【東京・研修】環境省「企業向け環境経営力研修 – 価値創造の環境経営実践講座」受講者募集

Facebook Twitter Google+

環境省とEcoLeaDは、企業において環境経営の実践により新たな価値を創出し、経済社会のグリーン化をリードする人材の育成を目指して、各分野の第一人者を講師として迎えた最先端の研修を開催いたします。研修は、「経営者層」及び「管理職」を対象とした2講座がございます。 「攻めの環境経営」で新たな価値創造を目指す企業はぜひご参加ください! 募集概要 講座1「経営者層向け」環境経営力研修「価値創造の環境経営実践講座」】 日時:平成27年3月13日(金)?3月14日(土) ※1泊2日合宿研修 場所:大磯プリンスホテル(神奈川・大磯) 対象:経営者及び執行役員 定員:30名 受講料:無料 ※宿泊費、交通費は実費負担 締切:平成27年2月20日(金)※応募多数の場合抽選、早期締切り有り 詳細:http://www.eco-lead.jp/archives/news_eco/lecture2014_ex/ ▼ プログラム予定(PDF): ┗ http://www.eco-lead.jp/pdf/lecture2014/2014_executive.pdf 講座2「管理職向け」環境経営力研修「価値創造の環境経営実践講座」 日時:『第1回開催』 -1日目: 平成27年1月22日(木)13:00?19:30 -2日目: 平成27年1月29日(木)13:00?19:30 『第2回開催』 -1日目: 平成27年2月12日(木)13:00?19:30 -2日目: 平成27年2月19日(木)13:00?19:30 ※2つの開催日程からお選びいただけます。 場所:TKP渋谷カンファレンスセンター(東京・渋谷) 対象:企業の管理職 定員:各回30名(各回1社1名様まで) 受講料:無料 締切:『第1回開催』平成27年1月8日(木) 『第2回開催』平成27年1月29日(木) ※応募多数の場合抽選、早期締切り有り 詳細:http://www.eco-lead.jp/archives/news_eco/lecture2014/ ▼プロググラム予定(PDF): ┗ http://www.eco-lead.jp/pdf/lecture2014/2014_manager.pdf

» 続きを読む
2014/12/18 行動する

【7/9 東京】第2回東洋経済CSRセミナー「なぜCSRに取り組むのか?」が開催!

Facebook Twitter Google+

今年の4月に開催され、大盛況のうちに終わった第1回東洋経済CSRセミナーの第2回目の詳細がいよいよ決定しました。今回のテーマは「なぜCSRに取り組むのか?」。当日はソーシャル・デザイナーのピーター D.ピーダーセン氏をゲストに迎え「競争戦略としてのCSR」というテーマで講演を行った後、同氏も交えてCSR関係者らによるパネルディスカッションが行われる予定です。 CSRと企業の競争戦略の関係について興味をお持ちの方、CSRをどのように経営戦略に統合していけばよいか知りたい方、企業がCSRに取り組む意義について社内を説得する材料を得たい方などはぜひ奮ってご参加ください。 第1回セミナー(前回)の様子はこちら セミナー概要 テーマ:「なぜCSRに取り組むのか?」 日時:2014年7月9日(水) 14:00?17:00(受付開始13:30) 会場:社団法人経済倶楽部ホール(東洋経済ビル9階) 東京都中央区日本橋本石町1-2-1  アクセス (最寄駅:地下鉄半蔵門線「三越前駅」B3出口から徒歩0分など) 参加費:4000円(税込) ※先着お申し込み割引など有 対象:CSRにご興味のある方。特に現在知っているまたは行っているCSRをもう一段階レベルアップして深く知りたいという方におすすめです。 定員:100名 主催:東洋経済新報社CSRプロジェクトチーム(担当:岸本) 協力:日本橋CSR研究会、Sustainable Japan(運営:ニューラル) 締め切り:7月7日(定員になり次第終了します) 内容:Peatix(外部サイト)をご覧ください。 お問い合わせ先:csr-seminar@toyokeizai.co.jp 予定プログラム ご挨拶 講演(14:05?15:20) テーマ:「競争戦略としてのCSR」 講演者:ピーター D.ピーダーセン氏(ソーシャル・デザイナー) 主な内容 問われる企業の役割:第三のステージへ CSRとは何か:社会的背景と定義 進化する「市場の制約条件」 CSRは競争力の源泉となりうるか 競争戦略としてのCSR:実践へのアプローチ 先進事例 戦略的社会貢献と環境イノベーション まとめ ネットワーク・コーヒータイム(15:20?15:45) パネルディスカッション(15:45?17:00) 「どこをゴールにCSR活動を行うのか?」 パネリスト:ピーター D.ピーダーセン氏(ソーシャル・デザイナー) 他 モデレーター:岸本 吉浩(東洋経済新報社『CSR企業総覧』編集長) ※東洋経済CSRデータを使った集計表(未発表分も含む)を配布する予定です 閉会のご挨拶 参加お申込み 参加お申し込みは下記よりどうぞ。 Peatix(外部サイト)からお申し込みください。 【詳細】東洋経済CSRセミナー

