SRI(Socially Responsible Investment:社会的責任投資)

Facebook Twitter Google+

 SRIとはSocially Responsible Investmentの略で、社会的責任投資と呼ばれる投資行動のことです。従来の投資は、主に企業の成長性や財務上の健全性など経済的価値の計算に基づいて行われていましたが、SRIでは企業が負うべき社会的責任(CSR)も投資基準に含めます。最近では、SRIより、ESG投資と呼ばれることのほうが一般的となっています。  1920年代のアメリカで始まったと言われ、欧米ではキリスト教の倫理観により武器やギャンブル、たばこ、アルコールに関連する企業を投資対象から外すネガティブ・スクリーニングと呼ばれる手法に特徴付けられています。日本では環境関連事業を展開する企業に投資するエコファンドや、雇用における女性活用、法令順守といったより幅広いCSRを基に投資対象を選定するSRIファンドがあります。  GSIA(The Global Sustainable Investment Alliance)が公表しているGlobal Sustainable Investment Review 2014によると、世界のSRI市場規模は2012年の13.3兆米ドルから2014年の21.4兆米ドルに飛躍的に拡大しており、この2年で最も拡大幅が大きかった米国、カナダ、欧州の3地域合計で全体の99%を占めています。アジアではSRIの運用資産規模の大きい順にマレーシア、香港、韓国、日本は最下位でこの2年間で資産残高を減らす結果となりましたが、SRIの定義や算出方法には地域によるばらつきがあるため、単純な比較は難しいと言われています。 参考サイト JSIF「SRIとESG投資の違いとは?」 GSIA "Global Sustainable Investment Review 2014" 

» 続きを読む
2015/08/18 辞書

【アメリカ】カルバート、責任投資指数の拡大および新ファンドを公表

Facebook Twitter Google+

 責任投資分野のリーディングカンパニー、カルバート・インベストメント(以下、カルバート)は7月1日、同社のグローバルにおける責任投資リサーチおよび専門性を活かして新たな責任投資指数および同指数に連動する低コストのインデックスファンドを公表した。今回発表された責任投資指数は下記の3つだ。 Calvert U.S. Large Cap Growth Responsible Index Calvert U.S. Large Cap Core Responsible Index Calvert U.S. Large Cap Value Responsible Index  これらに連動するインデックスファンドとして、現在のCalvert Social Index FundはCalvert U.S. Large Cap Core Responsible Index Fund(ナスダック: CSXAX)となった。さらにCalvert U.S. Large Cap Growth Responsible Index Fund(ナスダック: CGJAX)およびCalvert U.S. Large Cap Value Responsible Index Fund(ナスダック: CFJAX)が新たに設定された。これらのファンドは全て6月22日から一般向けに募集が開始されている。また、今年後半には新に米国中型株や先進国(米国を除く)および新興国を対象とするインデックスとファンドが追加される予定だ。  カルバートのインデックスおよび投資商品は、投資家らの責任投資に対する関心の高まりと、低コスト商品に対する需要を受けて開発されたものだ。同社のCEOを務めるJohn Streur氏は「投資家はESG(環境、社会、ガバナンス)分野のグローバルリーダーで、高い投資リターンが見込める企業への投資を望んでいる。インデックス戦略はそれを実現する上でまさにコスト効率に長けた方法だ。カルバートは投資業界において、30年にわたり投資のコンテクストにおけるESG要素の定義においてリーダーシップを発揮してきた。この実績と株主行動を合わせれば、我々以上に投資家に対してポジティブな変化を促すことができる企業は存在しない。当社は責任投資やパッシブ投資の価値向上につながる革新的な商品によって機関投資家および個人投資家のニーズの変化に対応していくことにコミットしている」と述べる。  今回の新しいインデックスは、同社のリサーチシステムの進化および非財務情報へのアクセシビリティ向上を反映したものだ。サステナビリティ調査のディレクターを務めるErica Lasdon氏は「カルバートの調査プロセスは、世界産業分類基準(GICS)の全156サブセクターに分類される企業を対象としてセクター別に重要なESGリスクや機会を分析し、数値化、ランク付けしている。我々の持つ独の技術により我々は業界をリードすることができる」と述べる。  企業によるESG情報開示が進むにつれて、世界ではESGを考慮して投資を行う投資家の数も飛躍的に増加している。カルバートのように責任投資に特化する企業や責任投資商品が増えることで、今後より多くの責任投資機会が投資家に対して提供されることが期待される。 【参照リリース】CALVERT EXPANDS RESPONSIBLE INDEXES; LAUNCHES NEW FUNDS 【企業サイト】Calvert Investments

