【香港】CSRコンサルティングELEVATE、CSRアジアを買収。両社のサービスエリアを相互にカバー

Facebook Twitter Google+

 CSRコンサルティングのCSRアジアは2月22日、企業のサプライチェーンにおける社会・環境コンサルティングを提供しているELEVATEに買収され、傘下に入ったと発表した。CSRアジアとELEVATEはともに香港に本社を置いているが、CSRアジアは日本や東南アジアに拠点を持つのに対し、ELEVATEは中国や南アジアの他、北米や欧州にも拠点を持つ。今回の買収により、両社はお互いのカバーエリアを拡大できる。  ELEVATEは2013年に、香港に本社とする工場生産性向上コンサルティング企業Legal Worksと、同じく香港に本社を置き中国での事業の社会性向上コンサルティング企業INFACT Global Partnersが合併し設立された。Legal Worksは、香港、中国、ベトナム、フィリピン、インド、バングラデシュ、スリランカ、トルコ、南アフリカ、英国、米国、メキシコ、エルサルバドルなど世界の広域をカバーしてきた。一方INFACT Global Partnersは、中国で強かった。この両社の合併後、拠点の配置は多少変ったが、ELEVATEは今でも、香港、中国、ベトナム、インド、バングラデシュ、トルコ、英国、ドイツ、米国、メキシコの10か国に拠点を置き約40カ国をカバー、全体で350名の従業員がいる。  買収されるCSRアジアは、2004年に香港で設立され、現在、香港、シンガポール、マレーシア、タイ、日本、英国の6ヶ国に拠点を持ち、またオーストラリアにも顧客ネットワークを持つ。  CSRアジアは今回の発表にあたり、CSRアジアのオフィスや従業員に買収後も変更はないとしている。これまで通り、CSRアジア会長はリチャード・ウェルフォードが務め、マラ・チオリアンとメイベル・ウォンはエグゼクティブ・ディレクターとして、それぞれCSRアジアの香港およびシンガポール・オフィスを統括する。英国拠点にいるエリン・ライオンは、CSRアジアの業務に加え、ELEVATEのクライアント・サービス・ディレクターも兼任し、ヨーロッパを統括していく。 【参照ページ】ELEVATE and CSR Asia to deliver full value chain sustainability services 【参照ページ】エレベイト社によるCSRアジアの合併について  

» 続きを読む

【香港】環境NGOのWGO、安全性の高いベビー用品のみが入れる「ホワイトリスト」創設を発表

Facebook Twitter Google+

 香港の環境NGO、World Green Organization(WGO)は11月20日、ベビー用品の安全性を確保していくための取り組みとして、独自の3段階基準をクリアした商品のみがリスト入りできる「ホワイトリスト」の創設を発表した。まずはベビローションを対象にホワイトリストを作成。今後は3年かけてそれ以外のベビー用品に拡大していく。中国では現在、ベビー用品の需要が拡大しているが、ベビー用品の衛生面や健康面での安全性への懸念が非常に大きい。  今回WGOが開発した3段階基準。最初のステップは、7つのチェーンストアで販売されている商品をサンプル調査し、重金属やメタノール等特定の化学物質を検出するための化学分析を行う。次に欧州、米国、中国、日本の政府基準・規制に基づいた含有成分の確認を行う。最後に、エストロゲン等価量濃度(EEQ)の測定するための生物学的方法を行う。EEQ濃度は、人体の内分泌腺に悪影響を与える恐れがあり、その影響は三世代にわたると言われている。WGOが創設するホワイトリストには、この三段階全てをクリアしたベビー用品のみが入ることができる。  WGOが3歳以下の幼児を持つ香港の保護者200人にアンケートを行ったところ、8割以上がベビー用品の安全性について懸念を持つと回答した。しかし、成分表示を読むのは回答者のたった22%。また有害な物質を特定できないとした回答は61%で、エストロゲン性物質の摂取による影響が分からないとの回答は59%だった。多くの保護者は商品の安全性に懸念を示しつつも、そのリスクを十分に把握できず、どの物質を避ければいいのかがわかっていない。また、同200人に対し、ホワイトリストの有効性について尋ねたところ、ほぼ全員がベビー用品を購入する際、ホワイトリストを参考にすると回答したほか、76%はホワイトリストに載っていない商品を買わないと回答した。 【参照ページ】World Green Organisation (WGO) is launching Hong Kong's first 'White List' of baby products that has higher safety standards 【機関サイト】 World Green Organization

