【国際】PRI、投資家向けに企業租税透明性に関するエンゲージメント・ガイダンス発行

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は5月17日、投資家向けに企業の租税透明性に関するエンゲージメント・ガイダンスを発行した。昨今、多くの投資家が、企業の脱税や租税回避に関心を持ち始めており、具体的に企業にエンゲージメントするための手法を解説している。  同ガイダンスでは、租税透明性に関する企業評価時の着目ポイントや、具体的に企業にエンゲージメントする際の質問票についてまとめた。  今回のガイダンス作成には、仏年金基金FRAFP、リーガル&ジ [...]

» 続きを読む

【イギリス】英与野党、海外領土のタックスヘイブンに税透明化規制適用で合意

Facebook Twitter Google+

 英国与野党は5月1日、英国の制裁・マネーロンダリング法案を修正し、英国の海外領土にも実質受益者登録の義務を課す税透明化規制を適用することで合意した。英国の海外領土は、英国領度だが高度な自治権が認められている地域。有名なところでは、ケイマン諸島、英領バージン諸島、バミューダ諸島等があり、英国の規制が適用されないものが多く、タックスヘイブンとして活用されることが多い。今回、同法案が成立すると、2020年12月31日までに施行され、タック [...]

» 続きを読む

【国際】GRI、人権関連スタンダードの見直しや税の透明性スタンダードの新設作業を開始

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ報告国際ガイドライン世界大手GRIは12月18日、独立基準設定機関Global Sustainability Standards Board(GSSB)の現在のGRIスタンダード改定作業状況を発表した。 GRI303:水  水に関する国際基準の最新動向を踏まえた内容変更と、「GRI306:排水と廃棄物」の廃水に関する規定を「GRI303:水」に移し、「GRI303:水と排水」に再編する内容での改定を進行中。  第1回 [...]

» 続きを読む

【オランダ】欧州委員会、イケアへの法人税優遇の疑いでオランダ税当局に対する捜査を開始

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は12月18日、家具世界大手スウェーデンのイケアに関連し、オランダでの租税に関する捜査を開始すると発表した。オランダ税当局がイケアに対し不当な税優遇をした疑い。捜査の直接的な対象はイケアではなくオランダ税当局。オランダは法人税率が低く、欧州企業を始め節税に活用されている。EUは、EU法に違反するBEPS(税源浸食と利益移転)があったと見ている。今回EUがオランダ税当局の捜査を開始したことで、結果によってはオランダでの節税が [...]

» 続きを読む

【国際】WHO、加盟国政府に「砂糖税」導入による甘味食品・飲料の消費量減少を提言

Facebook Twitter Google+

 世界保健機関(WHO)は10月11日、生活習慣病の予防の政府の財政政策をまとめた報告書「Fiscal policies for Diet and Prevention of Noncommunicable Diseases(NCDs)」を発表した。WHOは報告書の中で、加盟国政府から生活習慣病の予防に関する方策についての相談が増えていることを挙げ、今回政府が適切に税制や助成金制度を実施し、日常食の価格に介入することで、健康促進を図る [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る