» 続きを読む

【イギリス】ガーディアン、化石燃料関連企業から投資資金を引き揚げへ

Facebook Twitter Google+

 英紙ガーディアンなどを運営するガーディアン・メディア・グループ(以下、GMG)は4月1日、化石燃料関連企業への投資から資金を引き揚げると発表した。GMGの投資資金は8億ポンド以上に及び、これまで化石燃料銘柄からの投資撤退を宣言した企業の中で最大規模となる。  この決定について、GMGの会長を務めるNeil Berkett氏は「今回の決定は財務面、倫理面の双方から見て正しいものだ。難しい意思決定ではあるが、これは我々の組織としての価値観に基づくもので、あらゆる要素を考慮したホリスティックな意思決定だ」と語った。  同氏は今回の決定を下した理由として、近年化石燃料銘柄は相対的にパフォーマンスが優れず、気候変動対策の推進により将来の見通しも暗くなっている一方で、GMGが保有する倫理的な基準に基づく投資資金の運用は好調に推移しており、更に再生可能エネルギーも力強く成長している点を挙げている。  この昨今の化石燃料銘柄からの資金引き揚げトレンドについて、Berkett氏は「GMGの投資ファンドの主たる目的、つまり将来にわたる財務的安定性とガーディアンの編集における独立性を保証するために長期的なリターンを生み出すという目的をリスクにさらすことなく、社会的責任投資の基準を適用することができるということを意味している」と語った。  現在のGMGの化石燃料企業への投資割合は全資産の1割に満たないが、今後の具体的な資金撤収予定については、Berkett氏は今後数年間で化石燃料関連銘柄への直接的な投資を撤収し、5年以内に化石燃料を含む多様な資産からなるファンドからも資金を引き揚げるとしている。  今回の決定に至るまで、Berkett氏はGMGの投資顧問であるCambridge Associatesと2ヶ月にわたり検討を重ねた。主要な検討事項となったのは、GMGがファンドマネジャーらに対して、化石燃料を含まない投資オプションを提供するように影響力を発揮することができるかどうかの判断だったという。同氏によれば、17,400の機関投資家ののうち、現在ポートフォリオの中に化石燃料銘柄を含めていないファンドマネジャーはたった数十しかないという。  ガーディアンを始め、今世界では化石燃料銘柄から資金を引き揚げる動きが活発化しつつある。その背景にあるのは、気候変動など環境面からの懸念だけではなく、それが実際に長期的に投資パフォーマンスに悪影響をもたらすという財務面の懸念だ。その逆に、再生可能エネルギーをはじめとする低炭素経済への移行を実現するための投資は、その将来性を買われて投資家の間で人気を集めている。社会的責任投資という言葉を使わずとも、それがリターンを追求する投資家にとって当然の投資判断基準となる日はもうそこまで来ている。 【参考記事】Guardian Media Group to divest its £800m fund from fossil fuels 【企業サイト】Guardian Media Group (※写真提供:Radu Bercan / Shutterstock.com)