» 続きを読む

【香港】金融諮問機関、香港をグリーンファイナンス市場の地域ハブに目指す提案

Facebook Twitter Google+

 香港金融発展局(FSDC)は5月24日、報告書「グリーンファイナンスの地域ハブとしての香港」を発表、香港をグリーンファイナンスの先進的なセンターとして位置づけるための提案を行った。FSDCは2013年1月に香港特別行政区政府に設置された業界横断のハイレベル諮問機関であり、政策調査、中国本土における商業機会、ニュービジネス、市場開発、人材資源の5分野の委員会を持つ。  グリーンファイナンスは、広い概念で使われており、一般的に持続可能で低炭素、気候変動に強固な経済を構築するプロジェクトや製品、企業に対し資金を供給する投資のことを指す。クリーンエネルギー、汚染防止、グリーン対応の建造物や交通、インフラやエネルギー効率の向上、持続可能な資源管理などがその例。廃棄物管理や持続可能な森林管理といった環境サービスも含まれる。  今回発表された報告書では、香港が同分野に置ける先進的なポジションを得るための多くの提案がなされており、政府および民間セクターが発行するグリーンボンドのベンチマーク設定、グリーンファイナンスのアドバイザリー機関等の設置、同分野における国債会議の開催、大学および専門機関を通じたグリーンファイナンスの専門家集団の構成、プロジェクトや証券をカバーするグリーンラベルのスキーム構築等が含まれる。  報告書では、COP21での世界的な気候変動に対する取り組みや、中国市場で需要が高まる環境投資に言及し、グリーン投資市場が今後活況を呈するという認識を示した。シンガポールと並びアジアでの巨大な金融市場となっている香港でも、グリーンファイナンス市場の活性化に向けた戦略が始まりそうだ。 【参照ページ】FSDC releases report on Hong Kong as regional green finance hub 【報告書】Hong Kong as a Regional Green Finance Hub

» 続きを読む

【香港】上場企業商会「2015年コーポレートガバナンス賞」、5社が表彰。

Facebook Twitter Google+

 香港上場企業商会は12月9日、「2015年香港コーポレートガバナンス卓越賞」を発表した。香港上場企業商会は、香港証券取引所に上場する企業が任意加盟する民間団体。2007年から毎年この時期に同賞の表彰を行っており、今年は9回目にあたる。同時に「持続可能な発展卓越賞」の発表も実施された。  2015年の受賞企業は、 ・コーポレートガバナンつ卓越賞   ハンセン指数(香港上場企業50銘柄で構成)部門    「中国人寿保険」「中国工商銀行」   ハンセン総合指数(香港上場企業200銘柄で構成)部門    「中国信達資産管理」「海通国際証券グループ」「嘉里物流ネットワーク」 ・持続可能な発展卓越賞    「恒隆地産株式会社」「偉易達グループ」  コーポレートガバナンス卓越賞の評価基準は7項目で構成されており、コーレポートガバナンス体制や社内文化、少数株主保護、ステークホルダーとの健全な関係構築や道徳、経済、社会、環境、人文価値の尊重、各ステークホルダーを代表する取締役の任命、財務及び非財務情報の開示、内部監査・内部通報体制、経営陣の評価・報酬体制などが含まれている。この評価基準は、日本で昨年制定されたコーポレート・ガバナンスコートに非常に近い内容と言える。  一方で、持続可能な発展卓越賞の評価基準はより環境・社会価値に関する内容に重きが置かれた8項目で構成。サステナビリティに関する制度や経営陣のコミットメント、サプライチェーン上での環境負荷の低減、インパクト投資や慈善活動、ステークホルダーからの苦情受付体制、ステークホルダーとの持続的な対話や社会影響に関する報告制度、従業員の能力向上や健全な職場環境の提供、ダイバーシティなどが盛り込まれている。  昨年7月香港証券取引所は非財務情報の開示強化に向けた諮問報告書を発表するなど、香港でもESG投資やサステナビリティに関する機運は上がってきている。今回の受賞企業の中には香港の地場企業だけでなく、レッドチップと呼ばれる中国大陸資本の企業も含まれており、賞の動向には注目が集まっている。 【機関サイト】香港上市公司商会 【授賞企業一覧】2015年得獎公司名單 【評価基準】準則

