【アメリカ】コカ・コーラ、2014年度のサステナビリティレポートを公表

Facebook Twitter Google+

 米飲料大手のコカ・コーラは7月28日、今年で12年目となるサステナビリティレポートを公表した。同社が掲げる2020年までのサステナビリティ目標に対する2014年までの進捗状況がまとめられている。今回のレポートも、コカ・コーラのサステナビリティフレームワ―クである"Me, We, World"に沿い、下記3領域の最優先課題における実績が記載されている。 女性  "5by20"と呼ばれる、2020年までに500万人の女性起業家の経済支援を実現するというコミットメントに向けたバリューチェーンのイノベーションは順調な進捗を見せており、2010年の開始以来、2014年12月末時点で52カ国、約86万5千人もの女性の支援を実現している。 水  コカ・コーラの事業の核でもある「水」のサステナビリティ向上に向けた取り組みも大きな進捗を見せている。水スチュワードシップを通じて2014年には61カ国で販売された製品に使用された水の約94%(約1,536億リットルに相当)の水資源を地域社会に還元した。 ウェルビーイング  同社は継続的にウェルビーイングへのコミットメント推進と肥満対策に取り組んでいる。2014年、同社は400以上の飲料を新たに提供したが、そのうち100以上の製品が減カロリー、低カロリー、カロリーゼロとなっている。  また、上記の他にも今回のレポートには2020年までにカーボンフットプリントを25%削減するための"drink in your hand"や、主要な原材料となる農作物の持続可能な栽培などが盛り込まれている。さらに、2009年にスタートしたリサイクル可能なペットボトル"PlantBottle"への切り替えが2014年中に300億本以上に達した点にも触れられている。(※参考記事:【アメリカ】コカ・コーラ、世界初となる100%植物性由来のペットボトルを開発 )  コカ・コーラの最高サステナビリティ責任者を務めるBea Perez氏は「我々は、株主や地域社会のために価値を生み出すための努力をするべく、サステナビリティを事業の中核に統合することにコミットしている。我々は、次の10年では、イノベーションの多くがサステナビリティとサプライチェーンが交わる部分で生まれると考えている。ボトリングパートナーと共に進める女性のエンパワーメント、水源管理の改善、そしてウェルビーイングの促進に取り組むことは、事業のレジリエンスを構築し、我々のシステム全体に価値を付加する新たな機会を与えてくれる」と語る。  サステナビリティ分野だけではなく、マーケティングやコミュニケーションの分野でも高い評価を得ているコカ・コーラは、活動内容そのものはもちろんだが、その報告コミュニケーションから学ぶ点も多い。同社のサステナビリティレポートはオンライン版、PDF版も含めて下記から確認可能なので、興味がある方はぜひ見ていただきたい。(※参考記事:【食品・消費財】コカ・コーラ社に学ぶ経営戦略とサステナビリティの統合) 【レポートダウンロード】The Coca-Cola Company’s 2014/2015 Sustainability Report 【参考サイト】The Coca-Cola Company Sustainability 【企業サイト】The Coca-Cola Company (※写真提供:MAHATHIR MOHD YASIN / Shutterstock.com)

