【インドネシア】紙パルプ大手のエイプリル、サプライチェーンの森林破壊ゼロ方針を発表

Facebook Twitter Google+

 森林破壊が深刻化しているインドネシアで、たびたびNGOなどから批判を浴びてきた大手伐採会社が、ついに森林破壊ゼロへのコミットメントを表明した。インドネシアの紙パルプ大手、エイプリルグループは6月3日、同社の森林保護に関する新方針、Sustainable Forest Management Policy(SFMP)2.0を公表し、今後、サプライチェーン全体において一切の森林破壊を行わないと発表した。同社は5月15日付で自然林における全 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る