» 続きを読む

【アジア】「アジアで最も持続可能な企業100社」チャンネル・ニュース・アジア・サステナブル・ランキングが公表

Facebook Twitter Google+

 シンガポールに拠点を置くニュース専門テレビ局、チャンネル・ニュース・アジアは10月7日、アジアCSRコンサルティング最大手のCSRアジアおよびESG格付大手のサステナリティクスと共に、今年で2度目となる2015年度の「アジアで最も持続可能な企業100社」チャンネル・ニュース・アジア・サステナブル・ランキングを公表した。同ランキング結果は同日インドネシアのクアラルンプールで開催されたCSRアジアサミットの中で公表された。  「アジアで最も持続可能な企業100社」チャンネル・ニュース・アジア・サステナブル・ランキングは、サステナリティクスが提供する幅広いESG指標をもとに優れたサステナビリティ活動を展開しているアジア企業トップ100社を格付するものだ。投資家や消費者に対して企業のサステナビリティ活動に関する知見を提供し、アジアでビジネスを展開する企業のベンチマークとなることを目的としている。  初公表となった昨年は中国、香港、インド、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイの企業だけが対象だったが、2015年度から日本企業も対象に加わった。  今年度のトップに輝いたのはインドIT大手のウィプロだ。CSO(最高サステナビリティ責任者)のリーダーシップと詳細なサステナビリティ戦略により優れたコーポレートガバナンスとESG慣行を実践している点が高く評価された。  2位は台湾の半導体大手の、UMC(聯華電子)で、強固な水資源リスク管理が評価された。3位はインドIT大手のテックマヒンドラで、特に若年層へのテクノロジーや経営分野の教育、障害者への就業促進活動などが高く評価された。  4位から10位までは順に、タタコンサルタンシー・サービシズ(インド・IT)、インフォシス(インド・IT)、6. シティ・デベロップメンツ(シンガポール・不動産)、ユニリーバ・インドネシア(インドネシア・消費財)、ライトン・テクノロジー(台湾・電子機器)、TSMC(台湾・半導体)、エスオイル(韓国・エネルギー)となっている。インドのIT産業と台湾の製造半導体ファウンドリ産業が上位を独占する形となった。  日本企業からはNEC(14位)、アンリツ(21位)、花王(26位)、コニカミノルタ(27位)、東芝テック(31位)、凸版印刷(36位)、沖電気(41位)、富士通(43位)、テイ・エス テック(45位)が50位以内にランクインしている。トップ100には32社がランクインした。 【ランキング】Channel News Asia Sustainability Ranking 【参照リリース】Channel News Asia announces top performing Asian companies in its 2015 Sustainability Ranking 【企業サイト】Channel News Asia 【参考サイト】CSR Asia