» 続きを読む

【6/4 シンガポール】CSRアジアがコミュニティ投資フォーラムを開催

Facebook Twitter Google+

CSRアジアでは、6月4日(水)、シンガポールにてコミュニティ投資フォーラムを開催します。 昨年に続き、今年のコミュニティ投資フォーラムでも、「企業とコミュニティのパートナーシップ構築」に焦点をあて、パートナーシップにおけるインパクト・アセスメントの重要性や今後の展望、また事例や成功例についてお話します。 戦略的コミュニティ投資の分野で過去10年以上に渡り豊富なプロジェクト実施経験のあるCSRアジアが、皆さまの実務に役立つ情報を提供いたします。戦略的コミュニティ投資をすでに実施されている方、実施方法を検討されている方、これから始められる方など他社の事例を聞き、他の実務者との意見交換ができるチャンスです。どうぞご参加ください。 また、コミュニティ投資フォーラムの後、6月5日(木)、6日(金)の二日間にわたり、効果的なパートナーシップを構築するためのスキルが学べる研修も実施します。(使用言語は英語) 詳細、お申し込みはこちら(英語)から。 【企業サイト】CSRアジア

» 続きを読む
2014/05/09 行動する

【4/16 東京】第1回東洋経済CSRセミナー「企業の社会貢献について考えよう」が開催!

Facebook Twitter Google+

東洋経済新報社は、CSRの各テーマを参加者と共に考えていく「東洋経済CSRセミナー」を定期的に開催することにいたしました。4月16日に行う第1回セミナーでは「企業の社会貢献について考えよう」と題し、曲がり角を迎えている「企業の社会貢献」について皆様と一緒に考えたいと思います。講演はCSRアジア日本代表の赤羽真紀子さん。その後、パネルディスカッションも行います。皆様のご参加を心よりお待ちしております。 セミナー概要 テーマ:企業の社会貢献について考えよう 日時:2014年4月16日(水) 14:00?16:50(受付開始13:30) 会場:社団法人経済倶楽部ホール(東洋経済ビル9階) 東京都中央区日本橋本石町1-2-1  アクセス (最寄駅:地下鉄半蔵門線「三越前駅」B3出口から徒歩0分など) 参加費:3000円 対象:CSRにご興味のある方。 定員:100名 主催:東洋経済新報社CSRプロジェクトチーム(担当:岸本) 協力:CSRアジア、日本橋CSR研究会 締め切り:4月15日(定員になり次第終了します) 内容:Peatix(外部サイト)をご覧ください。 お問い合わせ先:csr-seminar@toyokeizai.co.jp 予定プログラム: 開会のご挨拶 講演(14:05?15:35) テーマ:「企業の社会貢献活動は社会的責任なのか?」 講演者:CSRアジア日本代表・赤羽 真紀子氏 休憩(15:35?15:45) パネルディスカッション(15:45?16:45) テーマ:「社会貢献をCSRとしてどう位置づける」 パネリスト: 赤羽 真紀子氏(CSRアジア日本代表) 安藤 光展氏(CSRコンサルタント) 狩野 明香理氏(グリー株式会社広報室 CSR担当) モデレーター:岸本 吉浩(東洋経済新報社『CSR企業総覧』編集長) 閉会のご挨拶 参加お申込み 参加お申し込みは下記よりどうぞ。 Peatix(外部サイト)からお申し込みください。

» 続きを読む
2014/03/31 行動する

【4/8】CSRアジアがオンライン研修「コミュニティ投資の戦略立案と効果測定」を開催!

Facebook Twitter Google+

CSRアジアでは、2014年4月8日(火)日本時間11時から13時まで、オンラインによる研修「コミュニティ投資の戦略立案と効果測定」を実施いたします。 この研修では、CSRアジアが独自に開発したコミュニティ投資スコアカードの過去の使用例の紹介、国際的な水準に基づく効果の測定について、また、事業地のニーズにあったコミュニティ投資の特定、社員ボランティアの役割など、ケーススタディを用いながらご説明します。 講師は、豊富なコミュニティ投資のアドバイス経験をもつ、CSRアジアのシニア・マネージャーのメーベル・ウォンが担当します。 詳細・お申込みはこちら(英語)まで なお、研修は英語となります。 【企業サイト】CSRアジア 【詳細ページ】オンライン研修「コミュニティ投資の戦略立案と効果測定」

» 続きを読む
2014/03/31 行動する

【3/13.14 東京・資格講習】英国IEMA認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習を開催!

