【中国】環境汚染を衛星探査で摘発、違反企業は罰金・資産差し押さえ

Facebook Twitter Google+

 今年3月、甘粛省の食品メーカー大手の武威栄華工貿株式会社が、テンゲル砂漠へ8万トンの汚水を排出し、266エーカーの土壌汚染をしたことで、刑事当局に摘発され、同社CEOは拘留、環境保護当局の責任者も停職および職務捜査の処分を受けた。栄華グループは、甘粛省武威市を拠点とする民間企業で、政府が推し進める農業産業化のリーディングカンパニーとして政府の循環経済テストに参加するほどの注目を集める企業だった。今回、環境汚染の摘発を受け、他の企業も [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る