【イギリス】サステナビリティ目標の達成に向けてユニリーバが導入した新たな仕組みとは?

Facebook Twitter Google+

ユニリーバのパーソナルケア部門で副社長を務めるGina Bosworth氏が"WWD BEAUTY SUMMIT 2013"で自社の新たなサステナビリティ戦略について講演した。今回はその一部をご紹介する。ユニリーバでは現在「USLP(ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン)」というサステナビリティ目標を掲げているが、その柱となっているのがGina氏も言及している下記3つの目標だ。製品のライフサイクル全体に渡り温室効果ガスの負荷を半減させる世界中にいる10億人以上の人々の健康状態と生活水準を改善する2020年までに原材料となる農産物について100%持続可能な調達を実現するGina氏によれば、ユニリーバはこれらの目標を達成するために新しい仕組みを導入したとのことだ。具体的には、社内において環境パフォーマンス指標と経済パフォーマンス指標を切り離し、両者のトレードオフが起こらないようにしたと言う。この新たな仕組みにおける一番大事なポイントは、ブランド責任者が売上など他の優先順位が高い指標から解放され、サステナビリティ目標の達成に向けて常にベストな意志決定ができるようになったことだと言う。これはサステナビリティ戦略を社内で推進していく上では確かに重要な要素だ。「何を評価するか」を変えることで、従業員の行動も変わるからだ。ユニリーバのような消費財メーカーのブランド責任者は、常に競合との厳しいマーケティング競争にさらされており、売上向上とサステナビリティ推進の間にコンフリクトが生じることも少なくない。経済指標と環境指標を切り離してまでUSLPで掲げた目標の達成にこだわるユニリーバからは、サステナビリティ戦略をビジネスの中心に据えるという強い意志と実行力の高さが感じられる。【企業サイト】UNILEVER(日本語) 【CSRページ】Unilever Sustainable Living Plan(日本語) 【イベント主催】WWD(Women’s Wear Daily)

» 続きを読む
2014/01/23 最新ニュース

【アメリカ】P&G、第15回サスティナビリティレポートを発表

Facebook Twitter Google+

洗剤・コスメティックメーカーのP&Gが、第15回サスティナビリティレポートを発表した。本年度報告書はP&Gのこれまでの世界中の人々がより良い生活を送るために行ってきたサスティナビリティーへの取り組みの結果と2020年度までに達成するべき社会に対する貢献の公約が記載されている。エネルギーコストの削減を主としたレポートの要旨は以下の通り。資源消費の抑制、環境へのダメージの削減 水消費量、二酸化炭素排出量を削減。廃棄物を再利用、新エネルギーとして利活用 廃材をリサイクルして活用することにより、無駄を削減。社会組織への投資・運動の活発化 人々の生活を向上させるためのサポートを積極的に行った。今回のレポートを受け、サスティナビリティ副部門長であるレン・ソーサーズは、サステナビリティ向上までの具体的な数値目標を設定することで、社会や環境に対して良い影響を与えていくだけでなく、我々自身の売上や利益を拡大していくための良いアイデアをたくさん生むことにもつながっている、と述べている。さらに、同氏は、同社のサステナビリティ施策が数多くのパートナー企業とともに実行されていることも強調した。ソーサーズ氏のコメントから、P&Gがパートナーとともに大きな目標に取り組んでいる姿が見て取れる。「サステナビリティ」と「企業利益」のどちらを優先するのか、というような禅問答は、P&Gにとっては無縁のようだ。【企業サイト】P&G

» 続きを読む
2013/12/11 最新ニュース

【アメリカ】発展途上国に安心して飲めるきれいな水を送り届けるためのチャリティー活動

Facebook Twitter Google+

水のフィルターメーカーSomaは、NPO法人Waterと共同で初のコラボレーションチャリティーを開催する。Waterは発展途上国に住む人々に安心して飲めるきれいな水を送り届けることをミッションとした団体。2006年以降、8000以上のプロジェクトを運用し、320万人を超える発展途上国の人々にきれいな水を提供してきた。今回のチャリティーでは、Somaにより、評判の高い独特なデザインの水差しと水を濾過するフィルターが数量限定で提供される。フィルターは、ココナッツの殻など生物分解性を持った素材で作られ、ゴミにならない。また、水差しが一つ売れるごとに、売上の25%にあたる12.5ドルをWaterに寄付すると宣言している。寄付・フィランソロピー?日本において、水道の水が飲めるという発想は当たり前だが、世界中では十分に水分を補給することもできない数多くの人々が存在しているのも事実だ。健康志向の高まる中、先進国でもフィルターを通したきれいな水を飲んで、発展途上国の人も安心して飲める水を手に入れる。まさに、WIN-WINのチャリティーといえる。【チャリティーサイト】charitywater.drinksoma

