【アメリカ】P&G、水浄化技術を活用して2020年までに150億リットルの清潔な水を提供へ

Facebook Twitter Google+

 米消費財大手のP&Gは9月15日、子供たちの清潔な飲料水へのアクセス確保を目指して同社が展開しているChildren’s Safe Drinking Water Program(CSDW)において、2020年までに150億リットルの清潔な水を提供するという目標を設定したと発表した。  新興国において汚染水を原因とする病気を減らし、子供たちの命を救うのが目的だ。P&Gは同プログラムを10年以上前に開始して以来、自社およびパートナーらを [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る