» 続きを読む

【国際】2014年の世界のサステナビリティ投資は2012年から61%増加の21.4兆米ドルに到達

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ投資を推進する国際イニシアチブのGlobal Sustainable Investment Alliance(以下GSIA)は2月24日、2014年の世界のサステナビリティ投資の状況についてまとめたレポート、"Global Sustainable Investment Review 2014"を公表した。  同レポートによると、世界のサステナビリティ投資運用額は2012年初頭の13,3兆米ドルであったが、2014年初頭に21,4兆米ドルまで上昇し、プロが運用する金融資産のうちサステナビリティ投資戦略を採用している運用額の割合は21.5%から30.2%へと上昇したという。  「責任投資」という言葉でも知られるサステナビリティ投資は、投資先の選定及び運用に際してESG(環境・社会・ガバナンス)を考慮した投資手法のことを指し、2014年のレポートでは、以前のレポートと同様、上場株式から債券、ヘッジファンド、マイクロファイナンス、インパクト投資にいたるまであらゆるアセットクラスのサステナビリティ投資が含まれている。  同レポートによると、世界のサステナビリティ投資資産の64%はヨーロッパが抱えており、それに米国とカナダを加えると、その合計資産は今回のレポートで特定された世界全体のサステナビリティ投資資産のうち99%を占めるとのことだ。  様々なサステナビリティ投資戦略の中でも特に高い割合を占めていた上位3つの投資戦略は下記の通り。 1位:ネガティブスクリーニング(14,4兆米ドル) 2位:ESGの統合(12,9兆米ドル) 3位:株主行動(7兆米ドル)  その他の主な考察は下記の通り。 ヨーロッパではネガティブスクリーニングが主流となっている一方で、米国、オーストラリア、ニュージーランド、アジアではESG統合が主流となっている。カナダでは、株主行動が主要な戦略となっている。 インパクト投資はまだ規模は小さいものの世界のサステナビリティ投資市場において存在感を増しつつある。 サステナビリティ投資は、投資全体の半分以上をESG統合戦略が占めているヨーロッパだけではなく、オーストラリア、米国、カナダにおいても主要な投資戦略となりつつあり、投資全体におけるシェアは17%から31%まで上昇した。 アジアにおけるサステナビリティ投資の規模はヨーロッパや米国ほどではないが、気候変動や資源効率性といったサステナビリティ課題への関心は引き続き高い。 世界の数多くの市場においてESGに関する情報開示を促すための公共政策や規制の変更が進行中である。  レポートをまとめたGSIAは、アジアのASrIA、ヨーロッパのEurosif、オーストラリアのRIAA、カナダのRIA Canada、英国のUKSIF、米国のUS SIF、そしてオランダのVBDOという全世界の7大サステナビリティ投資イニシアチブによる連合組織で、今回のレポートはGSIAと日本のJapan Social Investment Forum(社会的責任投資フォーラム)との共同により作成された。レポートは下記からダウンロード可能。 【レポートダウンロード】Global Sustainable Investment Review 2014 【企業サイト】Global Sustainable Investment Alliance

» 続きを読む

【アメリカ】SRI投資額が2012年からの2年間で76%伸張、6.57兆ドルに

Facebook Twitter Google+

米国では社会や環境への影響を考慮したSRI(Sustainable・Responsible・Impact)投資の市場規模が急激に拡大している。2012年初めに3.74兆ドルだったSRI投資額は2014年初めには6.57兆ドルまで実に76%も伸張し、全米でプロが運用している資産のうち6ドルに 1ドル以上をSRI投資が占めたことになる。 これは、US SIF Foundationが2年に1度公表している調査報告書、”US Sustainable, Responsible and Impact Investing Trends 2014”で明らかになったものだ。(調査実施期間は2014年5月?8月。) 同報告書によると、2014年1月時点で408の機関投資家、308の資産運用会社、880のコミュニティ投資機関が様々なESG評価を投資分析やポートフォリオ選定に適用しており、その総額は米国全体で6.2兆ドルに及んでいるという。また、2012年から2014年にかけてESG課題に関する株主決議を提起した202の機関投資家および資産運用会社の資産運用額は2014年開始時点で1.72兆ドルに及んでおり、両者からダブルカウントを除いた米国全体の合計SRI投資額が6.57兆ドルだったという。 その他、調査報告書に記載されている米国SRI投資市場の最新動向は以下の通りだ。 ・ESGを考慮した投資額はこの2年間で大幅に上昇しており、2012年時点の1.4兆ドルから、2014年には4.8兆ドルにまで3倍以上に伸張した。 ・公的年金基金や財団、大学基金、宗教法人などの機関投資家が保有する資産に関しても、ESGを考慮した投資額が2012年から77%上昇して4.04兆ドルに伸張した。 ・ESGを考慮したプライベートエクイティ、オルタナティブ投資ファンドの数も2012年時は301、資産総額にして1320億ドルであったが、2014年には336、資産総額2240億ドルにまで伸張した。 ・119の資産運用会社を対象に「なぜESGを考慮した商品を提供するのか」という質問をしたところ、80%が顧客からの要求によると回答したが、同時に70%以上が彼ら自身のミッションに基づいた判断であり、彼ら自身のリターンやリスクマネジメントを改善するためだと回答したという。 ・環境要因の中では気候変動による影響が最も大きく、資産運用会社で2760億ドル、機関投資家で5520億ドルの影響があると見られている。また、2014年から調査の対象となっている化石燃料銘柄からの資金引き揚げについては、数百億ドル規模で資産への影響があると見られている。 ・気候変動リスクを懸念する株主は、2014年には2012年の倍以上となる72の株主決議を提起しており、温室効果ガス排出量の削減およびその開示を対象企業にコミットさせるべく交渉した。 上記の通り、米国では確実にSRI投資の裾野が広がっており、企業は株主からの要求に応えるためにもサステナビリティの事業への統合および積極的な情報開示がますます求められるようになってきている。 【レポートダウンロード】US Sustainable, Responsible and Impact Investing Trends 2014 【団体サイト】US SIF

