【国際】気候変動に脆弱な途上国で構成のCVF、再生可能エネルギー100%目標を共同表明

Facebook Twitter Google+

 気候変動から受ける影響の大きい43ヶ国で構成する気候脆弱性フォーラム(CVF)は11月18日、構成国の自国でエネルギー量に占める再生可能エネルギー割合を100%にしていく共同声明「マラケシュ・コミュニケ」を発表した。CVFは2009年のCOP15コペンハーゲン会議で、インド洋島嶼国のモルジブが立ち上げたを表明し、バングラデシュ、ブータン、ネパール、ベトナム、ガーナ、ケニア、タンザニア、ルワンダ、キリバス、バルバドスを含めた11ヶ国が [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る