【アメリカ】「安全で持続可能な食料品には平均31%多く支払ってもよい」消費者意識調査

Facebook Twitter Google+

米国の消費者意識に関する興味深い調査結果が公表された。米国のコミュニケーション戦略支援会社、Gibbs-rbb Strategic Communications(以下、Gibb-rbb社)が10月15日に公開した消費者意識調査レポート”Conscious Consumer™ Study“によると、米国人は持続可能な形で生産された食料品に対し、平均して31%多く支払ってもよいと考えているという。 同調査によれば、米国の家庭は平均して1週 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る