【ノルウェー】スタトイル、気候変動ロードマップ発表。CO2排出量をさらに削減

Facebook Twitter Google+

 ノルウェー原油大手スタトイルは3月9日、気候変動対応戦略をまとめた「気候変動ロードマップ」を発表し、二酸化炭素排出量を2030年までに1バレル当たり10kgから8kgに20%削減する目標を掲げた。同社の生産当たりの二酸化炭素排出量は業界水準でもすでに低いレベルだが、さらに高い自主目標を設定した。さらに再生可能エネルギー分野への投資も加速させる。 スタトイルの気候変動ロードマップ 温室効果ガス排出量の削減 2030年までに同社の二酸化 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る