» 続きを読む

【国際】環境保全に向けたインパクト投資の市場規模、約230億ドルまで急成長

Facebook Twitter Google+

環境保全を対象としたインパクト投資に関する初めての調査により、2009年からの5年間で同分野の市場規模は約230億ドルに急成長していることが分かった。また、そのうち約20億ドルは民間投資が占めており、現在は年間平均26%ずつ成長中で、2018年までに56億ドルを超えると予想されているとのことだ。 同調査結果は、米国金融大手のJPMorgan Chase & Co.が投資ファンドのEKO Asset Management Partners、環境保護団体のThe Nature Conservancyらと共同で実施した研究調査報告書“Investing in Conservation: A landscape assessment of an emerging market“に基づくものだ。 同報告書は、環境保全に関する民間投資額は2014年からの5年間で3倍以上に増加すると予想する一方で、未だ大部分の民間資本は同分野に投資されておらず、リスク調整済の投資機会をより大幅に増やす必要性がある点を指摘している。なお、この5年間で投資された約230億ドルの主な投資対象分野は下記3つに集約されるとのことだ。 水量の水質の保全:流域保全、水資源保護、暴風雨対策への投資、流域保護に関する信用取引などを含む 持続可能な食糧および繊維の生産:持続可能な農業、林業、養殖業、漁業への投資を含む 住環境保護:沿岸部の浸食を防ぐための海岸線保護、森林保護、用地権、ミティゲーション・バンキングなどを含む また、同調査により明らかになったその他の重要事項は下記の通りだ。 民間投資は今後5年間で15億ドルを準備しており、追加で41億ドルを投資する予定 既に民間から約20億ドルの投資が実施されているが、その80%は10の投資家で占められている 環境保全を目的とするインパクト投資の市場規模は今後5年間で371億ドル拡大する見込み 上記の3つの投資分野のうち、民間投資家は持続可能な食糧・繊維の生産に12億ドル投資している一方で、開発系金融機関は大部分を水質・水量保全に投資している(150億ドル) 調査回答者は、投資可能なプロジェクトと投資機会の不足に言及しており、リスクに対する利益率が妥当な案件の増加、より熟練した運用チームの必要性を指摘している インパクト投資は、グローバルにおける環境保全に向けた資金不足を補う1つの有効な方法だ。Global Canopy Programmeの報告書によると、世界の環境保全計画には年間で約3,000億ドルの投資が必要だが、現状では、主な資金源は政府や行政機関、慈善活動となっており、その総額は約500億ドルにすぎないという。 環境保全のためのインパクト投資機会の不足に対処するために、今後、JPMorgan Chase & Co.らは更に民間資本の呼び込みを加速できる投資商品の組成に向けて協働していく予定だ。例えばThe Nature Conservancyは今年、JPMorgan Chase & Co.の協力を得て環境保全に向けたインパクト投資の専門部門Nature Vestを設立しており、今後3年間で約10億ドルを投資する予定となっている。 環境保全に関する投資は主に開発系の金融機関らが主導しているが、徐々に流れは変わり始めてきている。リスクに見合うリターンを期待できる魅力的な投資商品を用意し、より多くの民間投資を同分野に呼び込むことができれば、環境分野におけるインパクト投資は更に加速し、好循環が生まれる。今後の市場の伸びに更に期待したいところだ。 【レポートダウンロード】Investing in Conservation: A landscape assessment of an emerging market 【企業サイト】JPMorgan Chase & Co. 【企業サイト】EKO Asset Management Partners 【団体サイト】The Nature Conservancy

