【アメリカ】自然から生まれるイノベーション、2030年までに4250億米ドル規模に

Facebook Twitter Google+

 今、米国ではサステナビリティイノベーションの切り札として「バイオミミクリ(生体模倣技術)」という概念が注目を集めている。「バイオミミクリ」とは2002年に米国の研究、Janine Benyus氏が提唱した概念で、自然界や生物が持つ仕組みからデザインや機能のインスピレーションを得て技術開発を行い、社会課題解決や環境負荷の低減を実現しようとする考え方のことを指す。  自然界に既に存在している優れた機能や形状を製品開発やイノベーションに活 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る