【国際】国際環境NGOのCI等、養殖環境マネジメント・ガイド発行。FAOの生態系アプローチ適用

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOのConservation International(CI)、漁業NGOのSustainable Fisheries Partnership(SFP)、カリフォルニア大学サンタバーバラ校の持続可能な漁業グループは11月26日、養殖マネジメントの環境ベストプラクティスをまとめたガイドブックを発表した。  同ガイドブックは、国連食糧農業機関(FAO)が提唱する生態系アプローチを養殖分野に適用したもの。特に、「空間計画とゾーニング」「水槽容量限界」「養殖疾病マネジメント」の3つ分野を主に扱っている。また事例としてインドネシアを上げているが、世界中で適用できるものとなっている。  同ガイダンスは、養殖業界と規制当局の双方に向けられており、また小売店等のステークホルダーに対しても調達先管理として活用することが推奨されている。  CIとSFPは現在、インドネシアのえび養殖場で試験導入を行っている。 【参照ページ】New Aquaculture Management Guide Provides Seafood Farmers with Sustainability Best Practices

» 続きを読む

【ガイアナ】米エクソンモービル財団とConservation International、職業訓練・環境保全で協働

Facebook Twitter Google+

 米エクソンモービル財団は7月2日、国際環境NGOのConservation International(CI)とガイアナ大学と協働し、ガイアナ国民の職業訓練や環境保護プログラムを展開すると発表した。エクソンモービル財団が、CIやガイアナ大学の活動に今後5年間で1,000万米ドル(約11億円)を拠出する。  今回のプログラムは、ガイアナ政府が掲げる15年計画「グリーン国家開発計画」の一環。同計画では、ガイアナの産業構造の多様化を図り、経済成長と環境保護を両立させることを目指すもの。  同プログラムでは、まずCIのガイアナ支部がプログラムの詳細を設計し、CIガイアナ支部とガイアナ大学が教育、職業訓練、研究の機会を提供する。職業訓練では、環境やサステナビリティ分野での雇用創出や起業家創出を狙う。また、ルプヌニ湿地帯でのマングローブ林保全やガイアナ沿岸部での地域の漁業団体の持続可能な漁業推進を支援する。  米エクソンモービルは、ガイアナで石油・ガスの採掘事業を展開している。 【参照ページ】ExxonMobil Foundation Invests US $10 Million in Guyana for Research, Sustainable Employment and Conservation

» 続きを読む

【国際】米NASAとConservation International、衛星データを用いた自然環境監視ツール開発で連携

Facebook Twitter Google+

 NASA(米航空宇宙局)と国際環境NGOのConservation International(CI)は2月22日、衛星データを用いて各地域の自然資源や保護・マネジメントする3年間のパートナーシップを締結した。NASAはCIがアフリカで実施している土地生態系プロジェクト「Gaborone Declaration for Sustainability in Africa」と、東南アジアのメコン川流域の水資源管理プロジェクト「Freshwater Health Index」を支援する。NASAの研究員が、各衛星の遠隔監視データから地域や国レベルでの生態系をマッピングするモデルを開発する。  衛星データは自然環境や人間社会のサステナビリティを高めるための有望なデータ・ソースとなると言われており、今回開発するデータモデルは、他の地域でも活用できるものとなる。  Gaborone Declaration for Sustainability in Africaは、2012年のアフリカサミットで決議されたプロジェクトで、政府とNGOが連携し、経済成長と自然環境保護を両立させる取組を実施。Conservation Internationalが事務局を担当している。  Freshwater Health Indexは、政府や自治体等のオンライン意思決定サポートツールで、各地域の水系や生態系の状況をチェックできる。現在はメコン川流域でパイロットプロジェクトを実施し、政府や他の関係者も参加している。林業、漁業、観光業等への影響も計測し、幅広い用途を目指している。 【参照ページ】New Partnership Aids Sustainable Growth with Earth Observations

» 続きを読む

【ブラジル】国際環境NGOのCI、アマゾンで世界最大の森林再生プロジェクト開始。政府、国際機関とも連携

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOコンサベーション・インターナショナル(CI)は9月19日、ブラジルのアマゾン地域で世界最大の森林再生プロジェクトを開始すると発表した。今後6年かけて数億円を投下し、2023年までに7,300万本の木を再生することを目指す。ブラジル環境省、地球環境ファシリティ(GEF)、世界銀行、Brazilian Biodiversity Fund(Funbio)、Rock in Rioの環境チーム「Amazonia Live」と連携して実施する。  プロジェクトが対象とするのは、サッカー場3万個分に相当する3万ha。ブラジル政府は、パリ協定の中で、2030年までに1,200万haの森林を再生することを約束しており、今回の活動もその一環。プロジェクトが優先的に展開されるのは、アマゾナス州南部、ロンドニア州、アクレ州、パラー州、シングー分水嶺。既存の二次林の手入れ、現地での植物の種まき、また必要に応じて直接の植樹も行う。  アマゾン地域は、生物多様性に富む地域として世界的に有名。2,500万人の人々も生活している。しかし、近年、企業による森林破壊が進んでいる。 【参照ページ】World’s Largest Tropical Reforestation Project to Take Place in the Amazon Rainforest

» 続きを読む
ページ上部へ戻る