» 続きを読む

【ヨーロッパ】トムソン・ロイター、ヨーロッパ企業のSRIインデックスを開始

Facebook Twitter Google+

ヨーロッパではサスティナビリティ投資の流れが更に加速することになりそうだ。トムソン・ロイターは9月2日、同社が提供する社会的責任インデックスThomson Reuters Corporate Responsibility Indices(CRI)の一部として、ヨーロッパに特化したSRIインデックス、The Thomson Reuters CRI Europe Indicesの開始を発表した。 投資家は、トムソン・ロイターの保有する一連のESG関連データや分析、ツールを用いて業界、国、地域別にヨーロッパ企業の事業状況を調べることができるようになる。また、このインデックスは企業が発信する定性情報よりも定量情報を重視することで客観性・透明性を維持しており、特定の業界を排除するネガティブ・スクリーニングも実施していないため、より正確かつ多様なベンチマークになっているという。 トムソン・ロイターのStephan Flagel氏は、「世界中でESG投資に対する注目が高まっている中、トムソン・ロイターは投資家が確かな情報に基づく意思決定ができるように、最も包括的かつ透明性のあるインデックスを提供することにコミットしている」と語った。 また、トムソン・ロイターのインデックスや格付の開発を手がけているS Network Global IndexesのJoseph LaCorte氏は「Thomson Reuters CRI Europe Indicesに含まれる全ての株式は、S&P500やMSCI EAFEのような指数の加重平均よりも優れたESG格付を得ていることが保証されており、同インデックスによって投資家はヨーロッパ市場のESGパフォーマンスを測定できるようになった」と述べた。 Thomson Reuters CRI Europe Indicesの運用は7月28日から開始しており、過去のデータは2007年12月31日まで遡って確認可能だ。同インデックスの詳細な情報はThomson Reuters Corporate Responsibility Indicesから。 投資判断材料としてのESGパフォーマンスの重要性は世界中で確実に高まりつつある。今回トムソン・ロイターは新たにヨーロッパに特化したインデックスを発表したが、今後同インデックスが他のインデックスと比較してどのような運用パフォーマンスを見せるのか、期待が集まる。 【企業サイト】Thomson Reuters 【参考サイト】Thomson Reuters Indices (※写真提供:mkos83 / Shutterstock.com)

» 続きを読む

【スイス】スイス証券取引所が新たにSXIスイス・サステナビリティ 25インデックスを発表

Facebook Twitter Google+

スイス証券取引所は6月17日、SXI Switzerland Sustainability 25 Index(SXIスイス・サステナビリティ25インデックス)を開始したと発表した。この新しい指数はSMI Expanded Indexの中で最も高いサステナビリティ・スコアを獲得した25企業で構成されており、構成銘柄にはネスレ、ロシュ、クレディ・スイス、ノバルティス、アデコ、UBS、チューリッヒ保険などスイスを代表する企業が並んでいる。 SMI Expanded Indexとは、SMI(Swiss Market Index:スイス証券取引所の上場銘柄のうち時価総額および流動性が最も高い大手企業20銘柄で構成される指数)にSMIM(SMI Mid:SMIの次に時価総額および流動性が高い中型株上限30銘柄で構成される指数)を合わせた指数だ。 今回新たに発表されたSXIスイス・サステナビリティ25インデックスにより、投資家はスイス企業の中でも最もサステナブルで流動性の高い25企業に対し、明確な基準と透明性の高い指標に基づき投資をすることができるようになる。 また、SXIスイス・サステナビリティ25インデックスの構成にあたっては、ESG投資リサーチ・分析大手のSustainalytics社がSMI Expanded Indexの構成銘柄全てのサステナビリティ・スコアを算出し、スコアの上位25社が新指数の構成銘柄として選ばれた。Sustainalytics社はResponsible Investment(責任投資)・SRI(社会的責任投資)市場において20年近い実績を持つリーディングカンパニーだ。 SXIスイス・サステナビリティ25インデックスは浮動株を用いた時価総額の加重平均指数で、一銘柄あたりのウェイトは最大15%となっている。構成は毎年9月に見直される予定だ。また、過去のデータは2008年12月30日まで遡って参照することも可能だ。同指数がSMI Expanded Indexと比較してどのようなパフォーマンスを見せるのか、今後も注目していきたい。 【参考URL】SXI Switzerland Sustainability 25® 【企業サイト】SIX 【企業サイト】Sustainalytics

