野に関心を持つNPOからも提案を引き出しやすくなるし、支援対象プログラムの選定に対しても基準を持つことができる。【企業サイト】Keurig Green Mountain

» 続きを読む
ページ上部へ戻る