【アメリカ】サンフランシスコ市、新築中層ビルへの太陽光パネル設置を義務化

Facebook Twitter Google+

 サンフランシスコ市監理委員会は4月19日、今後新たに建設される10階建て以下の全建物の屋根に、太陽光発電パネルまたは太陽熱システムパネルの設置を義務付ける法律を全会一致で可決した。この法律は2017年1月より施行される。サンフランシスコ市は2020年までに再生可能な資源から電気を100%供給することを目標としており、今回の法律はそのひとつの具体策となる。  サンフランシスコ市政府は、全米の中でも稀な市と郡の権能を兼ねる「市郡(Cit [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る