【アメリカ】CVSヘルス、反タバコの意思表明として米国商工会議所を脱会へ

Facebook Twitter Google+

 米ドラッグストアチェーン大手のCVSヘルスは7月7日、米国商工会議所が米国および海外でタバコ産業の支援活動を行っている点を理由として、同会議所から脱会すると表明した。同社が掲げる企業規範との一貫性を具体的な行動で示した形となる。CVSヘルスは昨年の9月にタバコ関連製品の販売中止を発表したが、その際にも同社のCEOを務めるLarry Merio氏はその理由について「簡潔に言えば、タバコ製品の販売は我々の目的と矛盾するからだ」と説明して [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る