【国際】国際環境NGOのCI等、養殖環境マネジメント・ガイド発行。FAOの生態系アプローチ適用

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOのConservation International(CI)、漁業NGOのSustainable Fisheries Partnership(SFP)、カリフォルニア大学サンタバーバラ校の持続可能な漁業グループは11月26日、養殖マネジメントの環境ベストプラクティスをまとめたガイドブックを発表した。  同ガイドブックは、国連食糧農業機関(FAO)が提唱する生態系アプローチを養殖分野に適用したもの。特に、「空間計画とゾ [...]

» 続きを読む

【ガイアナ】米エクソンモービル財団とConservation International、職業訓練・環境保全で協働

Facebook Twitter Google+

 米エクソンモービル財団は7月2日、国際環境NGOのConservation International(CI)とガイアナ大学と協働し、ガイアナ国民の職業訓練や環境保護プログラムを展開すると発表した。エクソンモービル財団が、CIやガイアナ大学の活動に今後5年間で1,000万米ドル(約11億円)を拠出する。  今回のプログラムは、ガイアナ政府が掲げる15年計画「グリーン国家開発計画」の一環。同計画では、ガイアナの産業構造の多様化を図り、 [...]

» 続きを読む

【国際】米NASAとConservation International、衛星データを用いた自然環境監視ツール開発で連携

Facebook Twitter Google+

 NASA(米航空宇宙局)と国際環境NGOのConservation International(CI)は2月22日、衛星データを用いて各地域の自然資源や保護・マネジメントする3年間のパートナーシップを締結した。NASAはCIがアフリカで実施している土地生態系プロジェクト「Gaborone Declaration for Sustainability in Africa」と、東南アジアのメコン川流域の水資源管理プロジェクト「Fresh [...]

» 続きを読む

【アメリカ】SCジョンソン、アマゾン熱帯雨林保護でマッチング寄付プログラムを開始

Facebook Twitter Google+

 消費財大手米SCジョンソンは2月6日、国際環境NGOのConservation Internationalのアマゾン熱帯雨林保護プロジェクトを支援するための新たなプログラム「Acre-for-Acreマッチング・チャレンジ」を発表した。  このプログラムは、市民がConservation Internationalが展開するアマゾン熱帯雨林保護プロジェクトに寄付する度に、同額の資金をSCジョンソンからConservation Int [...]

» 続きを読む

【アメリカ】コーヒーを世界で最初の持続可能な農産物に。スターバックスらがSustainable Coffee Challengeを開始

Facebook Twitter Google+

 米スターバックスは12月3日、パリで開催されたCOP21の中で、NGOのConservation Internationalおよび他のパートナー企業らとともに、コーヒーを世界で最初の持続可能な農作物にするためのイニシアチブ、Sustainable Coffee Challengeを開始すると発表した。  同イニシアチブは、持続可能なコーヒーの生産を業界の標準慣行とするべく、企業とNGOらが協働してコーヒー業界共通のサステナビリティ・ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】スターバックス、コーヒー農家に100万本のコーヒーの木を提供へ

Facebook Twitter Google+

 米スターバックスは9月28日、高品質なコーヒー産業を支援するという同社のコミットメント拡大の一環として、新たにコーヒー農家に対して100万本のコーヒーの木を提供する取り組みを開始すると発表した。  2016年9月まで、米国内の店舗で販売されているコーヒーパックが1袋売れるたびにコーヒーの木を1本植樹するという"Starbucks One Tree for Every Bag"キャンペーンを展開し、コーヒーの木に損害を与える病原菌の影 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る