【アメリカ】The Christian Science Monitor、Twitterユーザーに向けてSRIの有効性を再確認するチャットを実行

Facebook Twitter Google+

アメリカのThe Christian Science MonitorとSRI Conferenceは、2013年12月11日、CSRwireと協同で、SRIの有効性についての公開チャットをTwitterで行った。The Christian Science Monitorは国際報道機関。本チャットには、SRI業界のベテランであるThe Christian Science Monitor編集ディレクターのSteve Schueth、倫理学、宗教学にも造詣の深いSRI Conference共同創業者のG. Jeffrey MacDonaldが参加した。SRIやサステナビリティの動きはグローバルなネットワークを形成しつつ拡大している。今回のTwitterチャットの試みは、全世界中の人たちがディスカッションを見ることができるとともに、その場に気軽に参加することも可能。セミナー形式に比べて議論の展開が遅くなったり、顔が見えないというデメリットもあるが、世界中の視聴者との一体感をつくり上げることには長けている。業界の専門家が議論をリードしつつ、一般参加者も巻き込んでいくという新たな試みだった。【企業サイト】The Christian Science Monitor

» 続きを読む
2013/12/20 最新ニュース

【アメリカ】大学と証券会社が持続可能な社会実現に向けた奨学金制度を設立

Facebook Twitter Google+

アメリカのコロンビア大学ビジネススクールと大手証券会社モルガンスタンレーは、持続可能な社会のための次世代のリーダーを育てる奨学金制度を発表した。この奨学金制度は、コロンビア大の大学院生に持続可能な経済成長に役立つ研究に参加できるチャンスを与えるものである。選ばれた学生は奨学金を受けるだけでなく、コロンビア大学ビジネススクールのメンバーたち調査やモルガンスタンレーのインターンシップに参加することができる。モルガンスタンレーのCEOでコロンビア大学ビジネススクール出身のJames Gorman氏は「この奨学金制度で、学生たちは教室で学んだ理論が実世界でどれぐらい役立つかどうかを知る機会を得るだろう。」と語っている。世界を代表する証券会社とビジネススクールのコラボレーションは、大学院生にとって実社会と学問を結びつけて考えられる大きなチャンスとなる。また、コロンビアビジネススクールにとっても、学生にとって魅力的なコンテンツを用意することで、プログラムの競争力を上げることができる。【ビジネススクールサイト】Columbia Business School【企業サイト】Morgan Stanley

» 続きを読む
2013/11/21 最新ニュース
ページ上部へ戻る