【国際】企業の87%が従業員エンゲージメントの危機に直面。デロイト調査

Facebook Twitter Google+

 米コンサルティング大手のデロイトが3月4日に公表した「グローバル・人的資本のトレンド報告書2015年度版」によると、世界の人事責任者・管理職の87%が従業員エンゲージメントの欠如を最優先課題と認識していることが明らかになった。複雑化する現代の職場環境において、従業員のやる気維持やリーダーシップ向上が大きな課題となっていることが浮き彫りになった形だ。  今年で3年目となるこの報告書は、106か国、3,300名以上の人事責任者および管理 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る