【アメリカ】83%はCSRレポートを見ていない。求められる情報発信の形とは?

Facebook Twitter Google+

 米広告代理店のCone Communicationsが発表した消費者向けCSR意識調査"2015 Cone Communications/Ebiquity Global CSR Study"によると、米国人の82%が企業に対して社会的・環境活動を期待しているにも関わらず、企業のそうした活動や成果を示すCSRレポートを過去一年間で読んだ人はわずか17%しかいないことが明らかとなった。このギャップは、企業はCSR情報開示の方法を消費者や [...]

» 続きを読む

【国際】世界の消費者はCSRに積極的な企業を支持。特に新興国でその傾向が顕著に

Facebook Twitter Google+

 世界の消費者の多くは、社会・環境問題の解決に取り組む個人的な責任を感じており、それを共に実現してくれる企業を支援したいと考えている。こう裏付ける調査結果が、マーケティング会社のCone Communicationsおよび調査会社Ebiquityによる2015年度の消費者向けCSR意識調査"2015 Cone Communications/Ebiquity Global CSR Study"と題した報告書でまとめられた。  2011年 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】米消費者、食品の健康性と地域産品に高い関心

Facebook Twitter Google+

米広告代理店のCone Communicationsの最近の調査によると、アメリカの消費者は食糧品の購入時に食品の健康性を大きく考慮していることがわかった。Cone Communicationsは広告代理店グループ世界大手のOmni Groupのグループ会社で消費財、CSRなどの分野のPRを専門にしている。調査では、18歳以上のアメリカ人男性500人、同女性503人が回答。信頼度は95%。調査ではアメリカ人の食糧品購買行動について幅広 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る