【インド】公取委、米グーグルに対し独占的地位の乱用と判断。約23億円の罰金命令

Facebook Twitter Google+

 インド競争委員会(CCI、公正取引委員会に相当)は2月8日、米グーグルが検索エンジンと検索連動型広告の独占的地位を乱用していると判断。インドでの事業から得た売上の5%に相当する13.6億インドルピー(約23億円)の罰金命令を出した。同案件については、競合企業となるMatrimony.comと消費者団体Consumer Unity & Trust Society(CUTS)が2012年、競争委員会に訴えていた。  今回の判定では、グー [...]

» 続きを読む

【アメリカ】米銀行大手ウェルズ・ファーゴ、架空口座違法取引で行政当局から罰金命令

Facebook Twitter Google+

 米財務省通貨監督局、連邦準備制度理事会(FRB)下の消費者金融保護局、ロスアンゼルス市政府当局は9月8日、米銀行大手ウェルズ・ファーゴ銀行の従業員が顧客情報を無許可で利用して預金口座やクレジットカードを不正に作成し売上を水増ししていた問題で、同社に対して1億8,500万米ドルの民事制裁金を支払うことを命じた。金額の内訳は、消費者金融保護局に1億米ドル、通貨監督局に3,500万米ドル、ロサンゼルス郡及び市に5,000万米ドル。発表当局 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】EPAと司法省、ハーレーダビッドソンに対し違法部品の販売停止命令

Facebook Twitter Google+

 米環境保護庁(EPA)と米司法省は8月18日、米バイクメーカー大手ハーレーダビットソン(ハーレ―)との間で、環境規制に違反する同社製品の販売中止及び販売済製品の自主回収をするとともに、今後は大気浄化法(CAA)基準を満たす認証を獲得した製品のみを販売することで合意したと発表した。さらにハーレーに対して民事制裁金として1,200万米ドルの罰金を科すすとともに、同社との間で、地域レベルでの環境改善策として従来型の薪ストーブを大気汚染の少 [...]

» 続きを読む

【中国】環境汚染を衛星探査で摘発、違反企業は罰金・資産差し押さえ

Facebook Twitter Google+

 今年3月、甘粛省の食品メーカー大手の武威栄華工貿株式会社が、テンゲル砂漠へ8万トンの汚水を排出し、266エーカーの土壌汚染をしたことで、刑事当局に摘発され、同社CEOは拘留、環境保護当局の責任者も停職および職務捜査の処分を受けた。栄華グループは、甘粛省武威市を拠点とする民間企業で、政府が推し進める農業産業化のリーディングカンパニーとして政府の循環経済テストに参加するほどの注目を集める企業だった。今回、環境汚染の摘発を受け、他の企業も [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る