【ドイツ】SAP、2014年度の統合報告書を公表。財務と非財務の関係性を定量化

Facebook Twitter Google+

 ソフトウェア大手のSAPは3月20日、2014年度の統合報告書を発表した。今回の統合報告書の特徴は、初めて従業員エンゲージメントおよび従業員の健康指標の変化が営業利益に与える影響について具体的な数値で示した点だ。  SAPが独自に構築したモデルに基づくと、同社では、従業員エンゲージメント指数が1%上がると営業利益は3500~4500万ユーロ増加し、ビジネスヘルスカルチャー指数が1%上がると、営業利益は6500~7500万ユーロ増加す [...]

» 続きを読む

【国際】IIRC、公的セクターの統合報告を推進するイニシアチブを発表

Facebook Twitter Google+

統合報告の流れは民間セクターを超えて公的セクターの領域までやってきている。IIRC(The International Integrated Reporting Council:国際統合報告委員会)の呼びかけのもと、世界中の公的機関が統合報告を通じた公的セクターの透明性と信頼性の向上に向けて力を合わせることになった。 IIRCは11月17日、米国ワシントンで開催されたWorld Bank Public Sector Integrate [...]

» 続きを読む

【アメリカ】SAPのサステナビリティ責任者が語る、統合報告とサステナビリティ戦略

Facebook Twitter Google+

今回ご紹介する動画は、今年の3月にカルフォルニアで開催されたWSJ ECO-nomicsカンファレンスでの一幕。サステナビリティ関連ニュースメディアTriplePundit.comの記者、Nick Aster氏による、SAPのCSO(Cheif Sustainability Officer:最高サステナビリティ責任者)兼副社長を務めるPeter Graf氏へのインタビュー動画だ。 SAPのサステナビリティを牽引するPeter Graf [...]

» 続きを読む
2014/08/31 最新ニュース

【アメリカ】ハーバード・ビジネス・スクールが教えるサステナビリティ戦略

Facebook Twitter Google+

今回ご紹介するのは、世界最高峰のビジネススクールとして知られる米国Harvard Business School(ハーバード・ビジネス・スクール、以下HBS)が展開するエグゼクティブ向けプログラムのコースの一つ、”Aligning Sustainability with Corporate Performance(サステナビリティと企業パフォーマンスの統合)”の紹介動画だ。 動画に登場するのは同コースの担当教授を務めるRobert E [...]

» 続きを読む
2014/08/20 最新ニュース

【レポーティング】統合報告による企業情報開示の変革 〜武田薬品工業社の成功事例〜

Facebook Twitter Google+

統合報告時代の到来企業の財務的利益とCSRの関係が新たな時代を迎えようとしています。これまで企業戦略構築において、脇役的な存在に追いやられていたサステナビリティ・CSRの重要性が大きく増しています。この新しいうねりを作り出しているキーワードは「統合報告」です。統合報告とは何か。その説明に入る前に、今まで語られてきた財務的利益とCSRの関係を少し振り返ってみましょう。CSRという言葉が普及し始めたのは20世紀後半。このときCSRは慈善活 [...]

» 続きを読む
2014/08/13 体系的に学ぶ
ページ上部へ戻る