【アメリカ】議論を呼ぶ遺伝子組み換え食品への規制を強めるワシントン州の法案522

Facebook Twitter Google+

有機農法や持続可能な農業の提唱者Phillipe van den Bossheが、ワシントン州のGMO(遺伝子組み換え作物)ラベリングについて、「消費者の利益を確保するために、ラベリングの議論は行われるべきで、消費者は何を買うべきか最良の選択を行うだろう。」と語った。同氏は、有機農業・園芸のコンサルティング会社Advancing Eco Agricultureの社長でもある。現在、ワシントン州では、遺伝子組み換え作物を用いた食品に表示されるGMOラベリングを強化する州法案522が議論を生んでいる。遺伝子組み換え作物の人体や環境への影響は科学者や専門家の間でもいまだに意見が分かれている。しかし、法案522が可決されれば、アメリカの州レベルだけでなく、全米レベルでGMOラベリングに対する考え方が大きく変わることが予想される。遺伝子組み換えという技術を用いた農法の最大の特徴は、生産にかかるコストダウンによる食品価格の値下げにある。日本でも、低価格の食品がスーパーや外食産業で提供されているが、そこに、GMOラベリングが導入された場合の消費者心理への影響も考えなければならない問題だ。【企業サイト】Advancing Eco Agriculture

» 続きを読む
2013/12/05 最新ニュース

【アメリカ】リーバイ?ストラウス&カンパニー、使い捨てファッションへのアンチテーゼとなる新世代コレクション

Facebook Twitter Google+

アメリカのリーバイ?ストラウス&カンパニーは、新世代のコレクションDockers® Wellthreadを発表した。 本コレクションは、使い捨てファッションへのアンチテーゼとして、ポケットやボタン穴など細部に渡って耐久性にこだわったもの。生産段階では染色技術の向上により、水やエネルギーの使用を極力減らすことに成功した。素材には綿100%で再利用が容易な特殊繊維を開発し、導入している。 同社の企業理念は160年前の創業時から変わらず「持続可能な真の変化と収益性を両立する努力。そして、商品を作るアパレル労働者の幸福をサポートすること。」だという。その理念に基づき、社会的・環境的に持続可能な商品の開発に積極的に取り組む活動には、見習う点がある。 【企業サイト】Levi Strauss & Co

» 続きを読む
2013/11/28 最新ニュース

【アメリカ】サステナビリティを学ぶイベント「第12回グリーンフェスティバル」が開催

Facebook Twitter Google+

アメリカ・サンフランシスコで11月9・10日、サステナビリティについて学ぶイベント「第12回グリーンフェスティバル」が開催された。グリーンフェスティバルは、世界最大のグリーン製品、グリーンサービスの祭典。数多くの企業やNPOが出展し、企業向けの製品・サービスだけでなく、家庭用や学校向けの最新アイテムもたくさん紹介された。フォード社のハイブリッドカーをテストドライブすることができる体験イベントなどの興味深い催しも行われた。主催団体・グリーンアメリカのディレクターのデニス氏は「サンフランシスコはサステナビリティの分野で革新的なリーダーを輩出している土地」と今回のフェスティバルを評した。サステナビリティ関連のイベントやフォーラムは、参加費が数百ドルするものが多い中、グリーンフェスティバルは1日10ドルとリーズナブルな価格設定。サンフランシスコ市民からの週末を利用した参加も数多くあったようだ。最新の製品動向やテクノロジーを知ることは、自社のイノベーションをより短期により効率的に成し遂げることに大きく寄与する。今後、このようなマーケットプレイス型の低額イベントが増えると、大きなプロモーションが期待できそうだ。【フェスティバルサイト】Green Festival

» 続きを読む
2013/11/25 最新ニュース

【アメリカ】持続可能な社会づくりに向けたキャンペーン「spread the GOODness」

Facebook Twitter Google+

アメリカの企業のCSR活動、環境活動に対するサービスを提供するSocially Good Business (SGB)は、米国内のコミュニティを前向きに変えるためのキャンペーン「spread the GOODness」を開始した。spread the GOODnessは、インターネットによるクラウドファンディングを活用する。本キャンペーンの特徴は、賛同者から少額の寄付金を募り集まったお金を新たな教育システムなどを立ち上げる資金にして社会に還元するという。SGBではまず$10,000を最低目標に、それを「持続可能な消費とコミュニティシステム」という学校用の教育カリキュラム作りにあてたい意向だ。本キャンペーンに貢献した企業や組織にはグランプリ賞も授与され、賛同企業のひとつであるCSRwireの発行するプレスリリースによって報道もされるという。主旨に賛同したCSRwire, Imperative, TerraCycle, and TheGreenOffice.com等の企業とも連動した活動を行う。【キャンペーンサイト】spread the GOODness

