【アメリカ】2013 EthicMark Awardsが発表、大賞はペルーの工科大とフィリップス社

Facebook Twitter Google+

アメリカ・コロラド州にてワールドビジネスアカデミー主催「第24回SRIパートナーズ会議」が10月28日に行われ、2013 EthicMark Awardsが発表された。公共の利益と正当な営業利益を両立する斬新な実地広告を目的とする賞では、非営利部門でペルー・リマの工科大学、営利部門でフィリップス社が今年度の受賞者となった。 出所:Draftfcb 工科大は、広告代理店と連携し、沿岸の多湿荒地に看板を製作。空気から水をつくる技術を用いた看板は、環境的関心の高いエンジニア学生の雇用促進を狙ったもの。1日に飲料水100リットルを生成するという。フィリップス社は、ビデオ作品の“アフリカのフィリップ・ライトセンター”で受賞。小さなサッカー場ほどの大きさのセンターにソーラーLEDを採用し、スポーツ、医療クリニック、教育、社会的なイベント、および商取引などさまざまな活動のために使用するというものだ。バッテリーは4〜5年に一度変えるだけで済むという。 リマ工科大学が受賞した水製造看板は、すでにペルー国内の砂漠地帯で実用化されている。砂漠地帯では飲料水の確保が難しく、ポータブルタイプで簡単に水製造が可能なこの装置は、設置コストも少ないため普及が容易。そのため、すでに市民の飲料水基地として親しまれている。以前、日本には井戸があった。井戸は地下水を組み上げて飲料水として用いるが、今回の看板は空気中の水分を集めて飲料水化する。井戸よりも可能性の高い新たな「井戸」に期待したい。 【EthicMark® Awards紹介サイト】EthicMark® Awards(リンク先はワールドビジネスアカデミー公式サイト内)

» 続きを読む
2013/11/15 最新ニュース

【アメリカ】大手化学製品メーカー、STEM教育の底上げ目的の助成金制度実施

Facebook Twitter Google+

アメリカの総合化学品メーカーThe Dow Chemical Companyは、CSR活動の一環としてSTEM分野の研究をサポートする目的で新たな助成金制度を発表した。これは、ブリストル、ニューアーク、スピリングハウスにある3つのコミュニティー諮問委員会(CAC)が選定にあたる。この助成金制度の対象となるのは、科学/技術/エンジニアリング/数学のSTEM分野において革新的で社会的な影響が見込める研究や取組みなど。同社の分析によれば、アメリカの製造業の労働者不足はSTEMスキルの欠落に起因するものだという。今回の助成金制度を発表した理由は、こうしたギャップを解消するためだとしている。2014年度の助成金対象団体をいくつか挙げておこう。Bristol Township School District:ブリストルの公立小学、中学、高校をサポートする団体。Girls, Inc. of Delaware:少女たちの教育支援団体など。各団体は助成金を利用して新たな教育システムの導入などを行う。【企業サイト】The Dow Chemical Company

» 続きを読む
2013/11/07 最新ニュース

【アメリカ】Konica Minolta Business Solutions U.S.A.中期的環境計画「Three Green Activities」発表

Facebook Twitter Google+

アメリカのKonica Minolta Business Solutions U.S.A.は、向けにCSRレポート「CSR Report 2013」を発表した。 CSR Report 2013は、を対象としたのCSRレポート。特徴は、社会的意義や優先度の高いトピックを中心にソリューションを提供するというもの。内容は、事業活動全体をとおして社会の質を向上させ新しい価値を創造しることを約束している。中期的環境計画として「Three Green Activities」の活動をあげており下記が内容。 グリーンプロダクツ認定制度:環境に配慮した製品の開発を促進する。 グリーンファクトリー認定制度:生産拠点での環境活動を総合的に評価する。 グリーンマーケティング活動:世界中に販売会社が地元地域の環境活動計画を作成し実行する。 Konica MinoltaBusiness Solutions U.S.A.の親会社は、御存知の通り、日本のコニカミノルタ。ビジネスがグローバル化してきている中で、英語によるCSRレポートを丁寧に書いていることは評価できる。一方で課題も多い。レポートの冒頭の特集記事では、アジア圏で輸出入が激増していることが、企業の書類作成の負荷を大きく挙げていることが取り上げられている。コニカミノルタが持つデジタル複合機のニーズはアジア圏で向上していることも頷ける。だが、そのビジネス環境下での戦略とCSRレポートで書かれている内容がいまいち結びつかない。そのため、企業戦略とサステナビリティ戦略の関連性が伝わってこない。 企業が競争に勝ち抜いていく中で「Three Green Activities」が今なぜ必要なのか。その部分の説明があると、読み手にとってわかりやすく、支持しやすい内容になる。 【CSRレポート】CSR Report 2013 【企業サイト】Konica Minolta Business Solutions U.S.A.

» 続きを読む
2013/11/01 最新ニュース
ページ上部へ戻る