» 続きを読む

【世界】PRIに署名する機関投資家の運用資産高、45兆米ドル超へ

Facebook Twitter Google+

PRI(The Principles for Responsible Investment:責任投資原則)は6月19日、PRI署名機関の運用資産高が2014年4月末までに45兆米ドル超に成長したと発表した。署名機関数も増加しており、今年新たに加入した数を加えると、その合計は1,260以上に上った。 PRIは、2006年に当時の国連事務総長コフィー・アナン氏が金融業界に対して提唱したイニシアティブで、機関投資家の意思決定プロセスにESG課題(環境・社会・企業統治)を反映させるためのグローバル・ガイドラインで、UNEP(国連環境計画)や国連グローバル・コンパクトが推進している。 PRIの最高業務責任者Fiona Reynolds氏は「最新の数値は、PRIがこれまで収集してきたグローバルで展開されている責任ある投資活動に関するデータの厳密な分析の結果によるものだ。また、新たなフレームワークの下で初めて行われた調査の結果、よりサステナブルな金融システムの構築に向けて、800以上の機関投資家がどのように彼らのポートフォリオを通じてPRIの6原則を実行しているかが明らかになった。」と述べた。 PRI署名機関の運用資産高増加には、最新の株式市場の動向、新たな署名機関数の増加、そしてPRIの新たな報告フレームワークの下で署名機関の保有資産を計算するためのシステムが強化されたことなど、多くの要因が挙げられる。2011年から2013年にかけてPRIの報告フレームワークは改善され、運用資産額の推定は自発的に報告活動に参加している署名機関のグループに基づいて作成された。 2013年4月以降、200以上の機関投資家が新たにPRIに署名しており、米国のHarvard University Endowment(ハーバード大学基金)やMorgan Stanley Investment Management(モルガン・スタンレー・インベストメントマネジメント)、スイスの金融機関、Credit Suisse Private Banking & Wealth Management(クレディ・スイス・プライベート・バンキング&ウェルス・マネジメント)、英国のGreen Investment Bank(グリーン・インベストメント・バンク)やGreater Manchester Pension Fund(グリーン・マンチェスター年金基金)、オランダのUnilever Pension Fund(ユニリーバ年金基金)などが加わっている。 【団体サイト】PRI

» 続きを読む

【アメリカ】Aaron’s社、Calvert Social Index®からの抹消勧告受ける

Facebook Twitter Google+

社会的責任投資(SRI)用のインデックス「Calvert Social Index®」を発表している米Calvert社は、同社のサステナビリティ調査部門がCalvert Social Index®の選定銘柄から米Aaron's社を外す勧告が提出されたと発表した。今回の提言が承認された場合、6月に行われるCalvert Social Index®委員会4半期定例会議の開催をもって、Aaron'sの登録抹消が実行される。 Calvert Social Index®はSRI分野で代表的なインデックスのひとつ。Calvertのサステナビリティ調査部門によって行われる調査では、ガバナンス、企業倫理、環境、職場環境、製品の安全性やインパクト、地域社会との繋がり、インターナショナルなオペレーションや人権に至るまで、幅広い領域が分析される。構成する銘柄は、アメリカに拠点を置く株式時価総額上位1000社の中で、サステナビリティに関する基準を全て満たす銘柄のみ。今回勧告の対象となったAaron's社は、家具や設備等のリースを手がけるニューヨーク証券取引所上場企業で、報告によると、同社はCalvert Social Index®が提唱するガバナンスや企業倫理に関し、要求水準を満たしていないことが判明したという。 ESG投資が広まる中、SRIインデックスから外される意味は大きい。年金などの機関投資家は、ESG基準の低い企業をポートフォリオに持つことを忌避する傾向が欧米では非常に強い。Aaron'sは実質的に投資家サイドから改善を迫られることになりそうだ。 【関連サイト】The Calvert Social Index® 【企業サイト】Calvert

» 続きを読む
ページ上部へ戻る