【国際】持続可能な漁業への転換で、漁業市場は10年以内に年間510億米ドル拡大可能

Facebook Twitter Google+

 今、世界では約30億人が魚介類を主要な蛋白源としており、約2億6千万人の人々が漁業関連の仕事で生計を立てている。食料と仕事の確保だけでなく、漁業関連市場は世界のGDPに占める割合も大きいものの、乱獲の影響などにより漁業を取り巻く経済の将来の見通しは暗いという見方が大半だった。  しかし、将来像はそんなに悲惨でもないようだ。6月4日に米国のEnvironmental Defense Fund(環境保護基金、以下EDF)がカルフォルニア [...]

» 続きを読む

【アメリカ】持続可能な漁業へ。私たちの海で今起こっていること。

Facebook Twitter Google+

今回ご紹介するのは、今年の6月16、17日に米国国務省が主催した、持続可能な漁業のあり方を考える会議「Our Ocean Conference2014」のイントロダクション動画だ。現在の漁業がもたらしている悪影響や現在の危機的な状況、海洋資源の大切さを具体的な数字と共にとても分かりやすくまとめてくれている。 動画の冒頭で「我々は海洋資源をあまりにも過剰に搾取しすぎてきた。限度があること、そして後戻りできないことを忘れている」と警告する [...]

» 続きを読む
2014/08/07 最新ニュース

【カナダ】マクドナルド・カナダ、フィレオフィッシュに使用する魚を100%MSC認証へ

Facebook Twitter Google+

マクドナルド・カナダは6月17日、今後同社で販売するフィレオフィッシュに使用する魚の100%をMarine Stewardship Council(マリン・スチュワード・シップ:海洋管理協議会、以下MSC)の認証を受けたものにすると発表した。 MSCは、持続可能な漁業の推進を目的として1997年に設立された国際非営利団体で、独立した第三者機関による審査を行い、基準を満たした会社や団体に認証とエコラベルを与える活動を行っている。この度、 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る