【ドイツ】シーメンス、腐敗防止イニシアチブを通じてUNGC、OECDらに約400米万ドルを支援

Facebook Twitter Google+

 ドイツに本拠を置く多国籍企業のシーメンスは8月6日、同社の展開する腐敗防止イニシアチブ、シーメンス・インテグリティ・イニシアチブを通じ、第2弾の助成金として世界の汚職防止に取り組む国際NPOのBasel Institute on Governance、国連グローバルコンパクト、OECDに対して3年間で約400万米ドルを提供すると発表した。  これらの資金はBaselと国連グローバルコンパクトの協働によるB20コレクティブ・アクション [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る