【アメリカ】GAP、2021年までに綿を100%持続可能な調達に。ベター・コットン・イニシアチブと協働

Facebook Twitter Google+

 アパレル世界大手GAPは4月20日、GAPブランドで販売する商品の綿調達を、2021年までに全て持続可能な調達に切り替えると宣言した。同時にAthletaブランドで販売する商品の綿調達でも、2020年までに綿を含めた製品素材全体での持続可能な調達の割合を80%まで引き上げる。綿の持続可能な調達では、同分野での国際NGO「ベター・コットン・イニシアチブ(BCI)」と協働する。  BCIは、世界中の綿製品を持続可能なものにしていくため、 [...]

» 続きを読む

【スウェーデン】イケア、製品に使用する綿の100%を持続可能な調達へ

Facebook Twitter Google+

 家具大手のイケアは10月30日、2015年9月よりイケア製品に持続可能な綿のみを使用すると発表した。今後は節水をし、化学肥料や殺虫剤の使用を控えるなど持続可能な形で栽培された綿だけを調達する。100%持続可能な綿の調達を実現するのはグローバル大手小売企業としてはイケアが初めてとなる。  綿はイケアにとって重要な原材料の一つで、ソファーからタオルまで同社の様々な製品に使用されている。しかし、従来の綿栽培は大量の水や化学肥料を必要とし、 [...]

» 続きを読む

【ドイツ】アディダス、サステナブルな綿「ベターコットン」の調達目標を達成

Facebook Twitter Google+

 スポーツアパレル大手のアディダスグループは2月15日、同社の調達する綿のうち、持続可能な形で生産された綿であることを示す「ベター・コットン」の使用割合が30%に達したと発表し、2014年の目標だった25%を大きく上回ったと発表した。  「ベター・コットン」とは持続可能な綿の生産を推進する国際イニシアチブのベター・コットン・イニシアチブが定めた基準を満たした綿のことを指し、アディダスグループは同イニシアチブの創立メンバーの一社でもある [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る