» 続きを読む

【国際】世界で最も持続可能な都市、フランクフルトが1位に

Facebook Twitter Google+

オランダの建設エンジニアリング大手、アルカディスは2月9日、世界で最も持続可能な都市を選出するSustainable Cities Indexを公表した。同インデックスは世界31か国50都市について、人々の生活の質(People)、環境(Planet)、経済(Profit)という3つの分野におけるサステナビリティ指標を集計し、ランキング化したものだ。 世界で最も持続可能な都市に選ばれたのはドイツのフランクフルトで、次いで、ロンドン、コペンハーゲン、アムステルダム、ロッテルダムが上位5都市に輝き、ヨーロッパが上位を独占する形となった。 グローバル金融の中心地でもあるフランクフルトとロンドンは共に経済(Profit)のサステナビリティにおいて高く評価されたほか、フランクフルトは環境(Planet)分野でも首位に立ち、ロンドンは優れた医療制度と高等教育システムが評価され人々の生活の質(People)で上位を獲得し、それぞれ総合1位、2位に輝いた。日本からは東京が21位に選出されている。上位10都市は下記の通り。 1位:フランクフルト 2位:ロンドン 3位:コペンハーゲン 4位:アムステルダム 5位:ロッテルダム 6位:ベルリン 7位:ソウル 8位:香港 9位:マドリッド 10位:シンガポール 昨今、地球の都市化はますます進行している。現在世界人口の54%が都市で暮らしており、都市は世界の経済活動の7割と温室効果ガス排出の8割を担っている。同インデックスは、より持続可能な都市は人々の生活の質が高く、一人当たりの温室効果ガス排出量が少ないという事実を示している。 アルカディスにて英国都市担当役員を務めるKeith Brooks氏は「ユートピアのような都市など存在しない。今回の調査結果からも分かる通り、本当の意味でサステナビリティを実現するためには人々、環境、経済という3つの要素の間でいかにバランスを取るかが重要になってくる」と語った。 また、今回の結果からは、どの都市においても経済、環境面に対する取り組みと比較して人々の生活の質向上に対する取り組みが遅れているという傾向が垣間見える。Brooks氏は「とりわけアジア、中東、南米エリアの、経済面のサステナビリティに注力することで急速に発展を遂げてきた都市にとっての課題は、人々の生活を中心に考え、環境の悪化により生活の質向上に歯止めをかけないようにすることだ」と語る。 今後世界中で都市の居住人口がますます増えることが予想される中、どのように持続可能な都市づくりを進めていくかは経済、環境、社会の全ての面において非常に重要な課題となってきている。ランキングの詳細は下記から確認可能。 【報告書ダウンロード】Arcadis Sustainable Cities Index Report 【参照リリース】Sustainability of global cities held back by social factors, says new index

» 続きを読む

【香港】アリババグループが150億円規模の若者起業家育成基金を創設

Facebook Twitter Google+

中国でのEC業界最大手・アリババグループは、2月1日、香港の起業家を育成するために「香港若者起業家基金」を創設し、10億香港ドル(約150億円)を投ずることを発表した。アリババグループは基金を非営利で運営し、基金からの収益は全て基金を通じて再投資される。運営開始は2015年下半期を予定。 基金からの投資が受けられるのは、アリババグループが運営するプラットフォーム上で事業を行いたい香港の若者。アリババグループからの支援を受けられることで、香港の起業家は、香港で生み出される商品やサービスを中国大陸で販売していく仕組みを利用できるようになる。起業家の選定と投資先管理業務は、プロの投資家やコンサルタントの専門チームが担う。基金で支援される起業家は、資金だけでなく、技術サポートやトレーニングの提供も受けられる。専門チームが二人三脚で事業支援を行い、必要となるナレッジやアドバイスを提供していく。 アリババグループは、その他、優秀な香港の大学の卒業生200人に対し、アリババグループや取引先企業でインターンをする機会も提供する。香港の大学卒業生にとって、アリババグループでの勤務は中国大陸市場での貴重な業務経験となるため、将来のキャリア形成に有利に働くことになる。 今回の基金創設の背景について、アリババグループの馬雲代表は、「当社は『起業が難しくない世界を作る』という理念を掲げており、若者が起業家精神を養う支援をしていきたいと切に考えている。私たちは、この貴重な機会を提供することで、香港の若者が自分の事業を発展されていくことができるようにしたいし、それによって中国と香港の交流が進展することを願っている」とコメントしている。 アリババグループにとって、今回の基金創設のメリットは大きい。理念である起業家精神の向上もさることながら、若い起業家がアリババグループのプラットフォーム上で新規事業を開発してくれることはアリババ・グループ自身の事業の活性化に繋がる。また香港の優秀な若者をインターンとして確保することもできる。さらに、中国と香港の市場をリンクさせていていくことで、事業リスクとなる中国と香港の政治不安の解消にも繋がるかもしれない。アリババグループの戦略性が垣間見られる事例となりそうだ。 【企業サイト】アリババグループ

