【フランス】G8サミット設立「食料安全保障及び栄養のためのニュー・アライアンス」からの脱退表明

Facebook Twitter Google+

 フランス政府は2月9日、G8諸国とアフリカ10ヶ国政府が進めるアフリカでの農業振興イニシアチブ「食料安全保障及び栄養のためのニュー・アライアンス(NAFSN)」から脱退すると発表した。NAFSNは2012年の米キャンプ・デービッドG8サミットで設立されたイニシアチブ。同イニシアチブは、アフリカでの食料生産増による経済自立化と栄養改善を意図したが、近年、欧米農業大手の支援策にすぎず、現地社会の改善につながっていないとの批判も出ていた。 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る