» 続きを読む
2013/12/06 最新ニュース

【イギリス】ユニリーバ、RSPO認証のヤシの実由来パーム油のみを使用すると発表

Facebook Twitter Google+

イギリスの洗剤・ヘアケア・食品などの家庭用品メーカー・ユニリーバは、2014年末まで、業務においてRSPO(持続可能なヤシ油円卓会議)の認証を受けたヤシの実で生産されたパーム油のみを使用すると発表した。同社は、パーム油を年間で150万トン消費し、世界の製品生産に用いられるパーム油の3%に相当するという。ユニリーバは、RSPOの創設時からのメンバーであり、森林破壊を防ぐために様々な取り組みを行っている会社だ。WWFの市場変化協議会長Richard Hollandは、今回のユニリーバの発表を受けて、「ユニリーバは今回だけでなく、RSPOが2004年に創設されて以来、大いに力を尽くしてくれている。私たちは、他企業がユニリーバを見習い、認証されたヤシの実をすすんで購入する環境を作っていかなければならない。」と語っている。RSPO認証を取得するためには、RSPOが定めている環境・社会に関する8つの原則、37の基準をクリアしなければならない。RSPOのホームページによると、認証農園は、インドネシア(44.3%)と、マレーシア(47.3%)に集中している。これは世界のアブラヤシ農園の85%がこの2カ国に集中しているためだ。近年ではブラジル、パプアニューギニア等にも認証農園が徐々に広がっている。【企業サイト】Unilever

» 続きを読む
2013/11/29 最新ニュース

【フランス】化粧品のグローバル大手L’Oréalが2020年へ向けたサステナビリティへの決意表明

Facebook Twitter Google+

フランスに本社を持つ化粧品のグローバル大手L'Oréalは、2020年までに行うサステナビリティ(持続可能性)への取り組みに関する新たな決意を発表した。 同社が掲げたスローガンは、「すべての人との美の共有」。このスローガンはさらに4つの具体策から構成される。 第1番目に2020年までに全製品を環境と社会的利益のあるものにするという。これにより製品パッケージなどもすべてエコフレンドリーな仕様となる。 第2番目には全工場などにおけるCO2の排出や、産業廃棄物を60%に削減することなどを宣言している。 第3番目として、製品に付属する解説書などに持続可能性を考えた生活提案を盛り込み、消費者へも啓蒙活動を行うとしている。 第4番目として、世界中の従業員に対し、環境問題や持続可能性に対する教育活動を徹底させるとしている。 こうした取り組みへ向け同社では、世界中から環境問題や持続可能性に関する専門家や有識者を集め、アドバイスを仰ぐという。 今回発表したL'Oréalのサステナビリティ発表の醍醐味は、化粧品業界に纏わるセンシティブなテーマにあえて触れている点だ。発表ページの中で、L'Oréalの上級副社長は、動物実験、内分泌かく乱物質という微妙な問題について堂々と状況を説明している。サステナビリティの中で、社会や環境に対しての企業の関心を言葉にするとき、企業側が伝えたいこと以上に、聞き手が気になっていることに対して正面から向き合うことは難しいけど大事なことだ。また、聞き手には、最終消費者だけでなく、最終消費者に情報を発信している中間のジャーナリストやブロガーがいる。こういう人たちが何を意識しているかを察知し、発信をしていくことが信頼を得る大きな要素となるだろう。 【企業サイト】L'Oréal

» 続きを読む
2013/11/01 最新ニュース

【アメリカ】家庭用製品の大手SC Johnsonが環境対策年次レポート2013を発表

Facebook Twitter Google+

アメリカの家庭用製品製造販売の大手SC Johnsonは、一般に向けたサステナビリティ(持続可能性)に関する今年の環境対策年次レポートを発表した。 本レポートは、2016年をゴール目標にした環境問題への取り組みについての進行状況を報告しているもの。同社が現在取り組んでいるのは、再生可能エネルギーの積極利用、温暖化ガスの使用削減、埋め立て地廃棄の極小化、少しの資源と最低限の包装に留めた画期的な製品づくりなどである。同社は現在、グローバル規模に展開する支社も合わせて産業廃棄物を62%縮小しており、再生可能エネルギーの使用率は30%増加させているとしている。 同社の環境に配慮したサステナビリティ(持続可能性)に向けた取り組みは、すべての部署が共通して行っており、製品製造のすべての工程においても前向きな影響を与えているという。こうした環境に配慮した持続可能性への取り組みを積極的に行うことで、企業、サプライチェーン、そして消費者が一丸となって、緑化への道を選択できるようにしたいというのが同社の意向だ。 【企業サイト】SC Johnson

» 続きを読む
2013/11/01 最新ニュース
ページ上部へ戻る