» 続きを読む

【香港】アジアのサステナビリティ投資市場は449億USドル。年間22%成長。

Facebook Twitter Google+

アジアのサステナビリティ投資市場が順調に成長している。The Association for Sustainable & Responsible Investment in Asia(以下、ASrIA)が先月公表した報告書”the 2014 Asia Sustainable Investment Review”によれば、2013年末までに日本を除くアジア諸国のサステナビリティ投資の合計額は449億USドルに達しており、2011年以降、投資総額は年率22%で成長しているとのことだ。 アジア全体の経済成長率は近年鈍化しつつあるものの、それとは対照的にサステナビリティ投資の市場規模は大きく成長していることを示している。 同報告書はASrIAが金融機関大手のクレディ・スイスやFTSEらの支援を受けてアジアにおけるサステナビリティ投資の最新動向を調査したもので、クリーンエネルギー投資、グリーンボンド、環境保全投資、インパクト投資という注目が高まりつつある4つの投資分野も網羅している。調査対象国は中国、香港、インド、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイ、ベトナムの11か国。 同報告書によれば、日本を除くアジア諸国のサステナビリティ投資市場の総額は449億USドルで、2011年以降年率22%のペースで成長しており、市場規模の上位を占める国々の内訳は下記の通りだった。 マレーシア(34%) 香港(25%) 韓国(19%) シンガポール(13%) また、2011年以降サステナビリティ投資市場が最も成長している国は下記の通り。インドネシアが最も高い成長率を見せている。 インドネシア(年率39%) シンガポール(年率38%) 香港(年率24%) その他、アジアにおける最新のサステナビリティ投資戦略の特徴は下記の通り。 最も一般的なサステナビリティ投資戦略はESG投資(ESG要因の投資基準への統合)で、資産全体の52%に相当する234億USドルを占めている。(ネガティブスクリーニング投資は全体の37%に相当する166億USドル) マレーシアとインドネシアにおけるイスラム金融がネガティブスクリーニング投資の総資産に大きく貢献している。 シンガポール、香港、ソウルのような国際金融センター、そしてマレーシア政府がイスラム金融市場の拡大を支援しているクアラルンプールが調査回答者の大部分を占めており、資産全体の90%を占めている。 気候変動は投資家にとって重要課題であり、特定の環境課題に対する投資の重要性が高まっている。回答者の62%が2年以内に気候変動リスクはより重要となると回答している。 2013年にはアジア開発銀行や韓国の政府系金融機関KEXIM(韓国輸出入銀行)がアジア地域で初となるグリーンボンドを発行したほか、中国やインドネシアなど各国政府もグリーン投資イニシアチブを開始するなど、サステナビリティ投資の裾野は欧米だけではなくアジアにおいても確実に広がりつつある。レポートは下記からダウンロード可能。 【レポートダウンロード】the 2014 Asia Sustainable Investment Review 【団体サイト】The Association for Sustainable & Responsible Investment in Asia

