【国際】Corporate Reporting Dialogue、各ガイドラインの整合性向上プロジェクト発足

Facebook Twitter Google+

 企業報告に関する代表的なイニシアチブのCDP、GRI、CDSB、FASB(米国財務会計基準審議会)、IASB(国際会計基準審議会)、国際標準化機構(ISO)、SASB(米国サステナビリティ会計審議会)、IIRC(国際統合報告評議会)の8団体による協働組織「Corporate Reporting Dialogue(CRD)」は11月7日、各ガイドラインの整合性を高める2年間のプロジェクトを発足した。  同プロジェクトでは、各ガイドラインの共通性と相違点をマッピングし、整合性を高めていく。とりわけ財務報告と非財務報告の統合に力を注ぐ。  今回のプロジェクト発足の背景には、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)、国連責任投資原則(PRI)、CFA協会、Ceres、Global Impact Investing Network(GIIN)、Global Sustainable Investment Alliance(GSIA)、International Corporate Governance Network(ICGN)の7団体の協働組織「Global Investor Organisations Committee(GIOC)」がCRDに対し、ガイドラインの整合性向上を要請したことがある。 【参考】【国際】PRI、CFA協会、GIIN等投資家団体、サステナビリティ報告ガイドラインのあり方で共通見解提示(2018年10月24日) 【参考】【国際】Corporate Reporting Dialogue、企業報告の主要8フレームワークの俯瞰マップを公開(2015年6月3日) 【参考】【国際】IIRC、GRI、ISO、SASBらと共に企業報告に関する新たな共同イニシアティブを開始(2014年8月7日) 【参照ページ】Corporate Reporting Dialogue: Better Alignment Project

» 続きを読む

【アメリカ】SASB、FASB元会長のRobert Herz氏を役員に招聘

Facebook Twitter Google+

米国上場企業向けサステナビリティ会計の基準作りを進めているSASB(Sustainability Accounting Standards Board:米国サステナビリティ会計基準審査会)は10月21日、FASB(Financial Accounting Standards Board:米国財務会計基準審議会)元会長のRobert Herz氏を新たにSASBの役員として迎えることを発表した。 Herz氏は2015年1月1日から3年間の任期を務めることになり、SASBメンバーと密に恊働しながら、SASBの基準完成に向けたプロセスにおいて重要な意思決定役を担う予定だ。 同氏の就任発表にあたり、SASBの会長を務めるMichael R. Bloomberg氏は「今日の投資家は、従来の財務報告が提供できる情報よりもより完全な情報を求めている。財務会計の世界はサステナビリティ会計が企業の成功、投資家の意思決定の双方において欠かせないものであることを認識している。会計・財務報告分野の第一人者であるRobert Herz氏の就任はSASBの役員会にとって大きな助けとなり、財務の分野にも利益をもたらすサステナビリティ基準の完成に向けて価値のある専門性を提供してくれることだろう」と同氏の就任を歓迎した。 Herz氏は2002年から2010年までFASBの会長を務めた経歴を持つ。その以前にはPwCグローバルおよび米国の双方のボードメンバーを務めていたほか、IASB(International Accounting Standards Board:国際会計基準審議会)の初期メンバーの1人でもある。 さらに、同氏は米国公認会計士協会のSEC規制委員会会長、および国際会計士連盟の多国籍監査委員会会長を務めた経験もあり、その他にも米国の財務会計における主要な組織の要職を数多く歴任してきたエキスパートだ。また、かねてから企業価値における非財務要素の重要性を認識し、書籍などを通じて訴えかけてきた人物としても知られている。 Herz氏は「SASB基準により、投資家は業界によって様々に異なるマテリアルなサステナビリティ情報のインパクトをよりよく理解し、比較し、ベンチマークすることができる。SASBの役員会への参加することで、企業報告の進化に向けてさらに継続して貢献することができる」と就任の喜びを語った。 来年から米国の財務会計分野で大きな功績を残してきたHerz氏を役員として迎えることで、SASBが自身の最終目標である非財務情報開示の法的義務化に向けてまた一歩大きく前進することは間違いない。 【団体サイト】SASB 【参考サイト】FASB

» 続きを読む
ページ上部へ戻る