【アメリカ】大手食品会社ら、紛争パーム油の撲滅に向けた取り組みに遅れ

Facebook Twitter Google+

 米国サンフランシスコに拠点を置く国際環境NGOのRainforest Action Network(以下、RAN)は6月17日、紛争パーム油に対する企業の取り組み状況の進捗をまとめたレポート、"Testing Commitments to Cut Conflict Palm Oil"を公表した。    同報告書は、グローバル食品企業ら20社が2年前から開始した紛争パーム油の撲滅キャンペーン、Snack Food20における各社の進捗 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る