【国際】オックスファム2018年版報告書、昨年82%の富が上位1%の富裕層に集中

Facebook Twitter Google+

 国際NGOオックスファムは1月22日、世界中の格差に関する2018年版報告書「Reward Work, Not Wealth」を発表した。2017年に創造された富のうち82%が世界で富裕層上位1%に集中し、貧困層37億人の富は1%未満しかなかった。オックスファムは昨年の報告書で、世界で最も裕福な8人が、世界の貧困層36億人に匹敵する資産を所有していると発表していた。  同レポートは、金融世界大手クレディ・スイスが毎年家計の所得分配を [...]

» 続きを読む

【イギリス】CEO平均報酬は17%減少したが、正規雇用者との格差は129倍。CIPD調査

Facebook Twitter Google+

 英国人材開発協会(CIPD)と英シンクタンクHigh Pay Centreは8月3日、FTSE100企業のCEO報酬に関する分析レポート「Review of FTSE 100 executive pay packages」の2017年版を発表した。両者は毎年このレポートを発表している。同レポートによると、FTSE100の平均CEO報酬は450万ポンド(約6.4億円)で、2015年の540万ポンドより17%減少した。一方、英国正規雇用 [...]

» 続きを読む

【国際】2014年の世界におけるサステナビリティを象徴する10の出来事

Facebook Twitter Google+

ユニリーバやヒューレット・パッカード、PwCなど世界の名だたる企業のサステナビリティ担当顧問・アドバイザーを務め、環境経営戦略に関するベストセラー“Green to Gold”の共著者としても知られるAndrew Winston氏が、2014年のサステナビリティ業界を振り返って特に象徴的だった10の出来事をHarvard Business Reviewに寄稿している。 2014年はサステナビリティの世界でも本当に多くのニュースが飛び交 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る