【国際】EICC、電子業界サプライチェーン上の強制労働の撲滅に向け行動規範を改訂

Facebook Twitter Google+

 アップルやサムスンなど、名だたる大手電子機器企業らが加盟する電子業界のサステナビリティ向上イニシアチブ、EICC(Electronic Industry Citizenship Coalition)が、他の業界に先駆けて積極的にサプライチェーンの人権問題に取り組んでいる。EICCは4月8日、2015年の優先課題として位置づけている強制労働の撲滅に向け、同団体の行動規範を改訂、強化すると発表した。  2014年に会員企業に批准され、今 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る