【イギリス】ミレニアル世代でESG投資関心高く、高齢層は非常に低い。バークレイズ調査

 金融世界大手英バークレイズは7月25日、40歳未満のミレニアル世代ではESG投資への関心が高いと発表した。一方で40歳以上の世代ではESG投資への関心が非常に低いこともわかった。  バークレイズは、2015年に英個人投資家2,000人、2017年に英個人投資家1,000人に [...]

【国際】「ESGインテグレーション投資の財務パフォーマンス高い」PRI報告書

 国連責任投資原則(PRI)は2月20日、ESG投資手法の一つ「ESGインテグレーション」の投資パフォーマンスに関する調査レポートを公表した。同レポートは、年金基金運用会社や投資コンサルタント向けにESGインテグレーションのメリットを説明する内容となっている [...]

【国際】RobecoSAMとGRI、投資家と企業のマテリアリティ目線が一致しているか調査

 国際的なサステナビリティ報告基準策定のGRIと、ESG投資格付機関大手のRobecoSAMは5月3日、企業と投資家のマテリアリティ目線が一致しているか否かを調べた報告書「Defining What Matters: Do companies and investors agree on what is material」を共同で発表 [...]

【金融】富国生命投資顧問社インタビュー「SRIファンドと投資先企業との新たな関係性」

財務情報とともに社会・環境などの非財務情報にも配慮するSRIファンド。特に、以前「世界と日本のSRI・ESG投資最前線」でも紹介した、統合型(Integration)と呼ばれるSRIファンドが世界全体で急成長しています。 日本市場ではSRIファンドはまだ大きくはありませ [...]

【世界】国連グローバル・コンパクトLEADとPRI、投資家と企業のためのサステナビリティ戦略を発表

企業がサステナビリティ戦略を実行するためには、最も重要なステークホルダーの一つである投資家からの理解や支援が必要不可欠だ。株主や市場が短期的利益の最大化を要求する限り、企業の意思決定もそれに従わざるを得ない。 このような投資家と企業の関係性を変 [...]

【国際】国際取引所連合、サステナビリティ報告の統一基準づくりを開始

サステナビリティレポートのフォーマット統一の動きが投資家サイドから始まってきた。世界各国の証券取引所が加盟する国際取引所連合(WFE)が2014年6月ワーキング・グループを立ち上げ、サステナビリティ関連情報の情報開示についての議論を開始した。それに呼応 [...]

【フランス】世界大手Enablonが仕掛けるサステナビリティ管理用ITツールの進化

CSR担当者向けITツールが海外で進化してきている。サスティナビリティ管理ソフトウェア世界大手の仏Enablonは、GRIからGRIガイドライン第4版(G4)の認証を取得し、さらに、サステナビリティレポート作成支援オンラインツールを運営するWiznessとの提携を発表した [...]

【アメリカ】米商務省と北欧機関投資家 インパクト投資に向けたスタディーツアーを実施

米商務省は、アメリカのインパクト投資分野のファンドマネージャーと北欧の機関投資家を結びつけるスタディーツアーを5/12~5/16に開催する。北欧の資金を拡大しつつあるアメリカのインパクト投資市場に呼びこむとともに、アメリカのソーシャルビジネス事業のノウ [...]

Links

ページ上部へ戻る