【イギリス】国民保健サービスNHS、育児や高齢者介護サービスを大幅拡充。5年間で2.8兆円予算

Facebook Twitter Google+

 英国民保健サービス(NHS)は1月7日、英政府から5年間で205億ポンド(約2.8兆円)の長期予算を受け、医療サービス改革を開始した。出産支援や高齢者介護、医療サービスのIT化等を推進する。NHSは国営医療サービス機関。  今回の改革の主な柱は、育児休暇中の母体ケア強化や両親の精神ケアサービスの提供、高齢者の自立支援、メンタルヘルスを含めた重症患者への手当強化等。また、IT化を推進し、診療予約、処方箋管理、医療記録閲覧等をオンラインで行えるようにするとともに、医療事務コストも7億ポンド(約970億円)以上削減する。  さらに、プライマリ・ケアや地域医療サービスを拡充することで院外の医療サービスを改善する。母体のケアの安全性向上では、死産数、妊産婦死亡数および新生児死亡数、脳損傷を2025年に半減させるという目標を設定した。また、医療従事者の増員も図り、医師、看護師等を約1万人増員する。  今回の長期予算は、NHSイングランドを対象としたものだが、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドについても、各地方政府に公平な予算配分を定めた「バーネットフォーミュラ制度」に基づき、同様に予算が強化される。  一方で、NHS予算は年々右肩上がりで増加しており、2016年には国家予算の約30%を占めるまでに至った。一部医療サービスは無料でも提供されており、有料化については世論の反発も大きい。今回の施策は、医療サービス強化とIT化による予算削減を組み合わせることで、改革を行う考え。 【参照ページ】NHS Long Term Plan launched 【参照ページ】PM: Launch of the NHS Long Term Plan marks an historic step to secure its future

» 続きを読む

【アメリカ】スターバックス、アルバイト社員向け育児・介護支援制度拡充。民間サービス費用を企業が負担

Facebook Twitter Google+

 コーヒーチェーン世界大手米スターバックスは10月9日、米国のアルバイト社員の育児・介護を支援する制度を開始すると発表した。ベビーシッターや介護者を手配できる企業サービス「Care@Work」のプレミアム会員資格費用を全額スターバックスが負担する。費用は年間約150米ドル(約1.7万円)。現在、米国のアルバイト社員は約18万人。Care@Workは米care.comが提供。  スターバックスはすでに、従業員福利厚生プログラムを通じた精神保健給付や 有給育児休暇制度を提供している。さらに2018年初めには、アルバイト社員とその家族の疾病時に利用できる有給傷病休暇制度を導入していた。  今回のCare@Workプレミアムサービスでは、年に10回まで、育児・介護のケアを時給1米ドル(約110円)で手配、もしくは託児所に1日5米ドル(約550円)で子供を預けられる。さらにアルバイト社員は、介護に役立つ情報や、長期介護に関する住宅、資金、法的懸念の専門ガイダンスも無料で受けられる。  米政府統計では、2016年には200万人が育児を理由に退職。高齢者介護の負担も増えてきている。公共政策研究所(AARP)の報告によると、現在米国では5人に1人が高齢者介護を抱えており、約70%が介護のために休暇をとったり、仕事の調整をしなければならないと答えている。   【参照ページ】New Starbucks benefit offers backup child and adult care

» 続きを読む
ページ上部へ戻る