【アメリカ】議決権行使助言会社、米コーポレートガバナンス改革・透明法案に反発

Facebook Twitter Google+

 米議決権行使助言ISSと米機関投資家評議会(IIS)は10月2日、現在連邦上院で審議が進む「2017年コーポレートガバナンス改革・透明法案」に対し反対を呼びかけるウェブサイト「Tell Congress No On H.R. 4015」を開設した。同法案は、議決権行使助言会社に対し、米証券取引委員会(SEC)への登録、潜在的な利益相反についての情報開示、倫理規定、助言内容策定の方法論の公開を義務化する内容が含まれている。  議決権行 [...]

» 続きを読む

【国際】議決権行使助言会社自主規制機関BPPG、現行業界原則BPPへの意見募集開始

Facebook Twitter Google+

 議決権行使助言会社の自主的規制機関Best Practice Principles for Shareholder Voting Research Group(BPPG)は10月11日、「Best Practice Principles for Shareholder Voting Research(BPP)」の実施状況と見直しの必要性を判断するため、幅広い関係者からフィードバックを受け付けると発表した。締切は今年12月15日。   [...]

» 続きを読む

議決権行使助言会社

Facebook Twitter Google+

 議決権行使助言会社とは、一般投資家や機関投資家に株主としての議決権行使についてアドバイスを行う企業のことで、財務、会計、法律の専門家を擁して投資先企業の分析、コンサルティング、議決権行使における助言業務を行っています。大手としては1985 年に設立された米国のInstitutional Shareholder Services(ISS)や2003年に設立されたGlass, Lewis & Co.が挙げられます。これらの企業はグローバ [...]

» 続きを読む
2015/08/31 辞書
ページ上部へ戻る