» 続きを読む

【アメリカ】コカ・コーラ、アフリカの持続可能な成長に向けて50億ドルを追加援助

Facebook Twitter Google+

米コカ・コーラ社とそのパートナーであるアフリカのボトラー各社は8月5日、ワシントンD.C.で開催されたU.S.-Africa Leaders Summitにおいて、2010年から2020年にかけて行っているアフリカ地域への資金援助額を50億ドル追加し、総額170億ドルまで増やすと発表した。 同社らはこの追加資金で新しい製造ラインや冷却・配送設備、新商品の開発などに取り組み、アフリカのサプライチェーンにおける雇用機会の拡大や、水資源への安全なアクセス、サステナブル調達、女性の社会的地位の向上、地域社会の健全性、経営効率の改善を目指す。 コカ・コーラ社の会長兼最高経営責任者(CEO)を努めるMuhtar Kent氏は「1928年以来、アフリカの経済と社会の基盤を支えてきた当社は、このダイナミックで、成長し続ける、活気に溢れた大陸の、前途有望な潜在力を目の当たりにしてきた。当社のビジネスの強みとサステナビリティは、アフリカの地域社会の強みとサステナビリティと直結している」と述べる。 同社はさらに、New Alliance for Food Security and Nutrition(食料安全保障及び栄養のためのニュー・アライアンス)およびGrow Africaとパートナーシップを組み、同社製品に一貫して地元産の原材料を使用し、持続可能な調達方法を確保することを目的としたイニシアチブ、Source Africaの立ち上げに署名した。同イニシアチブでは当初、ケニアにてマンゴーと紅茶の栽培、ナイジェリアにてシトラス、マンゴー、パイナップルの栽培、マラウイにてマンゴーの栽培に取り組み、将来的にはエチオピア、セネガル、タンザニア、モザンビークまで活動を広げていく予定だ。 Kent氏はアフリカへの援助を増やす意義について、「アフリカには未開発、未活用のままの潜在的な供給能力があり、地元産の原材料をもっと調達できると信じている。このアフリカの潜在能力を活用すれば、我々のビジネスとアフリカ経済の成長を促進するだけでなく、当社のサプライチェーンの費用対効果が高まり、拡大するアフリカ市場への、さらにはアフリカ外の市場への原材料供給量を増加させることも可能だ」と付け加える。 また、同氏はU.S.-Africa Leaders Summitの中で、HIV/AIDS撲滅活動を支援するために立ち上げたコカ・コーラ・アフリカ基金(The Coca-Cola Africa Foundation、以下TCCAF)のプロジェクト、Replenish Africa Initiative(RAIN)の延長を決めたと発表した。2020年までに総計600万人の人々に安全な水へのアクセスと公衆衛生プログラムを提供する予定だ。同プロジェクトではさらに、25万人の女性と若者に対する自立支援、数千のコミュニティ、学校、医療センターにおける保健衛生プロモーション活動、185億リットルの水資源を自然およびコミュニティに還元する活動にも取り組んでいる。 コカ・コーラ社および同基金はその他にもアフリカにおける地域社会の健康改善と女性の経済力向上にフォーカスした活動にコミットしており、下記のような活動を展開している。 Project Last Mile(ラストマイル・プロジェクト):2014年6月、コカ・コーラ社および同社の基金、さらに官民共同パートナーシップは、支援金を2,100万ドル増額し、今後5年間で新たに8ヶ国に対して医薬品・医療用品を供給すると発表した。 5by20:コカ・コーラ社は同プロジェクトを通し、これまでにアフリカ18ヶ国において37万人の女性企業家を支援してきた。2010年の開始以来、グローバルでは55万人を超える女性企業家を支援しており、2020年までに500万人の支援を目指している。 EKOCENTER:2014年、コカ・コーラ社はアフリカ、アジア、北米の6ヶ国において女性企業家による持続可能なコミュニティマーケットの実現に取り組む活動を開始した。 コカ・コーラ社のアフリカにおける売上比率は年々上昇しており、同社のアフリカにおけるサステナビリティ活動はアフリカ経済だけではなく同社の今後の成長にとっても必要不可欠なものとなっている。Kent氏が語る通り、サステナビリティ活動を通じてアフリカが持っているポテンシャルを最大限に引き出すことが、将来の市場拡大と競争優位につながる。 【企業サイト】The Coca-Cola Company 【参考サイト】2014 U.S.-Africa Leaders Summit 【基金サイト】The Coca-Cola Africa Foundation (※写真提供:meunierd / Shutterstock.com)

» 続きを読む

【アメリカ】The Coca-Cola Companyの年次レポートと2012年の活動成果

Facebook Twitter Google+

アメリカの飲料メーカーThe Coca-Cola Companyは、「第10回サスティナビリティ年次レポート」と2012年に成果を上げた同社の取り組みと2020年までの新たな達成目標を記した「第3回グローバル・レポーティング・イニシアティブ」の2つのレポートを発表した。同社CEOのMuhtar Kentによれば、同社が持続可能な社会の実現において重要とするテーマは「女性」「水」「ウェルビーイング」の3つだという。「女性」において同社は、女性起業家を支援する5by20™というプログラムを実施しており、2012年の1年間で世界の200カ国以上から30万人を支援したという。「水」においては、製品づくりにおける水効率を改善し、5億リットルの水を20カ国のコミュニティに支援した。「ウェルビーイング」では、肥満予防のための低カロリー製品生産と、118カ国で290に渡る健康促進プログラムを提供したとしている。Coca Coraのような欧米のグローバル企業のサステナビリティレポートには、定量的なコメントが驚くほど多い。的を絞った中長期的なコミットメントに対し今年度にどこまで達成でき、今後どのような道筋をつけていこうとしているのかのストーリーが描かれている。GRIの3.1から4.0へと移行していく中、包括的な「羅列」ではなく、焦点を絞った「わかりやすさ」が求められている。それは読む側の視点にたってみれば「わかりやすさ」を追求していくのは当然のことだろう。それは当然、焦点以外の行動については何もしなくてよいということではない。多面的にサステナビリティを実施しつつ、読み側に立ったわかりやすさをレポートの中で表現していくことが強く求められる時代になった。【レポート詳細】2012-2013 Sustainability Report【企業サイト】The Coca-Cola Company

» 続きを読む
2013/12/10 最新ニュース
ページ上部へ戻る