【中国】サムスン電子がサステナビリティ経営を強化、事業用自動車をエコカーへ

Facebook Twitter Google+

中国サムスン電子が、中国政府の環境保護の動きに呼応し、環境経営に力を入れている。2014年に発表した同社の環境保全計画では、天津、蘇州、恵州などでの運行している従業員送迎用の800車ほどのサムスンシャトルバスを全て入れ替え、公害が少ない天然ガス自動車や電気自動車へ変換していくことを決めた。 一般車に比べ、天然ガス自動車は約1割、電気自動車は2~3倍も単価が高い。その代わり、天然ガス自動車は、排気ガスが発生しないせず、騒音も普通車に比べ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る