【国際】トランスペアレンシー・インターナショナル、2017年腐敗認識指数(CPI)公表。日本20位

Facebook Twitter Google+

 腐敗・汚職防止に取り組む国際NGOトランスペアレンシー・インターナショナルは2月21日、2017年の「腐敗認識指数(Corruption Perception Index:CPI)」を発表した。同指数は、各国の政治家と公務員の腐敗関与に関する認識を数値化しランキングしたもの。1995年から発表を開始し、今回が18回目。0から100までのスコアで表され、0に近いほど汚職・腐敗度が高い。今年は180ヶ国・地域が調査対象。スコアは過去2年間の腐敗認識を調査・評価したもので、12機関による13種類のデータを用いている。  今年度の結果からは、過去6年間、多くの国で汚職・腐敗防止の努力がほとんどなされていないか全くないことが明らかとなった。特に憂慮すべきは、言論の自由やNGOや市民組織の活動が保護されていない国ほどCPIが低い点。全180ヶ国・地域の平均CPIは43。3分の2の国・地域が50以下だった。コートジボワールやセネガル、英烏哭のように過去6年間でCPIが改善した国がある一方、シリアやイエメン、オーストラリアはCPIが下がった。 2017年の高CPI国 ニュージーランド(89) デンマーク(88) フィンランド(85) ノルウェー(85) スイス(85) シンガポール(84) スウェーデン(84) カナダ(82) ルクセンブルク(82) オランダ(82) 英国(82) 2017年の低CPI国 ソマリア(9) 南スーダン(12) シリア(14) アフガニスタン(15) イエメン(16) スーダン(17) リビア(17) ギニアビサウ(17) 赤道ギニア(17)  地域別では、最もスコアが高いのは西欧諸国で平均66、逆に低いのはアフリカのサブサハラ諸国(平均32)、東欧・中央アジア(平均34)。日本は20位で昨年より2つ順位を落とした。米国16位、フランス23位、台湾29位、韓国51位、イタリア54位、中国77位。  また、トランスペアレンシー・インターナショナルは、ジャーナリスト保護委員会のデータを用いて、CPIスコアと言論の自由やNGO・市民組織の活動状況の関係についても分析した。2012年以降のジャーナリスト殺害のケースのほとんどが低CPI国で起きている。9割のジャーナリスト殺害事件はCPIスコアが45以下の国で起こり、また殺害された5人に1人は汚職・腐敗に関する特集を担当していた。例えばブラジルのスコアは37で、過去6年で20人ものジャーナリストが殺害されている。  CPIと市民組織の活動の自由の関係については、非営利団体World Justice Projectのデータを用いて分析された。結果、市民組織の活動が制限されている国ほどCPIが低いことが分かった。例えばハンガリーのCPIスコアは2012年の55から2017年は45まで悪化。現在議会で検討されている法案が通過するとNGOの公益団体としてのステータスが剥奪されるリスクがある。ハンガリーでは過去NGOの資金集めを制限するような制度が法制度化されており、状況の悪化が懸念されている。 【参照ページ】CORRUPTION PERCEPTIONS INDEX 2017 SHOWS HIGH CORRUPTION BURDEN IN MORE THAN TWO-THIRDS OF COUNTRIES 【ランキング】CORRUPTION PERCEPTIONS INDEX 2017

» 続きを読む

【国際】2015年度の腐敗認識指数(Corruption Perception Index)が公表。日本は18位

Facebook Twitter Google+

 腐敗・汚職の防止に取り組む国際NGOのトランスペアレンシー・インターナショナルは1月27日、2015年版の腐敗認識指数(Corruption Perception Index)を発表した。同指数は、各国の公的部門と民間部門との関係における腐敗度を調査と評価により数値化してランキングしたものだ。  非常に腐敗していると認識された場合が0、非常に清廉と認識された場合が100となり、今年は調査対象となる168カ国のうち3分の2が50点未満となった。2015年のデータは過去2年間にわたる腐敗の認識を調査・評価したもので、11機関による12種類のデータソース(情報源)に依拠している。  腐敗は未だ世界中で蔓延しているものの、今年はスコアを上げた国の方が下げた国よりも多く、人々の腐敗に対する闘いが一定の効果を上げていることが分かった。今年の上位10か国はデンマーク(91点)、フィンランド(90点)、スウェーデン(89点)、ニュージーランド(88点)、オランダ、ノルウェー(87点)、スイス(86点)、シンガポール(85点)、カナダ(83点)、ドイツ、ルクセンブルグ、英国(81点)で、日本は18位(75点)、米国は16位(76点)だった。また、韓国は37位(56点)、中国は83位(37点)、最下位の北朝鮮とソマリアはそれぞれが8点という結果となった。  調査および評価方法の概要は下記の通り。1)公共分野での腐敗を数値化、2)信頼性・妥当性のある方法で多数の国を同一の尺度で評価、3)信用度の高い機関による調査と定期的な再調査、4)国家間の差異を明らかにするのに十分な多様な尺度の適用、5)少なくとも3種類のソースを基にし、それを平準化したスコアの平均を算出。  トランスペアレンシー・インターナショナルは上位の国々の特徴として、「高度なレベルの報道の自由」「予算に関する情報へのアクセスが容易で人々が資金の出所や使途を知ることができる」「権力者の健全性」「富裕層と貧困層を区別しない司法制度」「司法制度が他の政府部門から独立している」「国民が指導者に責任を取らせることができる開かれた政府の存在」などを挙げている。  しかし、自国内では清廉度が高くても、他国では腐敗行為をしている場合もある。例えば昨年はスウェーデン・フィンランド資本の大手通信企業、テリアソネラ(TeliaSonera)によるウズベキスタンでの贈収賄事件などがあり、注意が必要だという。  また、下位の国の特徴としては「紛争や戦争」「政府の統制力の弱さ」「警察や裁判所等の公共機関の脆弱性」「メディアの独立が確保されていない」「贈収賄が蔓延し、腐敗に対する刑罰が徹底されていない」「市民のニーズに応えない公共機関の存在」などが指摘されている。  トランスペアレンシー・インターナショナルの代表を務めるJosé Ugaz氏は「我々が協働することで腐敗は撲滅できる。権力の乱用や贈収賄を根絶し、秘密裏の取引を明らかにするためには、市民は結集して政府に『もうたくさんだ』と言わなければならない。2015年の腐敗認識指数は腐敗が世界中で蔓延していることを示している。しかし同時に2015年は人々が再び街頭で抗議した年でもある。権力者らに対して『大規模な汚職に対処するときだ』という強いメッセージを送った」と語った。  強大な権力により多くの人々を犠牲にすることで少数の人々の利益を図る大規模な汚職は、個人や社会に深刻かつ甚大な悪影響を及ぼす。そしてそれらの多くが罰せられることがないのが現状だ。トランスペアレンシー・インターナショナルは全ての人々にunmaskthecorrupt.orgへの投票を通じて腐敗の根絶を呼びかけている。 【参考サイト】Corruption Perceptions Index 【参照リリース】Corruption Perceptions Index 2015: Corruption still rife but 2015 saw pockets of hope 【団体サイト】Transparency International

» 続きを読む
ページ上部へ戻る