» 続きを読む
2013/11/06 最新ニュース

【フランス】化粧品のグローバル大手L’Oréalが2020年へ向けたサステナビリティへの決意表明

Facebook Twitter Google+

フランスに本社を持つ化粧品のグローバル大手L'Oréalは、2020年までに行うサステナビリティ(持続可能性)への取り組みに関する新たな決意を発表した。 同社が掲げたスローガンは、「すべての人との美の共有」。このスローガンはさらに4つの具体策から構成される。 第1番目に2020年までに全製品を環境と社会的利益のあるものにするという。これにより製品パッケージなどもすべてエコフレンドリーな仕様となる。 第2番目には全工場などにおけるCO2の排出や、産業廃棄物を60%に削減することなどを宣言している。 第3番目として、製品に付属する解説書などに持続可能性を考えた生活提案を盛り込み、消費者へも啓蒙活動を行うとしている。 第4番目として、世界中の従業員に対し、環境問題や持続可能性に対する教育活動を徹底させるとしている。 こうした取り組みへ向け同社では、世界中から環境問題や持続可能性に関する専門家や有識者を集め、アドバイスを仰ぐという。 今回発表したL'Oréalのサステナビリティ発表の醍醐味は、化粧品業界に纏わるセンシティブなテーマにあえて触れている点だ。発表ページの中で、L'Oréalの上級副社長は、動物実験、内分泌かく乱物質という微妙な問題について堂々と状況を説明している。サステナビリティの中で、社会や環境に対しての企業の関心を言葉にするとき、企業側が伝えたいこと以上に、聞き手が気になっていることに対して正面から向き合うことは難しいけど大事なことだ。また、聞き手には、最終消費者だけでなく、最終消費者に情報を発信している中間のジャーナリストやブロガーがいる。こういう人たちが何を意識しているかを察知し、発信をしていくことが信頼を得る大きな要素となるだろう。 【企業サイト】L'Oréal

» 続きを読む
2013/11/01 最新ニュース

【アメリカ】顧客ロイヤルティを獲得するためのCSR戦略レポート

Facebook Twitter Google+

アメリカのロイヤルティ・マーケティングなどマーケティング戦略を提供するLoyalty 360は、企業向けにCSRの観点から消費者との関係についてまとめたレポート「Corporate Social Responsibility: Making a Difference for Customer Relationships」を提供開始した。本レポートは、企業のCSR活動をとおして消費者と長期的に良好な関係を築くことを目的としてまとめたレポート。特徴は、Patagonia、AIMIA、Kula Causes、IRI Worldwide、PlanGといった産業界のリーダー企業たちが「消費者と長期的な関係性を築くためのCSRの在り方」について触れているもの。Loyalty 360のCEOは、「企業のCSR活動は、消費者にとってとても重要なものになっている。それによって買う相手を選んでいるのだ」と語る。さらに「企業基盤を盤石にすることだけでは、もはや消費者にとって十分ではない。CSR活動を正しく行うことは、企業の社会的な責任を果たすだけでなく、それが会社のDNAになり同時に顧客獲得につながるのだ」という。このレポートには、こうした社会的状況を踏まえ、企業にとって重要な顧客ロイヤルティを獲得するためのCSR戦略がまとめられている。CSRブランディングがどれだけ販売向上に貢献するのかについては賛否両論がある昨今。アメリカのマーケティングコンサルティング企業がまとめた統計や結論から得られる示唆は多い。レポートは必要事項を記入すれば無料でダウンロードできる。【レポート紹介サイト】Corporate Social Responsibility: Making a Difference for Customer Relationships【企業サイト】Loyalty 360

» 続きを読む
2013/11/01 最新ニュース
ページ上部へ戻る