» 続きを読む

【香港】CSRアジアサミット2014が開催、500名以上が集まる

Facebook Twitter Google+

9月16、17日にかけて、CSRアジアが主催するCSRアジアサミット2014が香港で開催された。CSRアジア10周年となる今年のサミットは過去最大規模となる31ヶ国、528名の参加者が集まり、2日間に渡って様々なトピックについて議論した。参加者は欧米企業のアジア地域CSR責任者、アジア企業のCSR責任者、アジアのCSRコンサルタント、NGO関係者まで幅広く、非常に活気の溢れる2日間となった。 10年目となる今年の主なテーマは、過去10年間のアジアにおけるCSR実践を振り返りつつ、次の10年に向けてアジアのCSRはどう変わっていくのかについて議論を深めること。テーマごとの分科会ではサプライチェーン、人権、気候変動、レポーティング、ESG投資、スキルベースド・ボランティア、サステナビリティ戦略、インパクト測定、インクルーシブ・ビジネス、従業員エンゲージメント、NGO連携などあらゆるテーマが話し合われ、欧米企業のアジアCSR責任者、アジアの大手企業CSR責任者、NGOの代表らプレゼンテーションやパネルディスカッションを行い、参加者らと活発に意見交換を行った。 分科会では欧米企業のCSR責任者らに対して積極的に質問を投げかける中国、香港などアジア企業の担当者の姿が印象的だった。今回はパネラーの多くを欧米企業の担当者が占める形となったものの、"Sustainable Luxury Vision 2020"というビジョンを掲げてサステナビリティに取り組むThe Hongkong and Shanghai Hotels(香港&上海ホテルズ、ペニンシュラなどを運営)などをはじめ、アジア企業の中にも確実にサステナビリティの波が浸透しつつあることを実感させる内容だった。 サミット当日には、Channel NewsAsia、CSRアジア、Sustainalyticsの共同のもと、アジアでは初となるサステナビリティランキング、"Channel NewsAsia Sustainability Ranking"も発表された。同ランキングはアジアの中でもっともサステナビリティ・パフォーマンスに優れる企業トップ100社を格付けしたもので、国ごとのトップ3も紹介された。残念ながら日本については同ランキングの格付対象外となっている。 また、最終日のセッションでは今回のサミットの中でも特に盛り上がりを見せていたサステナビリティ報告の話題についても触れられ、CSRアジアの代表を務めるRichard Welford氏は「ほとんど読まれもしないような100ページ以上の報告書をただ作るだけではもう十分ではない。情報開示の義務化やステークホルダーからより見やすさを求められる中で、我々はいかに私たちのメッセージを伝えるかについて革新的に考える必要がある」と述べ、現状のサステナビリティ報告を未来に向けてよりよくしていく意思を共有した。 次回のCSRアジアは来年10月7、8日にマレーシアのクアラルンプールで開催される予定だ。Sustainable Japanのイベント当日レポートは下記から。 【イベントレポート】【戦略】アジアCSRの最新事情 CSRアジアサミット2014参加レポート 【企業サイト】CSR Asia 【参考サイト】Channel NewsAsia Sustainability Ranking

» 続きを読む

【9/16・17 香港】CSRアジア・サミット2014が開催!

Facebook Twitter Google+

CSRアジアが毎年主催しているアジア最大規模のCSRカンファレンス、CSRアジア・サミット2014が今年は香港で開催される予定だ。CSRアジアの創立10周年となる今年は「アジア太平洋における過去10年間の責任あるビジネスの軌跡と今後の持続可能な社会に向けた展望」がメインテーマ。 分科会では共通価値(Shared Value)とインクルーシブ・ビジネスに関連した開発課題や戦略、またサプライチェーンの課題、地球規模の環境課題など、様々なテーマが取り上げられる予定となっている。アジアの先進企業やCSR専門家と現状や今後の方向性などについて意見交換できる貴重な機会なので、興味がある方はぜひ参加してみて頂きたい。 開催概要 日時:2014年9月16日(火)・17日(水)の2日間 場所:香港 カオルーン シャングリ・ラ ホテル 参加者数:約600人(企業の経営者、CSR実務者、学識者、NGOなど) 参加費用:CSRアジアHPを参照 前日ワークショップ・研修 サミット前日の9月15日(月)には、6つのテーマを取り上げ、半日のワークショップ・トレーニング(研修)を実施予定。講師陣はアジアにおけるCSRのエキスパートを予定(使用言語:英語) CSV(Creating Shared Value) サプライチェーンの責任 戦略的なコミュニティ投資 レポーティングとコミュニケーション CSR戦略の構築と実践 インクルーシブ・ビジネスと社会的企業 詳細・お申込み 下記からどうぞ。 CSRアジア・サミット2014 CSR Asia Summit 2013の様子 参考までに、去年にタイのバンコクで開催されたCSR Asia Summit 2013の様子もご紹介しておく。ぜひアジアのCSRの熱気を現地で感じてみてはいかがだろうか?

» 続きを読む
2014/07/16 行動する
ページ上部へ戻る