【中国】国家林業局、2035年までの大規模森林育成計画発表。2018年だけでアイルランドの面積分

Facebook Twitter Google+

 中国国務院国家林業局は1月10日、2035年までの大規模森林育成計画を発表した。国土の森林カバー率を現在の21.66%から、2020までに23.04%に、2035年までに26%に上げる。実現すると世界最大規模の植林となる。国家林業局は、国務院の各部から独立した国務院直属機関。  中国では過去数十年、社会発展に伴い、国土の森林カバー率が減少してきている。中国政府は国土保全、生態系保護、気候変動緩和のため、2016年から2020年までの第13次5カ年計画の中でも森林カバー率を2020年までに23.04%にすることを掲げていた。今回はさらに2035年までの大規模森林育成計画を国家林業局として掲げた。 【参考】【戦略】中国の「第13次5カ年計画(2016〜2020年)」、設定された社会・環境の定量目標(2016年3月23日)  2018年は、660万ha規模(アイルランドの面積と同等)で、人工植林5,000万本、林木育成1.2億本を目標とする。主な植林地域は、河北省北西部、青海省のチベット台地、内モンゴル自治区のHunshandake砂漠。 【参照ページ】我国将启动大规模国土绿化行动

» 続きを読む

【イギリス】森林委員会、イングランド北東部の原野で近年最大規模の植林計画承認

Facebook Twitter Google+

 英行政機関の森林委員会は11月30日、イングランド北東部ノーサンバーランド州ドッディントン北部原野の350ha(東京ディズニーランド約5倍)に、政府の資金提供により今後2年間で60万本以上の植林を行う計画を承認した。同プロジェクトを提案したのはAndy Howard氏率いる民間団体。植林規模は過去30年間で英国最大。植林後はプロジェクト起案者らの私有地となる。  サッカー場650面以上に相当するこの森林は、激減が危惧されている在来種、赤リスの個体数を増やし、12万t以上の炭素を貯留。地域の洪水リスクを低減する役割も期待されている。さらに地場産業である林業と木材加工産業を活性化し、雇用創出効果も見込まれている。同地域では先日、湖水地方ローザー・パーク・エステートにある土地170haに20万本以上の植林を行うプロジェクトも承認。双方が並行して展開されることになる。  植林は2018年3月に開始。2年から3年をかけ段階的に展開していく。ドッディントンは、政府の森林創生計画助成金の支援を受け、過去2年間開発を進めてきた。同プロジェクトには、森林炭素基金(Woodland Carbon Fund0や田園スチュワードシップ森林創生助成金(Countryside Stewardship Woodland Creation Grant)等他の基金からも資金拠出される見込み。森林炭素基金は、10ha以上の大規模森林プロジェクトに対し1,900万ポンドを助成。一方、田園スチュワードシップ森林創生助成金は、植林1haにつき最大6,800ポンド申請できる。  与党保守党は2020年までに全国で1,100万本の植林を目指している。 【参照ページ】England's largest woodland planting scheme gets green light

» 続きを読む

【中国】シーゲイト、政府系環境基金と連携し緑化活動をスタート

Facebook Twitter Google+

 ストレージ分野で業界をリードしているシーゲイトテクノロジー社は4月2日、国務院林業局と連携し、中国緑化基金会とともに「シーゲイト山海関生態教育援助演習林」プロジェクトを始めた。40エーカーの桜を植え 収益を教育援助に使う。目下のところ中国政府は、国内の環境保護に全力を挙げており、シーゲイト社のように政府の達成目標を企業側も自発的にサポートする動きが最近増えている。  「シーゲイト山海関生態教育援助演習林」プロジェクトの趣旨は市民、企業と社会全体の生態系維持に関する関心を喚起し、生態システムと地球環境の保護を強化、さらに行動ととして植林面積を広げ、自然生態システムの好循環を創り出していこうということにある。山海関は600年以上の歴史を持ち、秦皇島市の文化名城としても名高い。この町がさらに美しく、知名度を上げられるように、山海関は以前から緑化を重視してきた。プロジェクトは河北省山海関地域で40エーカーの桜の森を植えることに通じて、地元の生態環境を改善し、植林した桜の木から収穫できるさくらんぼの収益で小学校教育に対して資金援助を施す。この新しいプロジェクトは緑化環境保護と教育援助を結びつけることによって、創造的な企業社会責任活動を作り上げていくという。  中国緑化基金会の企業協力部部長、陳美娜氏は「去年、中国緑化基金会とシーゲイト社は『シーゲイト内モンゴルアラシャ生態モデル林』プロジェクトを行い、アラシャ地域の砂漠化改善と生態バランス保護に貢献した。2015年再びシーゲイトと連携して、「シーゲイト山海関生態教育援助演習林」プロジェクトを手掛け、環境保護と教育援助の使命を履行できるのは大変喜ばしいことである」と語った。  シーゲイトは生態保護と教育支持を企業社会責任の大切な構成要素として扱っている。「シーゲイトは多くの時間と資金を投入し業界で最もグリーンな製品を開発している」とシーゲイト社のグローバル副社長兼中国地域社長の孫丹氏は語る。今回の取組はストレージ技術というシーゲイト社の事業資源を十分に活用したものとは言えないが、中国国内で事業をする上で、マクロな政策目標とリンクさせる活動を自ら見出そうとする事例と言えよう。 【企業サイト】シーゲイトテクノロジー

» 続きを読む
ページ上部へ戻る