Facebook Twitter Google+

Sustainable Japanの特典:当サイト経由の申込みなら講習費用が15%割引! 世界の情勢の変化は著しく、CSR の分野でもグローバルな大きな流れが起きています。国際規格であるISO26000 の発行、統合報告書への流れ、国連ビジネスと人権に関する指導原則に則った取組の強化、紛争鉱物を含むサプライチェーンに関わる問題、欧州CSR 戦略等、海外では企業を取り巻く状況が変化し、企業はその対応に迫られています。 今回ご紹介するCSR 資格講習は、ロンドン在住CSR コンサルタントが講師として、グローバルなCSR の流れを踏まえ、CSR のトレンドやCSR を戦略的に実施する方法などを体系的に学べるようにお手伝いいたします。また、本資格講習は、英国のIEMA(The Institute of Environmental Management and Assessment)の公認資格で、世界で通用するCSR 資格です。2008 年より、世界の主要都市(シカゴ、ワシントンDC、ニューヨーク、サンフランシスコ、アトランタ、トロント、ブリュッセル、ドバイ、アブダビ、アテネ、クアラルンプール、東京、大阪)で開催され、現在、5 大陸28 か国約550 人が資格保持者となっています。 世界のCSR のトレンドを踏まえ、CSR の戦略的な実施を考えている企業の環境/CSR 担当者、CSRの包括的な知識の必要性を感じている方など、是非このCSR 資格講習を御検討ください。 講習概要 タイトル:英国IEMA認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習 開催日時:2014 年3 月13 日(木)・14 日(金)両日とも9:00?17:00 (2014 年は2 回の開催を予定しており、次々回は2014 年10 月となります。) 開催場所:東京都港区(詳細は別途講習参加者に連絡いたします) 定員:15 名 (定員になり次第締め切りいたします。) 主催:サステイナビジョン社 (Sustainavision Ltd:http://www.sustainavisionltd.com/ ) 英国カンパニーズハウス、イングランド&ウエールズ登録 Company No. 7477687 在英日本商工会議所会員企業 講師:下田屋毅氏(ロンドン在住CSRコンサルタント、サステイナビジョン代表取締役) ゲスト:ニコス・アブロナス氏(CSE代表取締役) 講習について 講習前と講習後に課題があります。 講習後の課題の合格をもって、英国IEMA 認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格が付与されます。 講義はすべて日本語で実施されます。講師やゲストスピーカーが英語で講義をする場合には、通訳が付きます。 講習の構成 内容は、レクチャーとグループワークがバランスよく織り交ぜられた集中プログラムです。講師と受講者の双方向でのやり取りで進められ、より効果的に学習することができます。 サステナビリティ(CSR)とビジネス事例 CSR と温室効果ガスに関する現在の世界・地域の法律 ステークホルダーエンゲージメントとサプライチェーンの重要性 グリーンマーケティングとコーズリレーテッドマーケティング サステナビリティ(CSR)戦略と関連する世界基準&ガイドライン (国連グローバル・コンパクト、ISO26000、GRI、CDP) カーボンフットプリントの戦略とライフサイクルアセスメント GRI ガイドラインに基づいたサステナビリティ(CSR)報告・分類 サステナビリティ(CSR)プラクティショナーの役割と今後の動向 対象者 企業代表者、CSR・環境担当部門長 CSR・環境マネジメント担当部門 人材開発担当部門 マーケティング担当部門 PR・広報宣伝・IR 担当部門 コミュニケーション担当部門 海外事務所・工場・支店においてCSRを今後活発に展開することを計画しているCSR担当部門・担当者 CSR を本格的に導入しようとしている企業のCSR 担当者 CSR の包括的な知識の必要性を感じている方 詳細・お申し込み Sustainable Japan経由からのお申し込みであれば講習費用が15%OFFとなります!下記サイトからお申込みをいただく際に「紹介割引」を選択し、クーポン名の記載欄に「neural01」または「株式会社ニューラル」とご記入ください。講習費用の15%OFFが適用されます。 サステナビジョン社:http://www.sustainavisionltd.com/training/ 講習の詳細はこちら(PDF形式) 資格講習の申込みはこちら

» 続きを読む
2014/03/02 行動する
ページ上部へ戻る