【香港】証券先物事務監察委員会、第3次ファンドマネージャー倫理規定(FMCC)施行

Facebook Twitter Google+

 香港証券先物事務監察委員会(SFC)は11月17日、第3次ファンドマネージャー倫理規定「Fund Manager Code of Conduct(FMCC)」を施行した。今回の倫理規定では、貸株・レポ取引、ファンド資産のカストディ、流動性リスクマネジメント、ファンドマネージャーによるレバレッジの情報開示等が主な内容。香港当局からタイプ9(アセットマネジメント)免許を取得している全企業が対象となる。違反企業には罰金が科せられる。  香 [...]

» 続きを読む

【香港】行政長官、電子たばこ禁止法導入方針を発表。若年層の喫煙助長を懸念

Facebook Twitter Google+

 香港のキャリー・ラム行政長官は10月10日、電子たばこの使用を禁止する方針を発表した。電子たばこについては、若者の喫煙を助長するとの懸念が世界的に高まっておりげ現在27ヶ国・地域以上で電子タバコの使用は禁止されている。香港政府も世界保健機関(WHO)の提言に基づき、使用を禁止する方針。  香港は喫煙者の割合が低い地域として知られており、のたばこ市場規模は現在12億香港ドル(約170億円)。そのうち電子たばこ等が5億香港ドルを占める。 [...]

» 続きを読む

【香港】香港証券先物委、グリーンファイナンス戦略フレームワーク発表。TCFDにも言及

Facebook Twitter Google+

 香港証券先物委員会(SFC)は9月21日、香港市場でのグリーンファイナンスの進展に向けた戦略フレームワークを発表した。企業に気候変動リスクと機会を中心とした環境情報の開示を促すとともに、運用会社が投資意思決定プロセスやリスクアセスメントにおける環境考慮の度合いをアセットオーナーに明らかにする政策導入を検討していく。香港金融市場は、グリーンファイナンスやESG投資の領域で世界をリードする動きも強めている。  また同委員会は、国際的に競 [...]

» 続きを読む

【香港】KPMG China、香港上場企業経営者へのESGアンケート結果公表。認識が大きく向上

Facebook Twitter Google+

 KPMG Chinaは9月13日、香港上場企業の経営陣212人を対象としたESG観点のアンケート調査結果報告書を公表した。報告書作成は、香港電力大手CLPグループ(中電)と香港特許秘書公会も協力した。  ESGへの認識に関する質問では、38%が「事業の中核要素」と、30%が「長期投資家に対する価値創造であり事業のにとって良い効果」と回答。68%が事業にとってESGは良い効果をもたらすとした。また18%は「PRやマーケティング上のレピ [...]

» 続きを読む

【香港】H&M財団と香港研究所HKRITA、コットンとポリエステルの混紡布地リサイクル施設オープン

Facebook Twitter Google+

 アパレル世界大手スウェーデンH&MグループのH&M財団は9月3日、香港繊維アパレル研究開発センター(HKRITA)と共同で、初となる繊維リサイクル施設を香港に2ヶ所設立すると発表した。ジュネーブ国際発明賞金賞を受賞した熱水処理リサイクル技術を用いて、コットンとポリエステルを分離し、個々の繊維の品質を下げずにリサイクルできる。  これまで混紡布地の分離は難しかったが、2016年にH&M財団とHKRITAが4年間のパートナーシップを締結 [...]

» 続きを読む

【香港】政府、グリーンボンド発行計画を公表。最大1.4兆円規模。社債発行助成政策も表明

Facebook Twitter Google+

 香港特別行政区政府は2月28日、グリーンボンドを最大1,000億香港ドル(約1.4兆円)発行する計画を明らかにした。2018年から2019年の発行を予定。正式手続のため香港特別行政区立法会での審議に入る。使途は政府による環境プロジェクト実施。香港政府は、香港の金融市場の活性化に取り組んでおり、今回同時に香港での社債発行に助成金を支給する政策も発表。香港政府自身によるグリーンボンド発行は大きな政策の一翼を担うと見られる。  今回の発表 [...]

» 続きを読む

【香港】香港品質保証局、グリーンファイナンス認証創設。グリーンボンドやグリーン融資対象

Facebook Twitter Google+

 香港品質保証局(HKQAA)は1月3日、グリーンファイナンス認証制度を新たに創設したと発表した。グリーンボンド等のグリーンファイナンス金融商品のセカンドオピニオンを提供する。  香港品質保証局のグリーンファイナンス認証は、国際資本市場協会(ICMA)のグリーンボンド原則(GBP)、国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)のクリーン開発メカニズム(CDM)、中国人民銀行のグリーンボンド・プロジェクト・カタログ、国際標準化機構(ISO)の [...]

» 続きを読む

【香港】オックスファム、食品企業大手61社の2014年度サステナビリティ評価を実施

Facebook Twitter Google+

 国際NGOオックスファム・インターナショナルの香港支部オックスファム香港は10月17日、CSRコンサルティングのCSRアジアと共同で、香港の食品大手のサステナビリティ評価結果を発表した。対象となったのは香港証券取引所に上場する食品関連企業61社。2014年度のホームページ等公開情報を元に企業を評価。100点満点で30点以上を獲得した企業は3社しかなかった。  今回の調査は、GRIガイドラインを基に、二酸化炭素排出量、エネルギー消費量 [...]

» 続きを読む

【香港】中国建設銀行とIBM、ブロックチェーン技術を活用した保険販売業務を今年中にも開始

Facebook Twitter Google+

 中国銀行大手中国建設銀行の香港部門、中国建設銀行(アジア)と米IT大手IBMは9月20日、ブロックチェーン技術を活用した銀行での保険販売サービス(バンカシュアランス)を香港で提供していくと発表した。IBMが企業向けサービスとして開発した「IBMブロックチェーン・プラットフォーム」を活用し、バンカシュアランスの業務効率を上げ、顧客満足度を高めていく。  バンカシュアランスは、保険販売の際の顧客の審査に時間がかかっていたが、ブロックチェ [...]

» 続きを読む

【香港】税関、密輸象牙7.2トンを押収。香港が密輸象牙の流通中継地となっている実態

Facebook Twitter Google+

 香港税関は7月6日、マレーシアから到着した貨物船のコンテナの中から過去30年間で最大規模となる密輸象牙7.2tを押収したと発表した。時価総額900万ドル(約10億円)相当。    象牙商品の流通では、印鑑等として販売されている中国と日本が二大大国。象牙製品で使用される象牙は世界的にアフリカゾウのものが多く、高単価で取引されているアフリカゾウは密猟が絶えず、1989年に絶滅危惧種の国際取引を規制するワシントン条約に登録され、それ以降国 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る